RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND –秋の陣-


■RIZIN福岡大会PV
10月15日にマリンメッセ福岡で開催する『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND -秋の陣-』のCM動画です。


■RIZIN、那須川天心 vs. 藤田大和等5カードが追加発表
天心選手の対戦相手は、プロボクサーの清水聡選手(ロンドン五輪の銅メダルリスト)にも勝利を収めているマアチュア五冠王の藤田大和選手に決めました。キックの王者天心とボクシングの王者大和が、総合ルールでどんな闘いを観せるのか?この異次元マッチにご期待下さい

藤田大和(右2人目)は岡山・倉敷出身、92年8月13日生まれの25歳。父が極真空手出身で、長男の和典はプロボクシング元東洋太平洋暫定王者。次男の大和も空手の経験があり、アマボクシングの通算戦績は107勝27敗。09年に三男の健児とインターハイ初の兄弟優勝を果たす。大和は拓殖大学1年の11年にアマ全日本選手権で清水聡(ロンドン五輪銅メダル)にも勝利して優勝し、16年まで9年連続入賞。健児と共に東京五輪を目指していたが、昨年秋の全日本優勝を逃し、MMA転向を決め、今年3月に自衛隊体育学校を退官した。才賀紀左衛門、村田夏南子と同じリバーサルジム新宿Me,WeでMMAを練習し、パンクラスのアマ部門にあたるJMMAFの大会で2試合し、5月の初戦で腕十字で一本勝ち、6月の2戦目で判定勝ちしている。

 9月11日の記者会見でRIZINの榊原信行実行委員長は「紀左衛門から『とんでもない逸材が来た』と売り込みがあった」と参戦経緯を語り、MMA経験1年の那須川を当てることで「お互い不得意なものがある総合ルールで、どんな引き出しを2人が出すか。殴り合うのもよし、蹴り合うかもしれないし、ひょっとしたらグラウンドで極めあうかもしれないし、どんな作品にするか楽しみです」と、独特の化学反応を期待する。

  藤田はMMA転向の経緯について「小さい頃に総合をかじっていて、思い出してみて、楽しかったのが一番にあります。中学の時に週1・2でやっていました。今は総合しか考えられないです。ボクシングが盛り上がっていますけど、総合を盛り上げたいです」と語り、キックの経験についても「幼少の頃から極真空手をずっとやっていまして、中学の時はボクシングの試合が無くて、キックのアマの試合も出ていました。蹴りは大丈夫です」と話した。

 『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND –秋の陣-』で那須川天心 vs. 藤田大和が決定。

57kg契約 5分3R
那須川天心(TARGET/ISKAオリエンタル世界&RISEバンタム級(-55kg)王者)
藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We/アマボクシング全日本選手権’11バンタム級優勝)

RIZINバンタム級(61kg)トーナメント一回戦 5分3R
ムン・ジェフン [Moon Jae Hoon](韓国/オクタゴンジム)
ケビン・ペッシ [Kevin Petshi](フランス/スウェーデンSuperior Challengeバンタム級王者)

キックルール(肘無し) 51kg契約 3分3R
石井一成(東京KBA/元ムエタイTrue4Uフライ級王者)
政所 仁(魁塾/DEEP☆KICK -53kg級2位)

キックルール(肘無し) 62kg契約 3分3R
裕樹(ANCHOR GYM/元RISEスーパーライト(-65kg)級・ライト(-63kg)級・スーパーフェザー級(-60kg)王者)
ダルビッシュ黒木(KING EXCEED/RISEライト級(-63kg)11位)

キックルール(肘無し) 58.5kg契約 3分3R
RYOTA・RENSEIGYM(錬成塾/大和ライト級王者)
森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラ葛西/RISEフェザー級(-57.5kg)1位)

 他にも以上のカードが決定しています。これで13試合。真珠・野沢オークライヤーの試合も予定されているので全14試合でしょうか。

ムン・ジェフンは現在33歳の韓国人で戦績9勝9敗。ROAD FCを主戦場にしており日本人との対戦経験も豊富。佐藤将光、根津優太、朝倉海に勝利し、中原太陽に敗れています。ケビン・ペッシは現在27歳のフランス人で戦績12勝3敗。


■バンタム級グランプリ | ワイルドカードは川尻達也!
堀口恭司 VS 川尻達也のドリームカード実現なるか!?
RIZIN福岡大会、川尻達也が堀口恭司戦を目指し63キロ契約で出場


RIZIN 10月15日(日) マリンメッセ福岡大会でフェザー級(65.8kg)の川尻達也(T-BLOOD)が63kg契約で試合を行うことになった。
川尻は「狙うは堀口恭司の首一つ」と話し、RIZINバンタム級(61kg)トーナメントの12月29日の二回戦からのワイルドカード(シード)枠を狙っての減量で、今回は初来日のガブリエル・オリベイラ(ブラジル)と対戦する。
川尻は9月1日の会見で「狙うは堀口恭司の首一つ、それだけです。30代最後の1年で当たり前じゃつまらない。今ある常識をぶっ潰したい。ファンもワクワクする試合をするために、ジャパニーズMMAだからこそ組めるカードを考えたら、バンタム級で堀口恭司と戦うと面白いと思い、僕から榊原さんに挑戦させてほしいとお願いしました」と経緯を語り、「言葉だけだと説得力が無いので、7月30日のRIZINまでに61kgまで密かに体重を落として、その写真を榊原さんに見せました」ことを明かし、「今までの川尻達也を全て賭けて、オリベイラ選手にぶつけて、ファンや榊原さんに見せつけたい」と意気込みを語った。
ガブリエル・オリベイラは現在27歳のブラジル人で戦績9勝0敗4KO勝ち。身長173センチで171センチの川尻を上回っており、これまで主戦場にしていた階級も145ポンドと川尻と同じです。バンタム級トーナメントのワイルドカード枠に入るには必勝が義務付けられているわけではなく内容で判断するとのこと。


RIZINバンタム級(61kg)トーナメント一回戦 5分3R
石渡伸太郎(CAVE/パンクラス・バンタム級王者)
アクメド・ムサカエフ [Akhmed Musakaev](ロシア/ファイトナイト・グローバル)

RIZINバンタム級(61kg)トーナメント一回戦 5分3R
山本アーセン(KRAZY BEE)
マネル・ケイプ [Manel Kape](アンゴラ/ポルトガル/VSチーム)

RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦Aブロック 5分3R
RENA(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級(51kg)王者)
アンディ・ウィン(米国/カラテ・マフィア/元KOTC女子アトム級(47.6kg)王者)

RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦Aブロック 5分3R
山本美憂(KRAZY BEE)
アイリーン・リベラ [Irene Rivera](スペイン/セルダニョーラ・ファイトクラブ)

RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦Bブロック 5分3R
アリーシャ・ガルシア [Alyssa Garcia](米国/UWF USA)
マリア・オリベイラ [Maria Oliveira Mota](ブラジル/パラナ・バーリトゥード)

RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦Bブロック 5分3R
浅倉カンナ(パラエストラ松戸/DEEP JEWELS代表)
シルビア・ユスケビッチ [Sylwia Juskiewicz](ポーランド/士魂ロッズ)

※男子トーナメント二回戦は12月29日、男女準決勝・決勝は31日に、さいたまスーパーアリーナ大会で実施。男子の二回戦以降の組み合わせは未定。

63kg契約 5分3R
川尻達也(T-BLOOD)
ガブリエル・オリベイラ [Gabriel Leite de Oliveira](ブラジル/HEBROM FIGHT MMA)


グラップリングルール
桜庭和志(フリー)
ダン・ヘンダーソン(米国/チーム・クエスト)

これで8試合が決定。他には那須川天心、裕樹、石井一成、真珠・野沢オークライヤーが出場予定です。


■10.15 RIZIN福岡大会、那須川天心はMMAルールでの出場が決定
8月27日(日)『RISE WEST.8』(福岡県・アクロス福岡)にて”ダブル神童ドリームタッグ”の那須川天心&石井一成vs.裕樹のスペシャル エキシビジョンマッチ(3分1R)が行なわれた。
その後、榊原実行委員長がリングに上がり、那須川天心はRIZIN MMAルール、石井一成、裕樹はキックボクシングルールでの参戦決定を発表した。対戦相手は決定次第、改めて発表となる。



■RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント出場者は浅倉カンナに決定
第6試合 メインイベント RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント出場者決定戦 49kg契約 5分3R
×石岡沙織(禅道会/48.8kg)
○浅倉カンナ(パラエストラ松戸/48.8kg)
判定0-3 (小池=浅倉/梅木=浅倉/福田=浅倉)

第5試合 セミファイナル アトム級(47.6kg)(肘有り) 5分3R
○富松恵美(パラエストラ松戸/47.4kg)
×SARAMI(パンクラスイズム横浜/47.6kg)
判定2-1 (小池=富松/芹沢=SARAMI/福田=富松)

第4試合 58kg契約 5分2R
○杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We/57.5kg)
×空手こまち(武心会/J-GIRLSフェザー級(57.15kg)1位/57.9kg)
1R 4’58” 腕ひしぎ十字固め

第3試合 アトム級 5分2R
×古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY/46.5kg)
○齋藤裕子(暁道場/全日本アマ修斗選手権’16女子フライ級(52.2kg)優勝/47.5kg)
1R 3’38” TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第2試合 アマチュア アトム級 3分2R
○山崎桃子(CRAZY ARMAMENT/43.6kg)
×リオン(トライフォース/46.3kg)
1R 1’30” TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)

第1試合 アマチュア アトム級 3分2R
×宗田智美(HIDE’S KICK!/47.3kg)
○モモ(空手道白心会/当日計量)
判定0-3

8月26日に新宿FACEで開催された『DEEP JEWELS 17』の試合結果。メインイベントは浅倉カンナが石岡沙織に判定勝ちし10月15日のRIZIN女子スーパーアトム級トーナメントへの出場権を獲得しています。

■RIZINが都内にあるスカパー!社内で10月15日に福岡で開催する『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND –秋の陣-』の記者会見を行い追加カードを発表












RIZIN 女子MMA トーナメントルール(49.0kg) 5分3R / インターバル60秒
女子スーパーアトム級 トーナメント 1回戦
山本美憂vsアイリーン・リベラ

山本美憂と対戦するアイリーン・リベラは現在24歳のスペイン人。MMA戦績6勝4敗。TUF 23に参加しましたが、合宿所入りを懸けた初日の試合でケイト・ジャクソンに2R TKO負けしています。非公式とは言えこの試合が交通事故からの復帰戦でその後も連敗。今回は10ヶ月ぶりの試合です。


RIZIN 女子MMA トーナメントルール(49.0kg) 5分3R / インターバル60秒
女子スーパーアトム級 トーナメント 1回戦
アリーシャ・ガルシアvsマリア・オリベイラ
外国人同士の対戦となるアリーシャ・ガルシア vs. マリア・オリベイラですが、ガルシアは昨年末の『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND』で浅倉カンナに判定勝ちしています。その後はアメリカで2試合しており1勝1敗。マリア・オリベイラは20歳のブラジル人。プロキャリア2年ですが戦績9勝2敗とハイペースで試合をしています。


RIZIN 女子MMA トーナメントルール(49.0kg) 5分3R / インターバル60秒
女子スーパーアトム級 トーナメント 1回戦
8.26DEEP JEWELSでの石岡沙織vs浅倉カンナの勝者 vsシルビア・ユスケビッチ
石岡沙織 vs. 浅倉カンナの勝者と対戦するシルビア・ユスケビッチは現在22歳(試合時は23歳)のポーランド人で戦績6勝4敗。現在4連勝中です。

RIZIN トーナメントルール(61.0kg) 5分3R / インターバル60秒
バンタム級 トーナメント 1回戦
山本アーセンvsマネル・ケイプ

山本アーセンと対戦するマネル・ケープは現在23歳のポルトガル人。戦績6勝1敗ですが最後に試合をしたのは2015年4月。また、本来の階級はフライ級のようです。

RIZIN トーナメントルール(61.0kg) 5分3R / インターバル60秒
バンタム級 トーナメント 1回戦
石渡伸太郎vsアクメド・ムサカエフ

ムサカエフはサンボをバックボーンに持ちながらも破壊力抜群の打撃で快進撃を続ける、5戦無敗の選手。そのファイトスタイルはロシアが生んだ最強皇帝エメリヤーエンコ・ヒョードルを彷彿とさせ、彼の所属する『Fight Night Global』のCEOカミル氏が「このトーナメントに本当に彼を出して良いのか?全員ぶっ倒して簡単に優勝するぞ」と心配する程の強さだという。まさに、ロシア幻想を再びファンに抱かせる未知の強豪。
ビデオメッセージでは「MMAファンのみなさん私はロシア出身のRIZINファイター、アクメド・ムサカエフです。私はスーパースターになるために日本に行きます。私がRIZINのグランプリで優勝するところを見届けて下さい」と自信満々にコメント。
石渡は「大みそか、決勝で堀口選手にリベンジするための1回戦です。きっちり勝ち上がります」とコメント。

〈発表済み対戦カード〉
RIZIN 女子MMA トーナメントルール(49.0kg) 5分3R / インターバル60秒
女子スーパーアトム級 トーナメント 1回戦
RENAvsアンディ・ウィン


RIZIN グラップリングルール
桜庭和志vsダン・ヘンダーソン


〈出場予定選手〉
川尻達也、那須川天心、真珠・野沢オークライヤー



■ポスターが完成。
福岡の街を背景した「RIZIN 2017 in FUKUOKA -秋の陣-」 ポスターが完成しました!


RENAの後ろに桜庭和志とダン・ヘンダーソン!
RIZIN 2017 in FUKUOKA Aki no Jin poster is revealed! It was created with the Fukuoka city’s image.


■10.15 | RIZIN 女子GP1回戦 | RENA vs. アンディ・ウィンが決定
10.15女子GP1回戦 RENA選手の対戦相手はアンディ・ウィン選手に決定!
RENA’s opponent for woman’s GP 1st R is Andy Nguyen!

RENA選手のグランプリ1回戦の対戦相手は、アンディ・ウィン選手に決まりました!KOTC王者でもあるアンディ選手は、間違い無く強敵です。1回戦からアンディ選手と闘う事を選択したRENA選手からは、グランプリへの覚悟と自信が伺えますね。ご期待ください。

RIZIN 10月15日(日) マリンメッセ福岡大会でのRENAの女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦の相手が、アンディ・ウィン(米国/KOTC女子アトム級(47.6kg)王者)に決まった。ウィンは昨年大晦日のRIZINで初来日し、山本美憂に1R腕十字で一本勝ちしている選手。RENAは「打撃で負ける気はしないし、寝技も負ける気はしない」と自信たっぷりに語った。

 ウィンはその後、昨年5月に一度判定負けしているBi Nguyenと、5月のKOTCの王座防衛戦で再戦し判定3-0でリベンジ。8月12日のKOTCでも2度目の防衛戦を控え、積極的に試合をこなしている。


アンディ・ウィン選手は、昨年末のRIZINの舞台で山本美憂選手に勝利した事で大きな自信を得た様です。現在3連勝中の彼女は、女子のMMA競技会では最高額の賞金がかかるRIZIN GPで優勝し、母親に親孝行したいという大きなモチベーションもあるようです。


■対戦カード
女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦 5分3R
RENA(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級(51kg)王者)
アンディ・ウィン(米国/カラテ・マフィア/KOTC女子アトム級(47.6kg)王者)

RIZINグラップリングルール
桜庭和志(フリー)
ダン・ヘンダーソン(米国/チーム・クエスト)

出場予定選手

石渡伸太郎(CAVE/パンクラス・バンタム級王者)※バンタム級(61kg)トーナメント出場
川尻達也(T-BLOOD)
那須川天心(TARGET/ISKAオリエンタル世界&RISEバンタム級(-55kg)王者)
山本美憂(KRAZY BEE)
山本アーセン(KRAZY BEE)
真珠・野沢オークライヤー(米国/フリー)
8.26 DEEP JEWELS 石岡沙織(禅道会)vs. 浅倉カンナ(パラエストラ松戸)の勝者 ※女子スーパーアトム級トーナメント出場

 現在以上のカード、出場予定選手が決定しています。


RIZINの、そして日本ジョシカクのエースでもあるRENA選手のRIZINグランプリ初代王者奪取に向けた闘いが始まります。ジョシカク界での絶対的な地位を賭けた闘いでもあり、ここまでの彼女の格闘技人生を賭けた闘いでもあります。ぜひ見届けて下さい!


8月26日(土)新宿FACEで開催されるDEEP JEWELSは今までとは違う緊張感に包まれると思います。賞金総額1,000万円が懸った、RENA選手が待つRIZINグランプリの出場権を賭けて石岡沙織選手と浅倉カンナ選手が激突します。文字通りサドンデスな一戦は必見の価値有りです。