船木誠勝 | 道場破りの裏話についてお話します


藤原さんと佐山さんは新日本の道場に来た道場破りを毎回返り討ちにしていたそうです。私の海外遠征時代は柔道家をタックルで倒してアキレス腱を極めました。道場破りがやって来たら、相手が戦意喪失するまで徹底的に応戦しなければならないのが我々の宿命でした。プロレスラーは、強くなければいけません。


■猪木社長・馬場社長と戦って勝つにはお金だけでは無理
天龍さんとホーガンの試合が観られたことは良かったと思いますが…プロレス界の黒船『SWS』への藤原組参戦について


■巌流島『猪木vsマサ斎藤』は正直早く帰りたかった
会社からお前も巌流島に同行しろと言われて内心、『何で貴重な休みを1日取られなきゃいけないんだ』と面倒くさく思っていました。普段捕れないトカゲが捕れました。18歳の秋でした。


■船木誠勝が関節技の達人7名に技を掛けられたらどうなるのか
新日本プロレス入門から1年後、木戸さんに『お前凄いな』と言われてとても嬉しかった思い出があります。すると猪木さんから『お前、強くなったつもりでいるんじゃないだろうな』とスパーリングのパートナーに指名され…。関節技、『そこまで痛くないだろう』と思ったら大間違いです。


■軽い気持ちでステロイド・筋肉増強剤に手を出しと。
先輩には『いや、俺やってませんよ』と隠していましたが、打てば打つほど気持ちよくなってしまい…


■セメント最強のレスラーは誰なのか…を発表します