衝撃の秒殺失神KO決着! | 田中半蔵 VS 日沖発


▼第6試合 フェザー級 5分3R
〇田中半蔵(シューティングジム横浜/パンクラス・フェザー級9位)
KO 1R 14秒 ※左フック
●日沖 発(ALIVE/パンクラス・フェザー級1位)

日沖は今回がプロ41戦目のベテランで、これまで戦極(SRC)フェザー級王座、修斗世界ライト級王座、TKO世界フェザー級王座を獲得した日本が誇るトップファイター。UFCからの帰還後はパンクラスで2連勝を飾っている。

 対する田中は前日の公開計量で「ランキング1位の日沖選手を倒して1位をいただきます」と“大物食い”を宣言していたが、試合は、まさにその通りの結果になった。しかも衝撃の1R、一撃失神KOで。

 試合が始まると、180cmと長身の日沖は170cmの田中に対し、リーチ差を生かして積極的に前に出て攻めて行く。左脚を前にしたオーソドックスの構えから、右の前蹴りをボディに入れ、すぐさま左ストレートを放つ。そしてサウスポーにスイッチすると、左ストレートを打ちおろしていく。

 ケージ際に田中を追い詰め、さらに左パンチを出した日沖に、田中は左のカウンターパンチ。これが日沖のアゴを捉え、日沖は糸が切れたマリオネットのようにマットに崩れ落ちた。

 この一撃で日沖は失神したため、レフェリーがすぐさま割って入り、試合終了。わずか14秒でのKO劇だった。

 田中はケージに駆け上って、勝利の雄たけびを上げた。まさかの日沖の秒殺KO負けに、会場は騒然となった。日沖はその後もしばらく失神したままで、担架でケージから運び出された。

 これで戦績を12勝(7KO)4敗とした田中は、マイクを渡されると「シューティングジム横浜、ランキング9位の田中半蔵です。ちょっと自分でもビックリしてます」と驚きを隠さない。「え~、ランキング1位、いただいていいんでしょうか?」と朴訥(ぼくとつ)な雰囲気を漂わせながら言うと、会場からは拍手とともに「いいぞ!」という声が起こる。

「真ん中にいるランカーには申し訳ないんですけど、飛び級でタイトルマッチ、行かしてもらいたいです。酒井さん、よろしくお願いします」と酒井パンクラス代表にタイトル戦を直訴し、頭を下げた。

 日沖は前日の計量で「思い切りやります。自分を出せれば結果的に勝てる。自分のペースで戦います」と、語っていた。その言葉通り、最初から思い切り攻めて行ったが、今回はそれが裏目に出てしまったようだ。


■東京都台東区ディファ有明で行われPancrase287で日沖発を衝撃の14秒、失神KOに追い込んだ田中半蔵。
修斗からONEに進出して、一度は挫折を経験した。国内に戦場を移し、仕切り直しの地方大会でまさかの敗北。どん底を味わった男の復活劇と、タイトル戦線で一気に一番手に浮上した会心の勝利を半蔵に振り返ってもらった。

──見事なKO勝ち、おめでとうございます。

「ありがとうございます。出来過ぎで、自分が一番ビックリしています。今、マモル塾といって毎週火曜日に僕とアキラ選手、川名(雄生)選手でこっそりと練習しているんですけど──そこでマモルさんに基礎から教えてもらって、作戦も考えてもらったんです」

──マモル選手は普段の下ネタのレベルはともかくとして(笑)、MMA IQの高さは素晴らしいです。

「本当に教えてもらっていた成果が、モロに試合で出ました」

──つまり左は作戦、そして積んできたモノだったのですね。

「作戦はボディを攻めて、そこから同じフォームで顔面を狙うというものでした。僕はもともと右利きですし、右フックばっかり使っていたんですけど」

──修斗時代は、その右フックで倒してきた印象が強いです。
「それがマモルさんと練習してきて、意識せずに左が使えるようになりました。でも、左で倒せたのは今日が初めてです(笑)」

──日沖選手も右フックを警戒していた可能性は大きいですね。ただ、日沖選手がサウスポーに構えたのは意外ではなかったですか。

「ケージチェックの時にサウスポーに構えていて、あるかもしれないとは頭の中には入れていました。ただ、それが騙しかもしれないですし。日沖選手も僕がケージにいるのを分かっているし、駆け引きかなっていう気もしていました。

そうしたら試合もサウスポーで構えていて、最初の前蹴りも三日月気味に入って効いていました。大きくて圧力も凄くて下がってしまったんですけど、マモルさんとやってきたことが出せました。前の試合からマモルさんにはセコンドにもついてもらうようになったんです」

──半蔵選手は個人的にONEのエウベウ・バーンズ戦の粘りが印象強くて。あの試合のように粘っていると、一発が入る展開もあるとは予想していたのですが、試合開始直後に左一発であのKOがあるとは本当に予想できませんでした。

「あの時はたた、凌ぐだけだったんですけど……。これまで練習でやってきたことが、試合に出るタイプではなかったので、今日はホントに驚きました」

──去年の9月、修斗で摩嶋一整選手に敗れた時のどん底から盛り返してきました。

「あの時はもう自信を失っていたのですが、内村(洋次郎)選手に勝てて少し回復して、でも次がいきなり日沖選手だったので厳しいとは思っていました。勝てば大きいという気持ちに切り替えましたが、本音をいえばランキングの間の選手と戦いたかったです(笑)。

試合前にタイのタイガー・ムエタイで練習もさせてもらったんですが、僕のことは誰も知らなくても日沖選手のことは知っていたので、そういうのもモチベーションになりましたね」

──素晴らしい気持ちの切り替え方ですね。この流れでベルトを狙いたいですね。

「自分のパンチが当たればいけるという自信を、今日の試合で取り戻せました。一本を取られる気はしないです。ただ、組み伏せられる可能性はあるのですが……。今回も日沖選手と戦って、テイクダウンから尻餅、バックで終わって負けるかもというのはありました。ただ、極められることはないと。その辺りはやはりバーンズ戦のお陰ですね」

──左があることで、右の再生も期待できます。

「そうですね。自分も若くないので、最短でベルトを狙いたいです。これから寝技を磨いてだとか、そういうものもでもないですし、フィジカルを落とさずに自分の武器を磨いていこうと思います。

今日の勝ちはラッキーパンチって言われるかもしれないですけど、倒せるモノが自分にはあるんだって……ONEに行く前、修斗で勝っていた頃の自信を取り戻せる試合でした。俺のパンチじゃ、人間は倒れないのかって疑っていたので……。

UFCとか言えないですし……他の選手と比較して、自分は穴もあるけど、パンチで勝てるのでパンクラスを盛り上げる意味でもベルトを絶対に獲りたいです」