試合中に突然後ろを向いてKO負けの試合にキレた観客乱入し勝った選手がボコボコにされる


フランス・パリで行われたキックボクシングで“謎のKO劇”が発生。背中を向けた相手を不意打ちの一発で沈めたが、“禁断”の攻撃に激怒したファンがリング上に乱入し、勝者に襲い掛かる事態となった。米USAトゥデーが「衝撃かつ恐怖の幕引き」と動画付きで紹介。世にも奇妙なKOに、ファンの間でも「一体、何が起こっているんだ」と波紋を呼んでいる。

問題となったのは、10日に行われたキックボクシング「Glory 42」のマーセル・グローエンハート対ハルト・グレゴリアンの一戦だった。

「衝撃かつ恐怖の幕引きとなった」

こう紹介した記事によると、第2ラウンド、残り2分44秒。グローエンハートは顔面を狙って強烈な左膝蹴りを繰り出した。これはガードされたように見えたが、相手のグレゴリアンは背中を向け、コーナーに下がるような仕草を見せた。次の瞬間だった。

グローエンハートは背後から顔面に向かって強烈な右パンチを見舞った。完全に意表を突かれ、ノーガードだったグレゴリアンは仰向けにリングに倒れ込んだ。意識を失った様子で瞳孔が開き、テクニカルノックアウトが宣告された。

なぜ、試合中に背中を見せたのかは定かではないが、これを容赦なく打ち込み、勝利したグローエンハートは自コーナーに上り、ガッツポーズを披露。しかし、“禁断”のKO劇は、これで終わらなかった。

スポーツマンシップを欠いたと激怒したファンがリング上に乱入。歓喜を表現していたグローエンハートに殴りかかったのだ。まさかの事態に場内は騒然。関係者が割って入り、懸命に押さえにかかっていた。

不可解なKOシーンをESPNも紹介。瞬く間にファンの間でも波紋が広がっている。


「彼(グレゴリアン)は一体どうしたんだ、レフェリーも試合を止めたわけではないのに。なんとも間抜けだ」「いつだって守備はしっかりやらないと!」「なんで試合中に後ろを向いて歩いているんだ」と試合中に隙を見せたグレゴリアンに疑問を投げかける意見が大半を占めた。

一方で「ルール上はセーフでも、背中を向けている相手にパンチを出すのは、モラル的にいかがなものか」とグローエンハートのスポーツマンシップに疑問を呈する意見も。「膝蹴りをもらって、彼には鐘の音が聞こえたんだろうね」「一体、何が起こっているんだ」などと様々な感想が上がっていたが、後味の悪い勝利となってしまった。




ラウンド開始15秒に何があったのか!?

動画の結末としては、ファンがKOすれば完璧だったのだが・・。