UFC | 日本勢全敗 | マーク・ハント完敗


日本勢3選手は、いずれも敗退した。
UFC2戦目を迎えた阿部大治(26)はウエルター級5分3回でルーク・ジュモー(29=ニュージーランド)と対戦。1回に右フックと連打で相手を左目尻の流血まで追い込んだものの、2回以降はペースを握られて失速した。判定負けでプロ7戦目にして初黒星となった。フェザー銃からバンタム級への転級初戦となった石原“夜叉坊”暉仁(26)は同級5分3回でホセ・キニョネス(27=メキシコ)と激突。1回にテークダウンを許した後は互角の試合展開に持ち込んだが、判定で敗れた。
フェザー級から5年7カ月ぶりにライト級に上げた広田瑞人(36)も、同級5分3回でロス・ピアソン(33=英国)と対戦したが、打撃戦に競り勝てずに判定負けを喫した。








ヘビー級5分3回で、同級5位マーク・ハント(43=ニュージーランド)がランカー対決に敗れた。
同級9位カーティス・ブレイズ(26=米国)と対戦し、1回に2度もテークダウンを許した。
裸絞めでスタミナを奪われ、2回以降も次々とテークダウンを取られて劣勢となった。強打を生かした得意の打撃戦に持ち込めず、0-3の判定負けで完敗。勝ち名乗りを受けたブレイズとは対照的に、南半球の「準地元」で敗れたハントはオクタゴンで肩を落とした。
UFCとは残り2試合の契約を残すハントは王座挑戦が遠のいた形となった。