WWE | NXT女子王者アスカが王座返上を発表


WWEジャパンは7日、WWE傘下のNXT女子王者アスカ(35)が同王座を返上したことを正式に発表した。

 この日、WWEネットワークで8月24日(日本時間25日)に米フロリダ州のフルセイル大で収録されたNXT大会が配信されたことを受けて報告した。同大会のリングにNXTのウィリアム・リーガルGMと登場し、王座返上を発表したアスカは「NXTに来て約2年。多くのすばらしいスーパースターと対戦し、成長することができて感謝している。私はNXTを愛しています」と感謝の気持ちを口にした。

 リーガルGMからは2大ブランドのロウ、スマックダウンの首脳とアスカの昇格に向けた交渉を開始したことが明かされた。またWWEのCEO、トリプルHから花束を受け取ったアスカは、NXT女子ベルトを手渡した。

 8月19日(同20日)の防衛戦(ムーン戦)で右鎖骨を骨折したアスカは全治6~8週間と診断され、長期欠場が発表されていた。なお9月16日のWWE大阪大会(エディオンアリーナ大阪)には来日し、セコンドに入る予定だ。


■カイリがWWEで決勝進出
米プロレスWWEで史上初となる女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」2回戦~準決勝(米フロリダ州フルセイル大)がこのほど、WWEネットワークで配信され、元スターダムの宝城カイリことカイリ・セイン(28)が決勝進出を果たした。

 世界13カ国から32人の女子レスラーが集結。1回戦でテッサ・ブランチャード(米国)を必殺のダイビングエルボードロップを撃破していたセインはビアンカ・ベレア(米国)との2回戦でも、ダイビングエルボーを決めて勝利。準々決勝でダコタ・カイ(ニュージーランド)、準決勝もトニー・ストーム(オーストラリア)を下してファイナル進出を決めた。

 決勝はシェイナ・ベイズラー(米国)との顔合わせ。9月12日(現地時間)、米ネバダ州ラスベガスで開催され、WWEネットワークでライブ配信される。