高山善廣vsドン・フライが名勝負となった理由


今が2017年の6月ということは、あれから15年が経ったことになる。2002年6月23日、さいたまスーパーアリーナで開催された『PRIDE.21』。そのメインイベントは、高山善廣vsドン・フライだった。

今なお語り継がれる、伝説の名勝負。互いの首根っこを掴んでガツガツと殴り合う光景は、格闘技史上に残る名場面だった。壮絶な打撃戦の末、勝ったのはフライだったが、敗れた高山も株を上げた。そういう試合だった。

純粋に勝ちを狙うのであれば、お互い示し合わせたように正面から殴り合う必要はない。フライはテイクダウンからのパウンドが得意だから、ここでもそうするのが得策だったはず。それをしなかったし、高山も体格差を活かすような闘い方はしなかった。

ともにあえてリスキーなファイトをしたのは、彼らがプロレスラーだからだろう。プロレスラーは勝つためだけでなく、観客を沸かせるためにも試合をする。

しかも、である。繰り返しになるが、この試合が行なわれたのは2002年6月。このとき、世間は日韓共催のサッカーW杯に沸いていた。スポーツの話題といえばサッカーだった。

そんな中で、メインイベンターの2人が「ワールドカップに負けてられるか」と意地を見せようとしたことは想像に難くない。

加えて、この大会自体の盛り上がりも今ひとつだった。ボブ・サップはまだ総合格闘技2戦目。エメリヤーエンコ・ヒョードルもスターにはなっていなかった。桜庭和志はこの大会に出場していない。

判定決着が続き、観客のブラストレーションはたまっていた。そんな状況で、高山とフライは凄まじい殴り合いを見せてくれたのだ。誰もが満足したことだろう。

高山とフライは、PRIDEという格闘技のリングでプロレスラーとしての嗅覚を働かせ、観客の空気、時代の空気さえも掴まえていたのだろう。その結果として生まれたのが、あの激闘だったのではないか。
総合格闘技の歴史におけるパイオニアの1人であることに異論を挟む者は皆無といえるだろうドン・フライ。日本ではアントニオ猪木の引退試合の相手となり、新日本プロレスへの参戦や、キャリア後期の高山善廣戦でのプロレスがかった壮絶な殴り合いのイメージやPRIDEで負けが込んだこともあり、フライの本当の強さもしくは全盛期の実力は思いのほか不透明なまま今日まで来ている印象がある。
ドン・フライの何が凄かったか?、その先駆者たる所以は、大学生のときにグレコローマンとフリースタイル両方で全米代表になった実績どおりレスリングをベースに、ボクシング、柔道など今では当たり前である複数の格闘技経験を持つファイターだったことだ。

UFCがまだトーナメントで争う時代だった「UFC8」の初戦で「単なる腕っ節自慢のデブ」トーマス・ラミレスを歴史的な8秒で瞬殺。この試合で「男気=殴り合い=フライ」というイメージが定着し、その後の戦いにも大きな影響を与えることになるが、続くサム・アドキンス戦では片足タックルでテイクダウンからのパウンドをいうスタイルを披露している。

この大会の決勝では、ゲーリー・グッドリッジ相手に現代MMAのヘビー級戦に近い「噛み合った試合」が展開される。豪腕グッドリッジもこの試合ではしっかりとフライと組み合い、バックを取るなどレスリング的な要素も見せ、一方のフライはケージの上の部分に掴まりぶら下がるといった今では考えられない素人っぽい光景もあるものの、1996年の時点で現在に通じるファイトスタイルをフライは体現していたのだ。

ケージ際での殴り合いによるボクシング技術の高さ、そしてテイクダウンからひたすら殴るスタイルと、豪腕グッドリッジを上回る豪腕がドン・フライだったのだ。
やや残念なことは、31歳でUFCトーナメントを制した後、フライのキャリアのピーク時に精力的に戦ったのは1996年のたった1年だったこと。

トーナメント戦が主流だった当時1年間で実に11試合もこなし負けたのは「UFC10」トーナメントのマーク・コールマン戦のみ、と、その後プロレスラーとしてのキャリアを歩むこととなる。プロレス的な見せる要素も吸収したフライが、再び総合格闘技のリングに上がることになるのは、それから5年後の36歳とすでにMMAファイターとしては晩年の時期だったのは明らかだ。

日本中が熱狂した「PRIDE.21」での高山善廣戦の鮮烈な記憶や、「PRIDE男塾塾長」という殴って殴りまくるスタイルもプロレス的なマナーを学んだ後のフライの器用さ故の産物だったのかもしれない。



■頸髄完全損傷で「回復の見込みなし」…肩から下の感覚戻らず
 首の負傷で欠場中のプロレスラー、高山善廣(50)=高山堂=の現状についての会見が4日、都内で開かれ、頸髄完全損傷で回復の見込みなしと診断されたことが発表された。
高山、頸髄完全損傷で「回復の見込みなし」 盟友みのるが涙の訴え「力貸して」

5月4日のDDT大阪・豊中大会で前方回転エビ固めをかけた際に頭から落ちて動けなくなり、大阪市内の病院に救急搬送され、当初は頸髄損傷および変形性頸椎(けいつい)症と発表されていた。

 意識ははっきりしているが、肩から下の感覚が戻らず、石原氏は「回復の見込みは現状ないと言われている。本人も絶望を口にする状態だったが、少しでも望みを持ってリハビリを頑張っている」と説明した。
高山、頸髄完全損傷で「回復の見込みなし」 盟友みのるが涙の訴え「力貸して」
 鈴木は「親友です。クソ野郎が何を言っても響かないと思いますが、みなさん、力を貸してください」と、涙をぬぐいながらコメント。さらに「UWFの大先輩の前田日明さん、彼の最初の師匠である高田延彦さん、ぜひ力を貸してください」と呼びかけた。

 高木は、高山を支援する団体「TAKAYAMANIA」の設立を発表。各団体の試合会場に募金箱設置、高山プロデュースによる興行などを行い、収益はすべて高山の治療費に充てる。
高山、頸髄完全損傷で「回復の見込みなし」 盟友みのるが涙の訴え「力貸して」

■“プロレス界の帝王”高山善廣とは…過去にはプロレス大賞MVPにも輝く
ダイナミックなプロレスラーであり数少ない現役「長身日本人レスラー」の1人。
デイリーペディア 高山善廣
日本国内3大メジャー団体(新日本・全日本・ノア)のヘビー級シングル&タッグタイトルを奪取した。
デイリーペディア 高山善廣
団体の枠を越えた活躍ぶりから、週刊ゴングの金澤克彦に「プロレス界の帝王」と称され、以降キャッチフレーズとなる。

高山が初のMVPに輝いた。15日、都内で第30回プロレス大賞(東京スポーツ社制定)の選考会議(マスコミ各社11社の担当記者、評論家の28人で構成)が開かれ、各賞の受賞者が決定した。最優秀選手賞は昨年に続いてマット界を席巻したNWF王者の高山善廣(高山堂)がフリー選手では初受賞。
(中略)
 名実ともに高山がマット界の頂点をきわめた。「素直にうれしい。昔の新日本、全日本の時代は単純に“自分のところで頑張ればいいか”っていうのがあったけど、今はそれじゃあダメ。オレはフリーランサー。いろんなことをしたのが受賞に結びついたと思う。今年はよく働いた」。笑みを浮かべながら受賞理由を解説してみせた。

■脳梗塞で長期欠場からも奇跡の復帰!
高山欠場!8日・大阪大会の佐々木健介(38)戦後に意識を失い、大阪市内の病院に緊急入院した高山善廣(37)が9日・神戸大会を欠場。
試合前に会見した新日本の上井取締役によれば、高山はバックステージで意識が混濁して倒れ、救急車で搬送された。病院で意識は回復したが、そのまま入院。8、9日の両日にわたって精密検査を受け、高山堂が新日本に神戸大会の欠場を申し入れた。

帝王がリングに帰ってきた!脳梗塞(こうそく)のため、04年8月8日の新日本・大阪大会から長期欠場していた高山善廣(39)が707日ぶりにノアで復帰を果たした。
脳梗塞で一時は右半身がマヒし、絶望的だと思われていた復帰だけに、感慨に浸っているかと思いきや、高山は「俺はまた頂点を目指すだけ」と早くも天下取りに意欲満々。「高山善廣が帰ってきたぜ。これからもプロレス界を駆け抜けていくぞ。ノーフィアー!」。もう大丈夫だ。プロレスの帝王が戻るべき場所へ戻ってきた。

■高山を救え!レスラーたちが続々エール
小橋建太「三冠、GHC選手権では熱く激しく!復帰戦では僕のパートナーに!引退試合ではセミファイナル終了後、マイクで熱いメッセージ!みんなで高山選手を応援しよう!ガンバレ タカヤマ!ファイト タカヤマ!マケルナ タカヤマ!」

丸藤正道「高山さん、リハビリ頑張ってくださいっ!みんなで応援してます」

秋山準「頑張って欲しい。協力したいです」とツイートし、会見で発表された高山を支援する「TAKAYAMANIA」への協力を約束。

ハチミツ二郎「高山先輩、オレの大切な知り合い。『プロレスキャノンボール』の時、ふたりで高山先輩の家から往復10時間掛けて福島までロングドライブしたのは大切な思い出。皆さん是非、お力をお貸し下さい。御協力宜しくお願い致します」

長州力「もし自分に出来る事があれば、協力をしたいと思います。」

非常に厳しい状況ではありますが、奇跡の復活を願ってやみません。
プロレスラーは強いのだ!ガンバレ高山善廣!