長谷川穂積氏と山中慎介が絶賛


久保隼(27=真正)の先輩たちも会場で新王者の瞬間を見守り、ベルト獲得を祝福した。

 真正ジムの先輩で元世界3階級王者の長谷川穂積氏は「本当におめでとう。ダウンをもらった回は課題が残ったが、序盤は自分のペースで闘っていた」とたたえた。

 南京都高(現京都広学館高)OBで、世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王座を12連続防衛中の山中慎介は「前半から自分のボクシングだった。上下の打ち分けも良かった。若いし、これからもっと力をつけて」と新王者に期待した。

挑戦者久保隼(27=真正)が新王者に輝いた。7回に王者ネオマール・セルメニョ(37=ベネズエラ)にダウンを奪われ、劣勢で迎えた11回。赤コーナーの王者が突然、グローブを外し始めた。ゴングが鳴った後にレフェリーが陣営に確認すると「棄権」の意思を示し、久保の11回5秒TKO勝ちが告げられた。10回までの採点は、僅差ながら2人のジャッジが王者を支持していた。

 跳び上がって喜びを表現した久保は「うれしいより、安心感だけです。終わってよかった。ダウンをしても立て直すことができた」。ダウンを喫した際も、テレビ解説席のジムの先輩で元3階級世界王者長谷川穂積氏が「大丈夫」のサインを出し、落ち着くことができたという。京都出身者では初の世界王者となった。「それだけでも名前が残ってよかったです」と笑顔だった。

王者ネオマール・セルメニョ(37=ベネズエラ)が同級8位久保隼(27=真正)に11回5秒TKOで敗れ、王座から陥落した。7回にダウンを奪うなど見せ場を作ったが、10回終了後に突然グローブを外す行動に出た。場内がざわつく中で11回開始のゴングが鳴ったが、棄権の意思を示して試合終了となった。

 38歳のセルメニョは「体力が限界に来ていた。手もパワーが残っていなかった。私の決断であり、コーナーの決断」と説明した。15キロの減量にも苦しみ「だいぶ減量した。日本の気候も合わなかったのかも」と淡々と振り返った。

 今後については「引退は考えていない」と現役続行の意思を示した。その上で「このクラスでは戦わないかもしれない。ただ、久保がもう1度チャンスをくれるなら、このクラスで戦いたい」と再戦へ前向きだった。

前代未聞の大逆転戴冠だ! 世界初挑戦の久保隼(27=真正)が新王者となった。7回に王者ネオマール・セルメニョ(37)にダウンを奪われるなど劣勢で迎えた11回、王者が突然グローブを外し始めた。開始のゴングが鳴った後にレフェリーが陣営に確認すると棄権の意思を表明し、久保の11回5秒TKO勝ちとなった。元3階級世界王者長谷川穂積氏の「後継」の責任を果たした。

 久保は目を疑った。「こんのかい!」。劣勢を自覚していた11回。「びびらずにいかなあかんと、腹をくくって出た直後だったんで」。王者はコーナーに座ったまま、グローブを外していた。「何しとんねん、休むな!」と怒った直後、レフェリーが久保の勝利を告げた。

 まさかのギブアップ。しかも10回までの採点で、王者はジャッジ2人の支持を受けていた。「(7回に)ダウンをとられて、やばいなと。(山下)会長にも『行かなあかんぞ!』と気合を入れられていた」。苦戦を示すように、試合中に前歯が折れた。ただ、1回からベテラン王者の腹に、左を中心にたっぷり打ち込んでいた効果はてきめん。強打を浴びる場面もあったが「打ち合いが怖かった中でも、合わせることができた」。最後まであきらめず、戦い抜いた結果だった。

 試合後の花道では、元アマチュアボクサーの父憲次郎さん(51)ら家族と抱き合った。久保のボクシング人生の原点が、父にある。小学生の時に「ボクシングがしたい」と2度直訴したが退けられた。「気持ちが優しすぎる。向いていない」が理由だった。それでも熱意を貫き中学2年からスタート。反対していた父だが、始めると「よくガッツ石松さんの話をしました」。74年4月、すでに11敗していたガッツが、59勝50KOの名王者ゴンザレスを倒す世紀の番狂わせを起こした。「何度負けても、あきらめずにはい上がれ」のメッセージがあった。

 父が引き合わせてくれたのが、南京都高ボクシング部の武元前川(たけもと・まえかわ)監督(10年に死去)だった。同監督にサウスポー転向を提案され、中学3年の10月から取り組んだ。はし、ペンの持ち手もすべて左に替えた。父は振り返る。「武元監督は全国で戦える選手しか左にしない」。WBC世界バンタム級王者山中慎介も同じだった。

名門の東洋大ボクシング部に進んだが、残り1年で退部した。亡くなった武元監督の後任の話があったが「自分では無理」。ボクシングも嫌になった。ここでも父と衝突。実家に帰れず、12月に京都の公園で1週間過ごしたことも。そんな厳格な父が試合後に言った「息子ながら尊敬します」。新王者となった息子は「相変わらず、うっとうしかったですね」。父子の物語がひと区切り、完結した。【実藤健一】

 ◆久保隼(くぼ・しゅん)

 ☆生まれ 1990年(平2)4月8日、京都。

 ☆経歴 南京都(現京都広学館)-東洋大を経て13年5月にプロデビュー。15年12月に東洋太平洋スーパーバンタム級王座に就き2度防衛。

 ☆高校の偉大な先輩 村田諒太(ロンドン五輪ミドル級金メダル)山中慎介(WBC世界バンタム級王者12回連続防衛中)。

 ☆タイプ 身長176センチの左ボクサーファイター。

 ☆仕事 ジム関係者の会社勤務と近所の喫茶店手伝い。

 ☆趣味なし テレビも見ず、過去賞品でテレビを3台獲得も「すべてあげました」。お金への執着もなく「月10万円でいいです」。

 ☆リスペクト 女子フィギュアスケートの浅田真央。「同じ90年生まれ。その中で一番すごい選手と思っている」。

 ☆家族 元アマチュアボクサーの父憲次郎さん(51)母知美さん(51)。

 ◆日本ジム所属の世界王者 久保が82人目。出身別では大阪府の9人が最多。東京が8人、沖縄が7人と続く。久保は京都からは初めての世界王者となる。

 ◆久保が長谷川氏に感謝した。試合前に「ダウンのイメージもしておけ」と助言を受けたといい、7回に倒された時も「冷静に8カウント休むことができた」。コーナーに戻り、解説席の長谷川氏を見ると「大丈夫」とサムアップポーズが返ってきた。「それですごい安心できました」。その長谷川氏は「おめでとう。まだまだ課題もあるけど、ゆっくり休んでチャンピオンライフを満喫して」と祝福した。

 ◆セルメニョへ次戦を打診していた元世界王者で同級3位亀田和毅陣営が生視察した。標的の敗戦にも、「なんでやめるんやろ。でも、互いに良いところ出し合って良い試合」と称賛。所属の協栄ジムの金平会長は「いまランク上位なので、どの団体でも条件合えば」と久保への直接的な対戦要求はしなかった。

 ◆WBC世界バンタム級王者山中慎介 いいパンチを食らって危なかったけれど、ダメージを引きずらなかった。チャンピオンになったことで会う機会も増える。(南京都高の)先輩としてうれしかったです。

 ◆WBA世界フライ級王者井岡一翔 僕も2週間後(23日)に試合なので、刺激になりました。

WBA世界スーパーバンタム級新王者となった久保隼(27=真正)が10日、神戸市内のジムで一夜明け会見に臨んだ。

 明け方5時半ごろまで眠れなかったといい「怖いぐらいの数が来ていた(お祝いの)連絡に返信してました」。試合のビデオも見て「練習していた通りにできた部分と、そうでない部分があった」と振り返った。初防衛戦については、指名試合が濃厚だが未定。「どっか行きたいですね」とメキシコ旅行を計画している。

WBA世界スーパーバンタム級新王者となった久保隼(27=真正)が10日、神戸市内のジムで一夜明け会見に臨んだ。

 「まだ実感は湧かない。(お祝いの連絡は)携帯を見るのが怖いぐらいの数がきてましたね」と笑顔を見せる口元には、前夜の試合で折られたはずの前歯が。「この会見があるんで」。歯が抜けたまま新王者として姿を見せるわけにはいかないと、早朝に歯医者に駆け込み、仮歯を入れてもらったという。初防衛戦は指名試合が濃厚だが未定。「どっか行きたいですね」とメキシコ旅行を計画している。