王者タパレスの体重オーバー騒動


今日23日のWBO世界バンタム級タイトルマッチに臨む王者マーロン・タパレス(25=フィリピン)が22日、大阪市内での前日計量で制限体重の53・5キロを0・9キロオーバー。この日の調印式を欠席する異例の行動をとりながら大失態を犯し、王座を剥奪された。世界初挑戦の同級6位大森将平(24=ウォズ)が勝てば新王者、負けか引き分けの場合は空位となる。

<タパレスの体重オーバー騒動>

 11時40分 調印式を行うホテルで、非公式の事前計量。タパレスはリミット(53・5キロ)から0・55キロオーバーが発覚。すぐにサウナスーツ姿で会場周辺をランニングへ。

 12時23分 ダブル世界戦調印式が23分遅れでタパレス不在のまま開始。

 12時56分 タパレスが1時間以上走った後に会見場入り。

 13時00分 前日計量開始。WBA戦の両者はパス。WBO戦は大森はマイナス0・2キロでパス。タパレスは全裸で量り54・3キロ(さらに0・25キロ増の0・8キロオーバー)。

 13時15分 タパレスがガムをかみ、サウナへ。

 14時44分 タパレス再計量。パンツを履いたまま54・4キロの0・9キロオーバー。ギブアップを表明し、王座剥奪が決まる。

◆大森将平、王者体重オーバーに「怒りと悲しいのと」
今日23日のWBO世界バンタム級タイトルマッチに臨む同級6位大森将平(24=ウォズ)が、王者の大失態に怒った。22日、大阪市内での前日計量で王者マーロン・タパレス(25=フィリピン)が制限体重の53・5キロを0・9キロオーバー。この日の調印式を欠席する異例の行動をとりながら大失態を犯し、王座を剥奪された。試合は予定通り実施されるが、大森陣営はプロ失格の行為に怒りが収まらなかった。世界初挑戦の大森が勝てば新王者、負けか引き分けの場合は空位となる。

 拍子抜けな決意表明の場になった。大森の隣に“標的”がいない。華やかな調印式の時間帯に、主役となるタパレスは大阪市内を走っていた。王者の行動に「怒りと悲しいのと残念な気持ち」。国際的マッチメーカーのジョー小泉氏が「調印式を丸ごと欠席のケースは記憶にない」と話した直後、王者がやって来た。

 多くの視線が注がれた計量。王者は下着を脱ぎ、全裸になったが0・8キロオーバーを告げられた。約1時間20分前、非公式の事前計量では0・55キロオーバー。調印式欠席を経て、なぜか増えていた。マイナス0・2キロでクリアした大森を尻目に次はサウナへ。約2時間の猶予が与えられ、その再計量でも下着を履いた状態とはいえ、さらに増えて0・9キロオーバー。ギブアップを表明すると「大森に申し訳ない」と涙ながらにベルトを返上した。

 大森にとっては裏切られた格好だ。15年12月に唯一の黒星をつけられ「世界に行くのに必要なものを全て持っている」と尊敬してきた。だからこそ体重超過を知り「イラッとした」。その上で「勝負事では怒りだったり、熱くなったら負け。タパレスにリベンジする」と自らに言い聞かせた。

 大森昌治会長も「あきれた。調印式を欠席したのに、なんで増えんねん」と怒りを隠さない。両者1・1キロ差で決行される世界戦。公平な条件とはいえないが、同会長は「怒りを込めて勝たないといけない」。大森が愚行のタパレスをリングで打ち砕く。

◆井岡一翔もタパレスに不快感
今日23日のWBO世界バンタム級タイトルマッチに臨む王者マーロン・タパレス(25=フィリピン)が22日、大阪市内での前日計量で制限体重の53・5キロを0・9キロオーバー。この日の調印式を欠席する異例の行動をとりながら大失態を犯し、王座を剥奪された。

 ダブル世界戦に臨むWBA世界フライ級王者井岡一翔がタパレスに苦言を呈した。自分の対戦相手ではないものの、調印式開始が23分も遅れた。「こういうことに巻き込まれたくない。(体重オーバーは)プロとしてダメ。挑戦者を迎える世界王者としてもダメでしょう」と不快感を示した。一方、自身を含めてリミットの50・8キロで一発パスした挑戦者ノクノイについて「あらためて小さいなと感じた」。KO勝ちで具志堅用高氏の持つ世界戦14勝の日本記録に並ぶことに自信を見せた。

◆世界戦における過去の体重オーバー
今日23日のWBO世界バンタム級タイトルマッチに臨む王者マーロン・タパレス(25=フィリピン)が22日、大阪市内での前日計量で制限体重の53・5キロを0・9キロオーバー。この日の調印式を欠席する異例の行動をとりながら大失態を犯し、王座を剥奪された。世界初挑戦の同級6位大森将平(24=ウォズ)が勝てば新王者、負けか引き分けの場合は空位となる。

 ◆世界戦における過去の体重超過 日本人選手が絡んだのは今回で7例目。有名なのは13年12月、IBF世界スーパーフライ級王座決定戦で王者亀田大毅と戦ったWBA同級王者ソリス(ベネズエラ)が再計量でも規定に届かず。翌日、亀田が1-2の判定負けを喫したが、IBFの公式ルールで防衛が認められた。