K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~ | 全試合結果


「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」
2017年9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ


第14試合 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1R
○久保優太
(K-1ジム五反田チームキングス/初代Krush -67kg王者) 判定3-0 
※29-26、30-27、30-25 モハン・ドラゴン●
(ネパール/士魂村上塾/MA日本スーパーライト級王者)

■モハン・ドラゴンの健闘も光る
K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント決勝戦に勝ち上がって来たのは久保とモハン。久保は木村ミノル、塚越仁志を下し、対するモハンは渡部太基、山際和希をいずれもKOで倒しての決勝戦行きを決めた。
1R、モハンは左ロー、フックを見せるが、久保は当てさせない。久保は左ミドル二連打で下がらせるも、モハンはガードを固めて一発狙いの慎重な攻め。
久保は左ミドルを次々と当て、接近戦ではモハンがフックを当てぐらつかせる。久保が蹴りを当て優勢。
2R、久保は左ミドルで攻め、モハンは距離を取って大振りのフックを振り回す。一気に仕留めに行くモハンの前に、久保はクリーンヒットを許さない。スリップ気味に倒れたモハンにレフェリーからダウンが告げられたが、誤審となり再開。
3R、ガードを固めながら突進するモハンに、久保は組み付いて回避。残り1分のところで久保がテンカオでダウンを奪うと、久保がパンチ連打からヒザ。さらに左ハイでラッシュにつないでスタンディングダウンを奪う。耐えたモハンは最後に大振りのフック。久保が判定勝ちし、念願のK-1王座を獲得した。

第13試合 K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ 3分3R延長1R
○武尊
(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GPフェザー級王者) 判定3-0 
※30-29、30-29、30-28 ワン・ジュングァン●
(中国/中国高大拳クラブ/挑戦者)






■武尊、“中国の武尊”ジュングァンに苦戦ながらも勝利
K-1 WORLD GPフェザー級王者・武尊が初防衛戦。挑戦者はその攻撃的なスタイルから“中国の武尊”の異名を持つジュングァンに決定。ジュングァンは7月16日のKrushに参戦し、新鋭の里見柚己から勝利を収めている。
1R、左ミドル、右フックを散らす武尊に、ジュングァンはバックブロー。武尊は前蹴り、左ミドル、徐々に加速しパンチ連打で下がらせる。ジュングァンもパンチ、後ろ蹴りを返していくが、武尊の手数に押される形となる。
2R、ジュングァンは伸びのあるワンツーを見せ、武尊はテンカオ、左ミドル。前に出るジュングァンのボディに武尊はテンカオが突き刺し、左右のフック。手数を増やす武尊は右ローからパンチにつなぐが、ジュングァンも強打を返し一歩も退かない。
3R、ガンガン前に出る武尊に、ジュングァンは顔面前蹴りで突き放しパンチにつなぐ。接近戦になると、ジュングァンが連打で追い込むと、ニヤリと笑う武尊は前に出て左右フック。
ジュングァンも一歩も引くことなく左右フックを返し、激しい打ち合いに。タフなジュングァンを倒すことが出来なかったが、武尊が苦戦しながらも判定勝ち。
マイクを握った武尊は「KO出来ずすみません。誰が何と言おうと、K-1が世界最高、世界最強なので僕が引っ張って証明し続けていきます。K-1最高!」と叫んだ。

第12試合 スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長1R
○スタウロス・エグザコスティディス
(ギリシャ/WKBC・WAKO・ISKA世界スーパー・フェザー級王者) KO 1R2分41秒
※3ノックダウン 大雅●
(TRY HARD GYM/K-1スーパー・フェザー級王者)





第11試合 スーパーファイト K-1スーパー・バンタム級 3分3R延長1R
○武居由樹
(POWER OF DREAM/K-1スーパー・バンタム級王者) KO 3R1分10秒 伊澤波人●
(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/英雄伝説世界-57kg級王者)



■K1武居由樹が王者の風格!
K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹(21)が19日、都内で公開会見に臨み、来年3月のK-1さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会での大活躍をファンに約束した。
武居は18日の同コミュニティアリーナ大会(日刊スポーツ新聞社後援)のノンタイトル戦で伊沢波人と対戦、3回1分10秒に鮮やかなKO勝ちを見せた。
王座に就いた4月の翌日会見ではラフなスタイルだったが、この日はスーツ姿で王者の風格を漂わせた。「4月の大会より、しっかりパワーが付いたと感じた」という武居。「ダメージはないので、防衛戦をやってと言われたら、いつでもやる」と自信を見せた。
「3月はチャンピオンがたくさん出ると思うが、1番目立つKOで勝ちたい」。武居が3月の主役に名乗り出た。

第10試合 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○久保優太
(K-1ジム五反田チームキングス/初代Krush -67kg王者) KO 1R2分36秒 塚越仁志●
(K-1ジム・シルバーウルフ/第5代Krush-67kg王者)


第9試合 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
○モハン・ドラゴン
(ネパール/士魂村上塾/MA日本スーパーライト級王者) KO 2R2分58秒 山際和希●
(谷山/Bigbangウェルター級王者)

第8試合 スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長1R
〇卜部弘嵩
(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第2代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者) KO 2R2分51秒
※3ノックダウン 山本真弘●
(N.F.T.T./元IT’S SHOWTIME世界-61kg級王者)
第7試合 スーパーファイト K-1スーパー・ウェルター級 3分3R延長1R

〇日菜太
(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者) 判定3-0
※30-29、30-29、29-28 セルジオ・サンチェス●
(スペイン/WAKOヨーロッパ王者)

第6試合 スーパーファイト K-1スーパー・フェザー級 3分3R延長1R
〇皇治
(SFK/ISKA世界ライト級王者) 判定3-0 
※三者とも29-25 島野浩太朗●
(菅原道場/MA日本スーパーフェザー級王者)



第5試合 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント一回戦 3分3R延長1R
〇久保優太
(K-1ジム五反田チームキングス/初代Krush -67kg王者) 判定3-0
※29-27、29-27、30-26 木村“フィリップ”ミノル●
(ブラジル//Team Philip/GSA/WSR)




■久保優太、木村との元同門対決制す
元同門対決となった一回戦。1R、久保は左ミドル主体の攻め。距離が詰まれば木村が左右フックを振り回し、右フックで久保をぐらつかせる。
2R、左ミドルを飛ばす久保に、木村が左右フックを見せると久保は組み付いて連打を許さない。久保は左ミドルから密着し右フックを見舞い、木村がダウン。木村は連打を見せるが、これを凌いだ久保は左ミドル。これが利いたか、木村はロープを背に手が出ない。
3R、久保は左ミドル。木村は飛び込んだところに久保はパンチを合わせダウンを追加。久保の左ハイで木村は左まぶたをカットし、ドクターチェックが入る。再開後、木村はパンチ連打を見せるが久保は組み付いて回避し追撃させず。2度ダウンを奪った久保が判定勝ち。

第4試合 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント一回戦 3分3R延長1R
〇塚越仁志
(K-1ジム・シルバーウルフ/第5代Krush-67kg王者) 判定3-0 
※29-28、29-28、29-27 ハン・ウェンバオ●
(中国/大東翔クラブ/CFP/2016年WLF-70kg級新人王)

第3試合 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント一回戦 3分3R延長1R
〇メルシック・バダザリアン
(アルメニア/Muay Thai America
Gym/WLF-67kg世界王者) 判定3-0 
※29-28、29-28、30-28 山際和希●
(谷山/Bigbangウェルター級王者)

第2試合 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント一回戦 3分3R延長1R
〇モハン・ドラゴン
(ネパール/士魂村上塾/MA日本スーパーライト級
王者) KO 1R2分15秒 渡部太基●
(Golden Globe/第4代Krush-67kg王者、WPMF日本ウェルター級王者)

第1試合 K-1 WORLD GP初代ウェルター級王座決定トーナメント・リザーブファイト 3分3R延長1R
〇牧平圭太
(HALEO TOP TEAM/第3代Krush -67kg王者) TKO 3R1分06秒 
※ドクターストップ KENJI●
(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

K-1カレッジ2017~大学生日本一決定トーナメント~ -65kg決勝戦 
2分3R延長1R
○佐野純平
(桜美林大学・4年) 判定3-0 
※30-29、30-28、30-28 半井 龍●
(旭川医科大学・3年)

K-1カレッジ2017~大学生日本一決定トーナメント~ -60kg決勝戦 
2分3R延長1R
〇内田道隆
(国士舘大学・4年)
判定3-0 
※29-28、30-27、29-27

下地 涼●
(拓殖大学・3年)
K-1カレッジ2017~大学生日本一決定トーナメント~ -55kg決勝戦2分3R延長1R
〇野村 優
(弘前大学・5年) 判定3-0 
※29-28、30-29、30-28 金塚聖矢●
(日本外国語専門学校・2年)

プレリミナリーファイト第2試合 K-1ウェルター級 3分3R
○平山 迅
(センチャイムエタイジム) KO 1R44秒 渡邊俊樹●
(優弥道場)

プレリミナリーファイト第1試合 K-1ヘビー級 3分3R
○古田太一
(ポルティファミリアジム) 判定2-0 
※30-29、29-29、30-29 訓 -NORI-●
(K-1ジム総本部チームペガサス)

■トーナメント制した久保優太が激戦振り返る
9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』の一夜明け会見が、19日(火)都内にて行われた。

「K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント」で優勝し、K-1初代ウェルター級王座に就いた久保優太(K-1ジム五反田チームキングス)が出席。


「昨日は興奮していてあまり眠れなかったんですが、朝目覚めたら夢だったのかなって心境で。でもベルトがあったから夢じゃないのと、トーナメントだったので身体がメチャクチャ痛い。特に首が痛いです。こういうトーナメントを制することが出来て、夢だったK-1の世界一を獲ることが出来て夢が叶いました」と、王者になった喜びを語った。


涙を流す後輩・木村(左)
 1回戦では、かつて同門だった木村“フィリップ”ミノル(ブラジル//Team Philip/GSA/WSR)と対戦。

「試合が始まったら行くしかないなって感じでした。それでも手数が少なくなったり、見合う場面が多かったり、なかなかやりづらかったですね。試合後、ミノル君が控室へ来てくれて、“絶対優勝してくださいね”と言われました。そこで人の夢を潰す、踏み台にしてしまったからには自分が責任をもってその分、結果を出さないといけないって感じました。ミノル君は気迫がありました。さすがです。パンチ一発一発が重いのは伝わりました。1Rの最初にもらったパンチとか効いたパンチがかなりあって。その時も倒す気だな、自分もやられるわけにはいかないって、そういう気持ちでした」


倒れた塚越(右)にさらにローを入れるなど、非情な一面も見せた
 準決勝では第5代Krush-67kg王者・塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ)と対戦。久保はKrush-67kgの初代王者であり、新級王者の対決となった。

「1回戦と違って私情はないので効いたところを徹底的に攻める、自分の戦い方を貫きました。イメージ通りと言うか、効いたと思ったので倒しに行きました。実力において1回戦のミノル君はトップの選手なので、彼を乗り越えることによって優勝できると思っていました。それだけ練習してきたし、懸けてきたので。自信は正直ありました。だから久しぶりに試合当日に怖くなりましたね。緊張感をもって出来たかなって思います」


笑う久保
 そして決勝では元MA日本スーパーライト級王者モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾)と対戦。

「パンチが重いですね。振り回してくるのと、かわしたつもりでも意外と肩が伸びてくるんです。そこはビックリした。1Rは全体的にリードしていて、2Rはもらってしまった場面もありましたがパンチは見えていたし、腹が効いていたのは分かっていました。2Rが終わった時点でセコンドからここで勝負をかけようという指示があったので行きました」


かつて世界最強と呼ばれた男が再び世界王者に
 他の選手よりもトーナメントの経験が多く、「そういう意味でも負けられない思いはあった」と久保。「今回はかなり練習しましたが、10代の頃と違って疲労がめっちゃ溜まるんです。筋肉痛は翌々日には治っていたのが、翌々日にも残っていて。ここ10戦くらい勝ったり負けたりやっていて久保はピークを過ぎた、終わったと言われていたので不安もありました。でもこれだけやってダメならしょうがないというくらい練習してきたので、リング上で思わず泣いてしまいました」と涙の理由を明かした。


 また、試合後のマイクで「おうちに帰ってプロポーズする」と告白した件については、「祝勝会に彼女も来てくれたんですが、そんな感じではなくなってしまって。サプライズみたいに(プロポーズ)してって言われました。だから改めてって感じで」と、プロポーズは延期になったと笑った。

■尊がワン・ジュングァン破り初防衛
フェザー級タイトル戦で、武尊(26)がワン・ジュングァン(22)を3-0の判定で下し、初防衛に成功した。



 初代ウエルター級王座決定トーナメントは、久保優太(29)が優勝した。



◆プレリミナリーファイト第1試合

K-1 ヘビー級 3分3ラウンド

○古田太一 判定(2-0) ×訓~NORI~



◆プレリミナリーファイト第2試合

K-1 スーパー・ウエルター級 3分3ラウンド

○平山迅 KO(1回44秒) ×渡辺俊樹



◆プレリミナリーファイト第3試合

K-1カレッジ2017~大学生日本一決定トーナメント~55キロ決勝戦 2分3ラウンド・延長1ラウンド

○野村優 判定(3-0) ×金塚聖矢



◆プレリミナリーファイト第4試合

K-1カレッジ2017~大学生日本一決定トーナメント~60キロ決勝戦 2分3ラウンド・延長1ラウンド

○内田道隆 判定(3-0) ×下地涼



◆プレリミナリーファイト第5試合

K-1カレッジ2017~大学生日本一決定トーナメント~65キロ決勝戦 2分3ラウンド・延長1ラウンド

○佐野純平 判定(3-0) ×半井龍



<開会式>



◆第1試合

K-1 WGP 初代ウエルター級級王座決定トーナメント・リザーブファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○牧平圭太 TKO(3回1分6秒) ×KENJI



◆第2試合

K-1 WGP 初代ウエルター級王座決定トーナメント・1回戦(1)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○モハン・ドラゴン KO(1回2分15秒) ×渡部太基



◆第3試合

K-1 WGP 初代ウエルター級王座決定トーナメント・1回戦(2)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○メルシック・バダザリアン 判定(3-0) ×山際和希



◆第4試合

K-1 WGP 初代ウエルター級王座決定トーナメント・1回戦(3)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○塚越仁志 判定(3-0) ×ハン・ウェンバオ



◆第5試合

K-1 WGP 初代ウエルター級王座決定トーナメント・1回戦(4)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○久保優太 判定(3-0) ×木村“フィリップ”ミノル



◆第6試合

K-1 スーパー・フェザー級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○皇治 判定(3-0) ×島野浩太朗



◆第7試合

K-1 スーパー・ウエルター級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○日菜太 判定(3-0) ×セルジオ・サンチェス



◆第8試合

K-1 スーパー・フェザー級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○卜部弘嵩 KO(2回2分51秒) ×山本真弘



<休憩>



◆第9試合

K-1 WGP 初代ウエルター級王座決定トーナメント・準決勝(1)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

※バダザリアン左肩負傷ドクターストップで山際が出場

○モハン・ドラゴン KO(2回2分58秒) ×山際和希



◆第10試合

K-1 WGP 初代ウエルター級王座決定トーナメント・準決勝(2)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○久保優太 KO(1回2分36秒) ×塚越仁志



◆第11試合

K-1 スーパー・バンタム級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○武居由樹 KO(3回1分10秒) ×伊沢波人(



◆第12試合

K-1 スーパー・フェザー級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○スタウロス・エグザコスティディス KO(1回2分41秒) ×大雅



◆第13試合

K-1 フェザー級タイトルマッチ

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○(王者)武尊 判定(3-0) ×(挑戦者)ワン・ジュングァン



◆第14試合

K-1 WGP 初代ウエルター級王座決定トーナメント・決勝

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○久保優太 判定(3-0) ×モハン・ドラゴン