村田諒太 vs エマヌエーレ・ブランダムラ | 村田諒太が東京ドームでゲンナジー・ゴロフキンと統一戦


V1達成の先に豪華プランが用意された。ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ(4月15日、横浜アリーナ)の会見と調印式が12日に都内で行われ、初防衛戦に臨む王者村田諒太(32=帝拳)と同級6位エマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)が出席し、健闘を誓い合った。
席の中央に座ったのは世界的プロモーターで村田を担当するトップ・ランク社のボブ・アラムCEO(85)。世界王者となった昨年10月以来の来日となった超大物は、村田の今後について明瞭なビジョンを描いていた。
「次の試合は米国でさせる。相手はロンドン五輪銀メダルのファルカンだ。場所はラスベガスだね」
ロンドン五輪(オリンピック)の決勝で争ったエスキバ・ファルカン(ブラジル)とのマッチメークを断定調で明かした。同選手もトップ・ランク社に属しており、実現性は高そうだ。時期については試合を放送する米スポーツ専門局ESPNのスケジュールを鑑み、秋頃になる見込みだ。そして、計画はさらに先を見すえていた。
「この冬に東京ドームで試合をさせたい。プロモーター歴50年の私の夢の1つだね、東京ドームは。相手はゴロフキンだよ。交渉も何もまだしていないが、そうしたいね」
口にしたのはミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)。それも会場は5万人以上が入る東京ドーム。想像するだけで興奮するようなビッグファイトを掲げた。
もちろん、これはあくまで計画。まずは初防衛をクリアしてからの話になる。村田はこの日、プレッシャーを問われると「こういう質問をされるから感じるという感じで、普段から意識していない。どういう心境で上がれるのか楽しみも恐怖もある」とわずかに白い歯をのぞかせた。

アッサン・エンダム選手とのダイレクトリマッチから半年。
WBA世界ミドル級チャンピオンのベルトを掲げて再びリングに戻ってくる村田諒太選手。
熾烈なミドル級戦線で更なる高みを目指す村田諒太選手が欧州王者エマヌエーレ・ブランダムラ選手を相手に初防衛戦に挑みます。
日本人五輪金メダリストとして初の世界タイトル獲得という快挙を達成した村田諒太選手の初防衛戦に再び期待が高まります!

村田諒太選手 vs エマヌエーレ・ブランダムラ選手
Ryota Murata vs Emanuele Blandamura
2018年4月15日 日曜日
WBA世界ミドル級王座決定戦
王者:村田諒太(帝拳)vs同級10位:エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)
神奈川・横浜アリーナ
16:30開場/17:15イベント開始

■村田諒太選手
「前の試合から非常に忙しくさせて頂いていたので、ここまで決まったのがあっという間という気持ちです。この記者会見を機にボクシングだけにフォーカスして必ず良い試合を見せたいと思います。トレーニングは常にこなしてきましたし、僕はシェイプを崩すことは無いので、ただ新しいことと言うよりは今までやってきたこととか距離だったりとか、前回の試合の反省を生かしながら取り入れていることもありますし、その辺りは試合で見せられれば良いかなと思っています。
(ブランダムラ選手とは)さっきそこでもお会いしたんですけど俳優さんかなと思うくらい、見た目は勝てないなと思いましたけど(笑)雰囲気的にも良い人だなと思いましたし、良い試合にしたいですね。アマチュアの時からヨーロッパの選手というのが強いのは分かっていますし、技術的にも優れているのは分かっているので自分自身をしっかり仕上げて行きたいです。
やっぱり初防衛戦というのは難しいと言われますし、言われることには幾つか理由があると思っています。チャンピオンになって緩んでしまったりだとか、周りの扱いというのも変わりますのでハングリーさを失ってしまうことが原因だと思いますので、しっかり気持ちを入れ直して頑張りたいと思いますし、難しいとかちやほやされてどうとかいうことは変わることでは無いと思っているのでしっかり自分自身のボクシングを作り上げて行きたいですね。
今までずっとどんな形でも挑戦だ、挑戦だと思っていたのが、チャンピオンと呼ばれるってことは嬉しさとかにもなっています。その辺りも含めて防衛出来る選手なのかどうなのか、この先がある選手なのかどうなのかっていうところも判断されると思っているのでしっかり仕上げてしっかり勝ちたいと思っています」
-対戦のイメージは出来上がっていますか?
「まだイメージというのは掴んでいないんで、彼の試合は見ましたがこれから研究を進めて行きながら模索して行ければなと思っています」
-トップ・オブ・トップを目指して、ビッグファイトに繋がる試合にしたいという気持ちは?
「そういう言い方は止めて欲しいんですが(笑)、これが次に繋がるための試合とかいう言い方をされてしまうと本当に気持ちを作りにくいんで、しっかりこの試合だけを見て良い試合を見せて、その結果、次に繋がれば良いですけど、まずこの試合を勝たないと何も残らないのでこの試合に全てを捧げようと思っています」

-ブランダムラ選手に対して一言
「こうして記者会見にも来てくれて日本で試合することも受け入れてくれてありがとうございます、と。あまり言葉で何かを言うのも必要無いと思っているので試合までしっかりとコンディションを整えてリング上で全て出すつもりですので試合の日、また会えることを楽しみにしています」

-勝てば日本人選手としてミドル級初の防衛となるが?
「金メダルを獲ってから世界チャンピオンというのも史上初という質問とも似ていると思いますが、そういう記録とかはあとあとから着いてくるものであって、モチベーションがそこに有るわけじゃなくて、決めて頂いたありがたい試合なんで、それをこなしていく結果としてそうなれば良いということです」

■エマヌエーレ・ブランダムラ選手
「皆さん、はじめまして。こうした記者会見の場を作ってくれた関係者の皆様に厚く御礼申しあげます。私はボクシングを始めてこれまで20年ほど続けていますが、本当に特別な日だという想い。人生最大の日だと言っても過言ではないと思っています。私が今までボクシングに懸けてきた人生の結晶と言える世界タイトルマッチを発表出来ることを嬉しく感じています。
イタリアでボクシングを続けるということは希有な存在といえると思います。自分の才能だけでなく、日々自分を犠牲にしながら高みを目指して行く、自分の夢を叶えようとする、そういったことが出来る特別な存在だと私は思っています。
対戦相手の村田選手のことは大変リスペクトしています。この試合は私のキャリアにおいても忘れられない一戦になると確信しています。そしてこうして日本という国に初めて訪れたこと、東京に来たことも初めてです。ある種の感動を感じています。というのも日本という国が私にとって思い入れのある国であるからです、そういう国で戦えることをとても嬉しく思っています」
-具体的に日本にどのような思い入れがありますか?
「私は仏教に帰依しておりまして、創価学会の池田大作氏が日本人であること、ここに故郷があるということで、日本に思い入れがあるとお伝えさせて頂きました。」
-村田選手の印象は?
「村田選手はグレートなファイターだと思っています。何試合か映像を見ましたが技術も優れていますし、先ほども言いましたがボクサーとして尊敬しています」
-自分のボクシング・スタイルについて
「やはりテクニックに依ったスタイルだと思っています。よくカメレオンのような選手であると言われ、音楽を1曲掛けてくれればそれに合わせて踊ることが出来ると思います。それが私のスタイルだと思っています。やはりボクシングの試合というものは相対的なものであって、対戦相手がいて、それぞれ戦略があって数珠つなぎ的に戦術が繰り広げられていくというものだと思っているので、状況に合わせて戦って行きたいと思っています」
-どのような試合にしたいか?
「今まで築いてきた精神力というものを存分に発揮して試合として面白いものを披露したいと考えています。イタリアではボクシングは高貴なスポーツとして技・アートであるとも言われていますが、その名に恥じない試合、高貴な試合を見せられればと考えています」
-村田選手に対して一言
「ボクシング・スタイルは両者全く異なるとも思いますが、私にも村田選手にも”Good Luck”と」

■予備検診の主要結果は以下の通り。
身長
村田選手:183.0cm
ブランダムラ選手:178.0cm

胸囲
村田選手:98.5cm
ブランダムラ選手:99.0cm

首まわり
村田選手:41.0cm
ブランダムラ選手:39.0cm

視力
村田選手:左 1.5 右 1.0
ブランダムラ選手:左 1.5 右 2.0

リーチ
村田選手:184.0cm
ブランダムラ選手:179.0cm

脈拍
村田選手:60回/分
ブランダムラ選手:66回/分

体温
村田選手:36.8℃
ブランダムラ選手:37.1℃

村田諒太選手
「僕の方が大きいというのは感じていました。ブランダムラ選手の体格もスパーリング・パートナーと似ている印象を持ちました。減量も問題ありません。今日も軽めに代謝を上げるような練習して、明日も体重調整の意味合いで身体を動かすつもりです。エンダム2連戦よりプレッシャーの面で感じていませんが、全ては結果です。結果で色々と言われてしまうのは分かっていますから、最後の調整まで気を締めて行きます」

■KJインプレッション
村田選手の優位は揺るがない
イタリア出身の38歳、エマヌエーレ・ブランダムラ選手は、足を使って距離をつくりながら試合を組み立てるオーソドックススタイルのアウトボクサー。18歳からボクシングを始めてアマチュアでの戦績は30勝8敗6分。プロ転向は27歳と遅く、14年7月には現WBO世界ミドル級王者のビリー・ジョー・サンダース選手(英国)と欧州王座決定戦で対戦し8回TKOで敗れている。8ラウンドにはブランダムラ選手がインファイトを仕掛けてサンダース選手を消耗させたが、ラウンド終盤に大きな右フックが顎に入り、足にきたブランダムラ選手はサードロープに腰をかけたまま立てずにTKO負けを宣告されている。プロ戦績は27勝5KO2敗。
村田選手が敗れるイメージは浮かんでこないが、パンチを外すフットワークと、時折インサイドから繰り出すアッパーには注意しておくべきか。
むしろ、この試合では村田選手に「勝ち方」が求められる。KO勝利は必須。しかも、WBO王者のサンダース選手が8回TKO勝利している以上、村田選手にはより早いラウンドで、しかも内容でも圧倒しなければならない。「サンダースよりも村田の方が強い」という印象を与える勝ち方が必要になる。ゴロフキン、アルバレス、ジェイコブス、サンダースらが群雄割拠するミドル級頂上決戦へ名乗りを上げるための試金石としなければならない。

■世界的プロモーターが描く青写真
村田選手をプロモートするトップランク社の世界的プロモーター、ボブ・アラム氏が、村田選手の狙う標的を明らかにしている。
「彼らはいずれかのトップの実力者と対戦することになる。しかし、間違いなくムラタはゴロフキンとの対戦を希望しているよ」
ゴロフキンとは、村田選手がタイトルを持つWBA世界ミドル級の「スーパー王者」にしてWBA・IBF・WBCの3団体統一王者、米・リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位にランクされる現役最強ボクサー、ゲンナジー・ゴロフキン選手(35=カザフスタン)のことである。村田選手は「God of war(戦いの神)」と称される最強男との激突を切望しているという。アラム氏も同様にその対戦への青写真を描いているようだ。
「ムラタについての私の壮大な計画では、東京でもう1試合行う必要がある。これは間違いなく凄まじく大きな意味を持つ試合になるだろう。日本で戦い、夏にアメリカだ。それから秋に3戦目を行うということを考えている」
「東京でもう1試合」とは今回の初防衛戦を指している。「夏にアメリカ」とは7月14日に米・ラスベガスでWBA同級13位のエスキバ・ファルカン選手(28=ブラジル)と対戦するプランである。ファルカン選手は12年ロンドン五輪ボクシングミドル級決勝の対戦相手であり、6年越しの再戦が実現すれば大きな注目を集めるだろう。トップランク社のカール・モレッティ副社長は次のように語る。
「すべてがうまくいけば、我々が話し合っている彼らの次のファイトは7月にオリンピアンの激突となる。ムラタとファルカオの試合は国際的にも偉大な興味を惹くだろう。どちらの選手も自国内で知られているが、我々はここ(米・ラスベガス)でやりたい。なぜなら、我々はアメリカでムラタとファルカオの立場を確立させたいのだ」
ファルカオ選手もまたトップランク社の契約選手であり、この試合がトップランク社での序列を決するオーディションとなる。ロンドン五輪決勝の舞台で14-13の僅差判定勝ちを収めた宿敵との再戦をクリアすれば、いよいよビッグマッチに名乗りをあげることになる。
5月5日、ゲンナジー・ゴロフキン選手はスーパーウエルターとミドルの2階級で王座を獲得した実績を持ち、「エル・カネロ」の愛称で絶大な人気を誇るサウル・アルバレス選手(27=メキシコ)とのダイレクトリマッチに挑む。昨年9月の対戦は三者三様1-1のドロー防衛。しかし「ゴロフキンが勝っていた」との意見は強く、今回も下馬評は有利。勝てば通算20度目の王座防衛となる。この対戦で完全決着を付ければ、いよいよ村田選手とのWBA王者統一戦へ向けた交渉が始まることという。
切望する頂上決戦へ向かうために勝ち方が問われる注目のV1戦となる。

■村田諒太 | 王者の赤色まとわず挑戦の青
挑戦者魂消さず-。ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ(15日、横浜アリーナ)の予備検診が12日に都内で行われ、初防衛戦に臨む王者村田諒太(32=帝拳)が無事パスした。同級6位エマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)を迎えるが、衣装はチャンピオンカラーの赤ではなく、従来通りチャレンジャー色の青。守らず挑み、V1を果たす。
王者としての余計な自負はいらない。おごりもない。だから、村田は変わらない。「青のままですね。前回と同じですよ」。落ち着いたトーンだった。シューズ、トランクスも王座戴冠した昨年10月のタイトル戦のままの青色を使う。挑戦者コーナーの色のまま、王者の赤コーナーに陣取る。そこにこの試合への向き合い方が宿る。「ルーティンは変える必要ないですから」と事もなげに言った。
大好きな漫画「はじめの一歩」で世界王者がまとうガウンにあこがれたこともある。「格好いいですよね」というが、用意はしなかった。王者となって一番の「敵」にしてきたのは達成感、安心感、そして王者という肩書に「のまれること」だった。だからこそ、変えないことも意思表示。
ブランダムラと1月以来の再会となったが、「僕の方が大きいですね」と泰然とした。小学校に入学した長男晴道君の運動会が5月にあり、「格好いいパパのまま行きたいですね」と柔らかく笑った。守らず、挑み、格好良く。青き王者として戦い抜く。

■村田諒太「楽しみでもあり恐怖も」
ボクシングのダブル世界戦の調印式と記者会見が、13日に都内のホテルで行われた。
15日の横浜アリーナで、WBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)は、同級6位エマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)との初防衛戦となる。村田は王者ながらも黒の日本製、ブランダムラは赤のイタリア製グローブを選んだ。
村田はいつも通りに落ち着いた表情で「コンディションはすごくうまく作れた。ボクのスタイルは前に出てプレッシャーをかけ、嫌になるまで打つだけ。やることは分かっている。ベストを尽くす」と話した。初防衛戦は奪取よりも難しいと言われ、成功すれば同級では日本人初となる。「そういう質問をされると重圧を感じる。楽しみでもあり、恐怖もある」と正直な胸の内を明かした。
ブランダムラも「落ち着いている。タイトルの意味はあるが、全力を尽くして戦う。王者の村田が1曲かけてくれる。私の踊りをしたい」と独特の表現で抱負を口にした。

■村田諒太VSゴロフキンは実現する
夢の「ミドル級頂上決戦」に障壁? アラム氏が今後を明言「東京でもう1試合、米国は…」
ボクシングのWBA世界ミドル級で、悲願の王者に輝いた村田諒太(帝拳)。注目は今後のマッチメークに移っているが、契約するトップランク社の世界的プロモーター、ボブ・アラム氏は、村田が現在のボクシング界最強のWBA世界ミドル級スーパー王者、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦を熱望していることを明言。夢のカード実現のため、最強王者ゴロフキンがクリアしなければいけないハードルが存在するという。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。
かつて疑惑の判定で敗れたアッサン・エンダム(フランス)に対し、圧巻の強さでリベンジを果たした村田。最大の注目は今後のマッチメークだ。そんな中、大物プロモーターが村田の狙う標的を明らかにしたという。
「彼らはいずれかのトップの実力者と対戦することになる。しかし、間違いなく彼はゴロフキンとの対戦を希望しているよ」
記事では、村田が契約するアラム氏がこう明言している。37勝1分けでIBF、WBA、WBCの統一王者でもあるゴロフキンは、パウンド・フォー・パウンド(PFP)1位にランクされる怪物。9月に無敗のまま引退した3団体統一世界ライトヘビー級元王者、アンドレ・ウォード(米国)に代わるボクシング界最強男との激突を、村田は切望しているという。
村田のミドル級最強王者への青写真を、アラム氏も頭の中に明確に描いているようだ。
「ムラタについての私の壮大な計画では、東京でもう1試合行う必要がある。これは間違いなく、凄まじく大きな試合になるだろう。日本で戦い、夏にアメリカだ。それから3試合目を行うということを考えている」
アラム氏「間違いなく多くの状況次第」、VSゴロフキン実現の条件とは?
東京での初防衛戦は来年2月か3月、そして、米国上陸は6月か7月、秋には3戦目を予定しているという。しかし、最強の男ゴロフキンとの戦いの実現には、ハードルが横たわっている。
記事によると、ゴロフキンは9月の前回対戦で不可解な判定でドローに終わった猛者カネロ・アルバレス(メキシコ)と来年5月にリマッチを交渉。ゴロフキンがアルバレスを倒せば、村田の悲願の決戦が実現することになるという。
「間違いなく多くの状況次第だろう。もし、カネロがトリプルG(ゴロフキン)との再戦を望まなければ、東京で試合を行うためのマネーはとんでもないものになる。東京ドームだ。それは想像が難しいね。カネロと戦い、ゴロフキンが勝てば対決は実現するだろう」
ゴロフキン、カネロとも巨額なファイトマネーが必要な実力者。まずはゴロフキンとカネロのリマッチが行われ、その上でゴロフキンがカネロを倒すことが、村田とゴロフキンの夢の「ミドル級頂上対決」実現の条件だという。
パッキャオ、メイウェザーらスーパースターのプロモーションを務めてきた豪腕アラム氏が村田の頂点への道を切り開くことになりそうだ。


■村田諒太「いい経験」
12年ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストで、WBC世界同級11位の村田諒太(28)=三迫=が20日、キャンプ先の米国から成田空港着の便で帰国した。
8日に出発し、滞在先のカリフォルニア州ビッグベアでは、26日にニューヨークで11度目の防衛戦を控えるWBA世界ミドル級スーパー王者のゲンナジー・ゴロフキン(32)=カザフスタン=のキャンプに参加した。名王者と3度のスパーリングを行い、「もうパンチが別もん。異質の強さだった」と脱帽したという。
つきっきりで長時間、指導を受ける日もあった。「『スパーは倒すためにやるんじゃなくて、互いを向上させるためにやるんだ』とも教わった。練習への心構えが素晴らしかった」と収穫を口にした。さらに、「変な試合をするより、よっぽどいい経験になる」と合宿を総括した。
村田は9月にデビュー第5戦を計画しており、今月末に合宿のため米ネバダ州ラスベガスに向かう。
村田選手、良いトレーニングできたよいですなぁ~~
世界王者の実力を直接確かめれるというのは本当に良い経験になると思う。
まぁオイラの様にあの世界王者とスパーしたって自慢したいだけのアホやと大した勉強にもならんけど村田選手のように向上心あふれる頭の良い選手に撮ったらすべてが勉強になったんちゃうかな?
現在の状況でやられててもしょうがないし当たり前。
それをどれだけこれからのトレーニングに反映させていくかが問題です。
今、エラそうにかきましたが現役時代のオイラは全くそんなことは考えていませんでした(笑)

EPSON MFP image