渡辺華奈 | 中井りんと「近い将来戦う日が来る」


2月24日(土)東京・ディファ有明にて開催される『DEEP 82 IMPACT』で、約1年2カ月ぶりに復帰することが発表された元パンクラス・バンタム級クイーン中井りん(31=修斗道場四国)。
このニュースに「まじか!!」と反応したのが、昨年12月29日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』で杉山しずかを破り、ニューヒロイン誕生を予感させた元女子柔道の渡辺華奈 (FIGHTER’S FLOW)だ。
渡辺は小顔美人なのにムキムキな肉体という衝撃的なビジュアルが公開され、大きな注目を集めた。その経歴も柔道四段で全日本指定強化選手に7年間選ばれ、オリンピック最終選考会には3度出場。全日本選手権5位に2度、東日本実業団体2連覇、フランス大会団体優勝など数々の戦歴を持ち、“期待の大型新人”と呼ばれるにふさわしい。

昨年12月3日の女子総合格闘技『DEEP JEWELS 18』でプロデビューし、勝利を収めると視察に来ていた榊原信行RIZIN実行委員長に年末大会出場を直訴し、RIZINに参戦。2008年プロデビューのベテラン杉山をプロ2戦目にして破ってみせた。
渡辺はイーファイトの取材に答え、「中井りん選手は日本トップの実績を持ち、UFCでも活躍した選手なので、尊敬するファイターです。私がプロデビューした日から、同じ階級(女子フライ級=56.7kg)ということもあって、いつかは“その日”が来ることは分かっていました。今回復活と聞いて、近い将来戦うことがあり得ると思うので、それまでに自分を磨いて準備します」と、中井との対戦が近い将来実現することを確信し、その日へ向けて実力を磨いていきたいと話した。

2月のDEEPで約1年2カ月ぶりの復帰を果たす中井
そして「ただ、負けるつもりは一切ありません。そのためにもっと強くなります。それは中井選手だけでなく、同じ階級の全ての選手に対して同じ気持ちです」と、中井を乗り越えていくと意気込んだ。
実は渡辺は、柔道時代に中井とは親交があったという。
「中井選手が高校1~3年生の時で、私が中2~高1くらいの時だったと思いますが、私の学校に中井選手がちょくちょく練習に来ていたり、出稽古先が一緒だったりで、同じ場所で練習していたんです。階級がその時は私が63kg級で、中井選手が52kg級だったので10kg以上も差があったのでそこまで組んだりはなかったんですが、何回かは練習したことがありますし、けっこうお喋りはしていました」とのエピソードを明かした。

■渡辺華奈、中井りんとも柔道練習していた
 12月29日(金)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』で、杉山しずか(30=リバーサルジム新宿Me,We)と対戦する渡辺華奈(29=Fighter’s Flow)がイーファイトのインタビューに答えた。
渡辺は柔道の大会で数々の実績を残し、全日本指定強化選手に7年間選ばれ、オリンピック最終選考会には3度出場という経歴の持ち主。12月3日にMMA(総合格闘技)でプロデビューを果たし、腕十字で一本勝ちしたばかりだ。その場でRIZIN出場をアピールし、視察に訪れていた榊原信行実行委員長が「女子なのに男気のある試合を見て引き込まれた」ことから緊急参戦が決まった。
対戦する杉山は2008年にプロデビューし、15勝4敗1分の戦績を持つベテラン選手だが「日本でトップの選手だと知っていたので、RIZINという大舞台でトップとやれるのは嬉しい。いきなりか、というよりもチャンスだと捉えています」と、渡辺は全く臆するところがない。杉山は同じ大学の先輩で「直接の面識はありませんが、柔道部の先輩からお話は聞いていました」という。
「昨年のRIZINは会場へ観に行っていました。まさか1年後に自分がリングにあがることになるとは」と、急展開に自分でも驚いている様子。「PRIDE、K-1など格闘技が好きで普通に見ていました。自分でもやりたいと思っていたんですが、オリンピック出場を目指していたので柔道一本でやってきたんです。でも3月に選手として一線を退かなければいけないということになり、実業団のコーチに就任したんですが、3カ月ほどしたらやはり自分が選手でやりたいとの気持ちが強くなりました。今年になってから出来る範囲でMMA(総合格闘技)の練習も始めていたし、いつかやろうと思っていたので“今だな”と思い会社を辞めました」
2012年ロンドン五輪金メダリストの松本薫と仲がよく、高校生の時から一緒にトレーニングをしていた。また、意外なことに中井りんとも中学時代は一緒に柔道の練習をしていたこともある。北京五輪の女子柔道銅メダリストでUFC女子バンタム級王座に君臨していたロンダ・ラウジーが憧れの選手の一人だという。
「柔道時代の得意技は内股です。投げだけだったら、今の日本MMAの選手には誰にも負けない自信があります。試合ではあまり使いませんでしたが、柔道の時から寝技が好きだったので苦手ではありません。今は柔術も習っています」
おそらく課題となるであろう打撃については「楽しいですね。全然嫌じゃない。打ち合いになっても大丈夫です」と自信満々に微笑んだ。
渡辺といえばその極限まで鍛え上げられた美ボディも話題となっているが、杉山も鍛え上げられた美ボディを持つ各界の女性たちがさまざまな競技で競い合うスポーツ系バラエティー番組『超人女子』(テレビ朝日系列)に現在出演中。渡辺もTBSのスポーツエンターテインメント番組『KUNOICHI』に2度出演したことがある。
「杉山さんが出ている番組は見ました。私も懸垂には自信があるので、ちょっと出たいと思いました」という。今回、杉山に勝利して超人女子のレギュラーの座も奪いたいかとの質問には「それは考えていません」と笑った。
最後に、MMAファイターとしての目標を聞くと「世界の舞台で通用する選手になることです。そこを目指してブレずに戦っていきたいですし、必ずなります」と力強く答えた。