比嘉大吾 | 日本タイ15連続KO


WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が15戦全勝全KOで2度目の防衛に成功した。同級9位の元2階級制覇王者モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1回KOで下した。
立ち上がりはフエンテスが積極的に放つジャブを食らう場面もあったが落ち着いて対応。連打はもらわなかった。1分30秒過ぎ、左フックでフエンテスをぐらつかせ、右フックで動きを止めた。残り30秒、連打からガードが空いた腹に右ボディをたたき込み、マットにひざまずかせた。
14年6月のデビューから続く連続KO勝利も更新。同じ沖縄出身の世界王者・浜田剛史(帝拳)らの日本記録に並んだ。

■日本新へ「特別な王者になる」
WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が15戦全勝全KOで2度目の防衛に成功した。同級9位の元2階級制覇王者モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1回2分32秒KOで下した。
立ち上がりこそ守勢に回ったが、1分30秒過ぎ、左右のフックで動きを止めた。残り30秒、連打からガードが空いた腹に右ボディをたたき込み、マットにひざまずかせた。
電光石火のKO劇に比嘉は試合後「皆さん、高いお金を払って1ラウンドで終わってすいません。テレビ局の皆さんもすいませんでした。(KOで)倒すと言って試合に臨んできたので、やっぱ、格好いいですね。もってる男かなと思いました」と茶目っ気たっぷり。比嘉から「会長、お褒めの言葉をよろしくお願いします」と促された具志堅用高会長も愛弟子のこれ以上ない勝ちっぷりに「もう試合終わったの?えっ1ラウンド?」とノリノリだった。
14年6月のデビューから続く連続KO勝利も更新。同じ沖縄出身の世界王者・浜田剛史(帝拳)らの日本記録に並んだ。比嘉は「KOがなければ僕はただの世界チャンピオン。特別なチャンピオンになるためにもKO勝ちを続けます」と次戦での日本新記録樹立をにらんだ。

■貴乃花親方に笑顔
大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)が3日、春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)の同部屋宿舎になる、京都・宇治市内の龍神総宮社で豆まきに参加した。前日2日は日本相撲協会理事候補選挙で落選したが、暗い表情は皆無。弟子の貴景勝らとともに明るい笑顔を振りまいた。
貴乃花親方は、スーツの上に裃(かみしも)を着て、豆まき用に作られた壇上に姿を見せた。マイクを手に「みなさん、こんにちは。大阪場所(春場所)の宿舎で宇治の皆さんにはお世話になっております。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます」とあいさつ。終始にこやかに笑顔を振りまいていた。
前日の理事候補選挙は、得票数が立候補者11人中最下位の2票。この日はまるで“貴乃花親方を励ます会”になった。海外旅行など豪華景品が当たる豆まきでもあり、観衆約3000人が集結。司会のタレントせんだみつおが、20台弱並んだテレビカメラを見て「おそらく、日本で一番注目されている豆まきです」と言い、観衆の笑いを誘った。
ゲストは他に俳優片桐竜次、中野英雄、小沢和義、落語家桂きん枝、新聞詠み河内家菊水丸もいたが、ネタふりは同親方に集中。元横綱日馬富士関の暴行事件被害者、貴ノ岩の姿こそなかったが、小結貴景勝、史上初の双子関取となる貴源治、貴公俊ら弟子も参加した。同親方から理事候補選結果に関するコメントはなかったが、せんだの音頭で観衆が「親方、頑張れ!」と連呼する場面もあった。

Generated by IJG JPEG Library