貴乃花親方に「史上初」の処分 | 貴乃花親方の処分は「降格」に決定


日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、貴乃花親方(45=元横綱)の理事解任と2階級降格を決議した。
貴乃花親方は現在の「理事」から2階級降格の「役員待遇委員」となる。理事の解任は、理事会の決議を受けてから1週間以上をあけて招集される臨時評議員会で協議される。そのため、処分の正式確定は来年1月4日の臨時評議員会になる見通し。日本相撲協会の理事解任は初めてになる。
巡業部長を務める貴乃花親方は、元横綱日馬富士関の貴ノ岩への暴行事件が秋巡業中に発生しながら、協会への報告義務を怠った点などが問題視されていた。
貴乃花親方は役員待遇委員に降格するため、理事会での議決権を失い、巡業部長の職を解かれる。自動的に給料も減額となる。
理事会後に会見した八角理事長(元横綱北勝海)は「貴乃花理事の行為は理事の忠実義務に著しく反するものと言わざるを得ません。理事会では、危機管理委員会の報告を受けて協議しました」と説明。理事会で臨時評議員会の招集を議題に取り上げ、全会一致で評議員会の招集を決議した。貴乃花親方は利害関係があるため、採決には加わらなかった。八角理事長は貴乃花親方からの反応について「別に、特にありません。弁明を聞いたんですけども『特にありません』と」と明らかにした。
同理事長は、来年初場所後に行われる役員候補選についても言及。「貴乃花理事は仮に1月4日の評議員会で理事解任となった場合でも、1月場所の後に行われる年寄会の理事選挙に立候補することは可能です」と説明した。貴乃花親方が出馬すれば当選は確実とみられており、理事解任の影響は事実上、約1カ月に限定される。

■貴乃花親方の考えが明らかに「貴ノ岩と一体だと」
これまで多くのメディアに無言を貫く貴乃花親方(元横綱)の考えが、日本相撲協会危機管理委員会の聴取を踏まえた報告書から浮かび上がった。
重い処分が決議された主要因に、危機管理委による自身や弟子の十両貴ノ岩の聴取要請を再三断ってきたことがある。自身は25日にようやく応じたが、「弟子である貴ノ岩と一体だと考えていたので、2人一緒に協力すればよいと考えていた」との説明が記された。
11月30日の経過報告の会見で、貴乃花親方は警察の捜査が終了した段階で、貴ノ岩の聴取に応じるとされたが、12月11日の元横綱の書類送検後も拒否し、実現は19日だった。理由については、警察の後で検察の捜査があることを知らなかったとの見解が報告された。
貴ノ岩が秋巡業中に事件性も疑われる負傷をしたことを、速やかに相撲協会に報告しなかったと指摘された。「貴ノ岩ではなく、別の部屋の力士であったら報告したかもしれないが、自分の弟子のことだから調べようと思い、すぐには報告しなかった。事態の把握をしなければ協会には報告のしようもなかった」との主張だった。
報告書では、10月26日に事件発生を知り、同29日の鳥取県警への被害届提出まで貴乃花親方自らが事情を把握できなかったとした。このことについては「貴ノ岩が私に話せない事情があったのではないか。親方としては、弟子の言うことを信じてやらなければならないと思った」との発言があったという。

■貴乃花親方の理事解任理由「誠実な職務していない」
貴乃花親方の理事解任という決議に、八角理事長と高野危機管理委員長は厳しい表情で質問に答えた。
-2階級降格は、加害者側の伊勢ケ浜親方と同じだが
高野委員長 判断したのは貴乃花親方が理事、巡業部長として職務に従って仕事をしていただいたかどうか。その意味では誠実な職務をしていなかった。伊勢ケ浜さんは自分で責任を感じて辞任された。結果としては同じだが、いきさつ、認定事実は違うので矛盾はないと思う。
-11月1日に鳥取県警から日本相撲協会に連絡。10日後の理事会で、この問題が議題に挙がらなかった理由
高野委員長 その時点では、被害者が誰かということも教えてもらっていなかったようだ。貴乃花親方からも積極的な報告がなく、(九州場所が)終わってからでいいか、という判断があったのではないか。しかし、もうちょっと早く危機管理委員会に連絡して対応すべきだったと思うので、当時の協会の対応には問題がなかったわけではない。
-理事解任以外の処分の話は出なかったのか
八角理事長 そうですね。解任は理事会ではできないので、評議員会を開催するということ。

■貴乃花親方に「史上初」の処分濃厚 きょう決定へ
大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)に、史上初の処分が科されることが27日までに濃厚となった。日本相撲協会は今日28日、臨時の理事会と評議員会を開き、同親方への処分を協議する。元横綱日馬富士関の貴ノ岩への暴行事件で、貴乃花親方は巡業部長ながら協会への報告を怠った点が問題視されており、理事からの強制的な降格か業務停止の処分となる見通し。ともに前例がないため、本来は「降格」より軽い「業務停止」が、実際は重い処分となる逆転現象も現実味を帯びてきた。
節目の日を翌日に控えても、貴乃花親方は動じる様子を見せなかった。全ての親方衆が集まる年寄総会の会場へ、いつも通り胸を張って入った。会議は来年度の事業計画説明、八角理事長(元横綱北勝海)の1年の総括など約30分。最後に協会執行部から「何かありますか?」と質問を促されたが、誰も反応しなかったという。貴乃花親方は終始無言のまま部屋に戻った。
20日の前回臨時理事会で貴乃花親方以外、元日馬富士関の暴行事件の関係者には処分が出た。危機管理委員会の聴取を受けていなかった同親方だけが、処分先送りとなっていた。加害者である元日馬富士関の師匠で監督責任を問われた伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が、辞任して役員待遇委員となり実質的な1階級降格。貴乃花親方は巡業部長ながら、秋巡業中に起きた暴行事件の報告義務を怠ったこと、事件への一連の対応などを問われ、科される処分は(1)降格(2)業務停止のいずれかが有力視される。

(1)降格 責任を認めて辞任した伊勢ケ浜親方と異なり、貴乃花親方は自身の正当性を主張している。20日も巡業部長の責任は果たしたという内容の文書を持参し、理事会出席者全員に配布した。辞任を選ばず仮に「降格」となった場合、事実上の理事解任となる。これまで強制的に理事職を外された前例はない。解任となれば規定で、1週間以上空けた評議員会でしか処分は確定せず、完全決着は越年となる。ただし約1カ月後の役員候補選挙で出馬すれば復権は確実。事実上、約1カ月しか効力はない。

(2)業務停止 本来は「降格」よりも軽い。だが役員候補選挙を間近に控える現在は、異なる意味を持つ。協会の行事にかかわることができない「業務停止」に2カ月以上など期間が長引けば、選挙に出馬できない。前例がないため処分の詳細は不透明だが、この先約2年は理事職に就けない可能性が出てくる。
この時期ならではの逆転現象の可能性を残し、今日、処分が決まる。どうなろうとも、選挙への影響は避けられない。

■貴乃花親方、週刊誌激白報道に「取材に応じてない」
日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で記者会見を開き、貴乃花親方(元横綱)への処分に至った経緯を説明した。その中の質疑応答で、同親方のコメントが掲載された週刊誌報道についても言及した。
今週発売の週刊文春には「貴乃花激白」の文字が躍り、同じく週刊新潮にも「貴乃花が本誌に激白」「腹を割って全本音4時間!」と、貴乃花親方が取材に応じたとされる内容になっている。
報道陣から「週刊新潮や週刊文春に貴乃花親方のコメントがあり、調査に関する内容もあったと認識しているが、調べているのでしょうか?」との質問が出ると、高野利雄危機管理委員長(元名古屋高検検事長)は次のように回答した。
「貴乃花親方から聴取をした時に、協会に対する報告はない一方、貴乃花さんの意見だというようなことで、いろんな人が語っていました。ご本人がしゃべらないで、そういう人にしゃべらせるのはいかがなものか、という視点でお聞きしましたが、親方は『自分は一切、そういう人に話したことはないし、話すよう指示したこともない。週刊誌の取材を受けたこともない』という話しがありましたので、昨日の週刊誌に、貴乃花親方が自ら発言されたような主旨の記載がありましたので、委員会でのお話と違うのではないかと思いまして、あらためて確認しましたが『取材に応じたことはない』という風におっしゃっておられました」
この日の臨時理事会では、貴乃花親方は「特にありません」と弁明は一切しなかったという。傷害事件の報告義務を怠ったとして、来年1月4日の臨時評議員会での協議を経て、同親方は現在の「理事」から2階級降格の「役員待遇委員」となる見通しだ。

■相撲協会が元顧問の小林慶彦氏に損害賠償
日本相撲協会は28日、元顧問の小林慶彦氏が在職中に背任的行為などをしたとして、小林氏と同氏が代表取締役を務めたコンサルティング会社に約1億6500万円の損害賠償を求める訴訟を25日に東京地裁に起こしたと発表した。
訴状には顧問の立場を悪用し、両国国技館の改修工事などを巡り、施工業者から8000万円を受け取ったとの指摘があった。パチンコメーカーとのしこ名などの利用許諾契約を巡り、仲介業者から裏金を受領した映像がインターネット上で流され、相撲協会の信用を失墜させたことなども記された。
小林氏は解雇無効として地位確認を求める訴訟を起こし、協会と係争中。協会の代理人弁護士は今回の訴訟との関連について「直接的な関係があるかといわれると、ないということかもしれません」と述べた。小林氏は「訴状を読み込んだ時点で、対応させていただきます」とコメントを発表した。

■貴乃花親方の処分は「降格」に決定
日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、貴乃花親方(45=元横綱)の理事解任と2階級降格を決議した。
貴乃花親方は現在の「理事」から2階級降格の「役員待遇委員」となる。理事の解任は、理事会の決議を受けてから1週間以上をあけて招集される臨時評議員会で協議される。そのため、処分の正式確定は来年1月4日の臨時評議員会になる見通し。日本相撲協会の理事解任は初めてになる。
巡業部長を務める貴乃花親方は、元横綱日馬富士関の貴ノ岩への暴行事件が秋巡業中に発生しながら、協会への報告義務を怠った点などが問題視されていた。
貴乃花親方は役員待遇委員に降格するため、理事会での議決権を失い、巡業部長の職を解かれる。自動的に給料も減額となる。
理事会後に会見した八角理事長(元横綱北勝海)は「貴乃花理事の行為は理事の忠実義務に著しく反するものと言わざるを得ません。理事会では、危機管理委員会の報告を受けて協議しました」と説明。理事会で臨時評議員会の招集を議題に取り上げ、全会一致で評議員会の招集を決議した。貴乃花親方は利害関係があるため、採決には加わらなかった。八角理事長は貴乃花親方からの反応について「別に、特にありません。弁明を聞いたんですけども『特にありません』と」と明らかにした。
同理事長は、来年初場所後に行われる役員候補選についても言及。「貴乃花理事は仮に1月4日の評議員会で理事解任となった場合でも、1月場所の後に行われる年寄会の理事選挙に立候補することは可能です」と説明した。貴乃花親方が出馬すれば当選は確実とみられており、理事解任の影響は事実上、約1カ月に限定される。

■貴乃花親方への処分理由「義務を怠った」
日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で記者会見を開き、貴乃花親方(元横綱)への処分に至った経緯を説明した。
会見に先立って行われた臨時理事会では、貴乃花親方への理事解任と2階級降格を決議。午後1時半から行われた記者会見では、「本件に関する貴乃花親方の責任について」と題した5ページにわたる文書を報道陣に配布して、責任の所在を明らかにした。
会見に出席した危機管理委員会の高野委員長は「結論ですが、本件の傷害事件は巡業部長である親方が統率する巡業中に発生した事件であります。親方は理事・巡業部長として、貴ノ岩がけがをしたと、把握した直後に、あるいは被害届を提出する前、後に、すみやかに協会に報告すべき義務があったにもかかわらず、これを怠りました。親方が、被害者側の立場にあることは明らかであり、これを勘案いたしましたが、理事・巡業部長としての責任は重いと判断しました」と説明した。
また、協会への報告だけでなく、危機管理委への調査への協力拒否についても指摘。「委員会による調査は協会執行部の決定に基づくものであり、理事・巡業部長ないし協会員としては、同調査に協力すべき義務があったにもかかわらず、貴乃花親方は、正当な理由がないのに、委員会による貴ノ岩及び貴乃花親方に対する再三の聴取要請を拒否し続け、さらに、11月30日の協会の定例理事会において、警察の捜査が終了した後は貴ノ岩の聴取に協力すると確約し、さらに、全会一致で、日馬富士の暴行問題に関してすべての理事、幹事、協会員などが結束して協力していくことを決議したにもかかわらず、12月18日まで委員会による貴ノ岩等への聴取要請も拒否してその義務を怠った。貴乃花親方が被害者側の立場にあることを勘案してもその責任は重い」とした。

■拳四朗“貴乃花ルック”でニヤリ
ボクシングのダブル世界戦(30日、横浜文化体育館)の調印式が28日、都内のホテルで行われ、WBC世界ライトフライ級王者拳四朗(25=BMB)が“貴乃花ルック”で存在感をアピールした。大相撲の暴行事件の被害者・貴ノ岩の師匠貴乃花親方と同じように、マフラーを首から垂らして姿を見せた。
スーツ姿にルイ・ヴィトンのマフラー。ただ、首には巻かない。拳四朗は「その格好って?」と質問され「分かりました?」といたずらっぽく笑った。テレビのワイドショーなどで取り上げられ、注目を集める同親方のファッション。その象徴的な部分を、遊び心で取り入れた。
すべては「有名になりたい」一心からだ。3度目の世界戦で初の生中継というのが、今回の最大のモチベーション。加えてこの日の会見では「絶対にKOで勝つので、応援よろしくお願いします」と断言した。過去2度は勝ち方にこだわりを見せなかったが「見ている人がおもしろいのはKO。倒すのが一番。最近そう思い始めた」とKO狙いの理由を説明。10月23日の初防衛戦一夜明け会見では同席した具志堅用高氏に「手をたくさん出せば、相手は倒れる。いいパンチを当てた、次が大事!」と指南された。その助言を生かし、手数を出す“北斗百烈拳”で挑戦者ペドロサをマットに沈めたい。
元がオシャレ好きだ。この日はマフラー以外に、ネクタイメーカーSEIWAから贈られた特注ネクタイも。「ガニガン・ロペス」「ペドロ・ゲバラ」と世界戦で破った挑戦者名の刺しゅう入りだ。足元は約30万円もするイタリア製の革靴。そんなキャラクターも知って欲しい。
貴乃花親方の名前を借りて、少しは目立った。2日後は本業のファイトで「世界王者・拳四朗」の存在を世間にアピールする。

■貴乃花親方、週刊誌激白報道に「取材に応じてない」
日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で記者会見を開き、貴乃花親方(元横綱)への処分に至った経緯を説明した。その中の質疑応答で、同親方のコメントが掲載された週刊誌報道についても言及した。
今週発売の週刊文春には「貴乃花激白」の文字が躍り、同じく週刊新潮にも「貴乃花が本誌に激白」「腹を割って全本音4時間!」と、貴乃花親方が取材に応じたとされる内容になっている。
報道陣から「週刊新潮や週刊文春に貴乃花親方のコメントがあり、調査に関する内容もあったと認識しているが、調べているのでしょうか?」との質問が出ると、高野利雄危機管理委員長(元名古屋高検検事長)は次のように回答した。
「貴乃花親方から聴取をした時に、協会に対する報告はない一方、貴乃花さんの意見だというようなことで、いろんな人が語っていました。ご本人がしゃべらないで、そういう人にしゃべらせるのはいかがなものか、という視点でお聞きしましたが、親方は『自分は一切、そういう人に話したことはないし、話すよう指示したこともない。週刊誌の取材を受けたこともない』という話しがありましたので、昨日の週刊誌に、貴乃花親方が自ら発言されたような主旨の記載がありましたので、委員会でのお話と違うのではないかと思いまして、あらためて確認しましたが『取材に応じたことはない』という風におっしゃっておられました」
この日の臨時理事会では、貴乃花親方は「特にありません」と弁明は一切しなかったという。傷害事件の報告義務を怠ったとして、来年1月4日の臨時評議員会での協議を経て、同親方は現在の「理事」から2階級降格の「役員待遇委員」となる見通しだ。

‘å‘Š–o—ÕŽž—Ž–‰ï
ˆ•ª•Û—¯‚Ì‹M”T‰Ôe•û@