WBC | ルイス・ネリを聴取し徹底調査


WBC(世界ボクシング評議会)は12日(日本時間13日)、元バンタム級王者山中慎介(35=帝拳)と対戦した1日の同級タイトルマッチで体重超過のために王座剥奪となった前王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)を同日までに聴取したと発表した。WBCは既に無期限資格停止の処分を科し、日本ボクシングコミッション(JBC)は日本でのボクシング活動を永久に停止させると発表している。
試合はネリが2回TKO勝ちし、敗れた山中が引退を表明したが、コンディション面での理不尽な差は大きく、王座剥脱覚悟だったとも取られかねないその姿勢に大きな批判が集まっていた。ネリは前回対戦で山中から王座を奪った後の昨年8月下旬にも、ドーピング検査で陽性反応を示したことが判明していた。
発表された声明では、WBCのマウリシオ・スライマン会長が体重超過問題を徹底的に調査すると宣言。いかさままがいのトレーナーやフィジカルトレーナーによる安全ではない練習方法への注意喚起を促し、ネリが実践していた「水分過剰」による減量方法についても言及。7キロの水に加えて特別な「ミルクシェイク」を一気に摂取するような減量法が、ネリをつぶしてしまったと指摘した。同会長は「第三者による不確かな提案を進んで受け入れるようなボクサーは、ボクサーとしてふさわしくなく、リスクにさらされる。この問題については調査していきたい」とコメントした。


■ネリのファイトマネー7割凍結
ボクシングの元WBC世界バンタム級王者山中慎介(35=帝拳)の引退試合に禍根を残した前王者ルイス・ネリ(メキシコ)のファイトマネーが一部凍結されることになった。2日に帝拳ジムの本田明彦会長(70)が、「WBCから、すでに払った30%分の残りの70%の支払いを待つように連絡があった」と明かした。
ネリは同級タイトルマッチの前日計量で大幅な体重超過を犯し、はかりの上で王座を剥奪されていた。減量苦の有無による山中と体調面の差も大きく、1日の試合は2回TKO勝ちしたが、王座は空位となり、失態に批判が集中していた。WBCは計量失格のペナルティーを今後決定し、資格停止の処分を下す見込み。ファイトマネーの処分も含まれる可能性があり、凍結はそれまでの措置となる。国内の世界戦では、対戦相手が失格しても満額は支払われるケースが主だった。
日本歴代2位の世界戦12連続防衛を果たし、「神の左」の愛称でも親しまれた山中。そのラストファイトに影を落としたネリ。この日、国内の統括機関であるJBC(日本ボクシングコミッション)には、意見や抗議の電話が殺到した。「しっかりWBCに意見してほしい」「なぜ試合を行ったのか」など、夕方までに50件以上が寄せられた。


■本田会長「追放してほしい」
ボクシングの前WBC世界バンタム級王者山中慎介(35=帝拳)の雪辱戦に、想定外の困難が襲いかかった。昨年8月にV13を阻まれた王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)との世界戦は今日3月1日に両国国技館で挙行されるが、2月28日の都内での前日計量で、ネリが大幅な体重超過。その場で王座剥奪となり、山中が勝てば王座復帰、負けか引き分けなら空位となる。
山中の所属する帝拳ジムの本田会長は「こういう選手は追放してほしい」と強い口調で言った。減量が思うように進まない場合、剥奪覚悟で重め残しにするケースが、国外では目立つ。その場合の処罰などは各統括団体では甘く、試合をすればファイトマネーなども全額もらえるのが慣例となっている。「ルールで厳しく決めてもらわないと」と求めた。


■ただ勝つために来た確信犯
元王者山中慎介(35=帝拳)が前日計量の大幅な体重超過で王座を剥奪された前王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)と、因縁の再戦に臨んだが2回TKO負け。2回までに4度のダウンを奪われ、昨年8月にV13を阻まれた雪辱を果たせなかった。試合後に「これで終わりにします」と述べ、神の左と称された左拳を武器に5年9カ月にわたり世界王者であり続けたボクサー人生に終わりを告げた。

<ボクシング関係者の声>
川島郭志氏(元世界WBAスーパーフライ級王者)「ジャブで倒し、体重ハンディがそのまま出た。ネリは元気いっぱいで、余裕を持って臨んでいた。1時間程度で再計量して1キロ落ちるとは、本気で絞っていない。ただ勝つために来た確信犯では。体を削ってやってきた山中がかわいそうで気の毒。結果がすべてとはいえ、ボクもショック。ボクシングは細かい階級があってのもの。ペナルティーを与えるなどは当然のことにしてほしい」
具志堅用高氏(元WBA世界ライトフライ級王者)「右ジャブがストレートのようで、最初のダウンで効いてしまった。ネリは体が元に戻っていた。ちゃんと計量をパスしないと。あんな体重オーバーは、残念というよりありえない」
日本ボクシングコミッションの安河内剛事務局長 「階級制の競技で体重という前提が崩れてしまうと、ボクシングの存在自体が危うくなる。WBCと話し合いをしていきたい」
岩佐亮佑(IBF世界スーパーバンタム級王者)「ショック。悔しい。気持ちの悪い負け。そもそも成立しない試合。あんなのでよく喜べると思う。どんな神経しているのか。ネリは一番尊敬できないボクサー」


■ネリに「帰れ」
前王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)が、挑戦者の山中慎介(35=帝拳)を2回TKOで退けた。
2度の前日計量でリミット53・5キロを下回れず、王座を剥奪。当日の午後0時に58キロのリミットで計量が課せられ、57・5キロでようやくクリアした。そして「60キロで上がった」というリングで山中を破った。試合後、喜ぶネリ陣営には「早く帰れ!」と客席から怒号が飛んだ。引き揚げた控室では「オレたちはやったぞ」と大合唱。試合の映像を念入りに見返し「無敗記録を守れた。チャンピオンの座を失ったことは残念だが、勝てば再び戻ることができる」と勝利の喜びに浸った。
物議を醸したウエートオーバーについて、まさかの持論も展開した。「初めての減量法で体が弱っていくのを感じていた。(当日計量後の)今日の正午から試合までの間に(ようやく)ちゃんと食べることができた。正午までは取りたい食事を取ることができなかった。そういった意味では山中選手は1回の(前日)計量でパスして、それからずっと体を回復させることができた。今回のフィジカル面でのメリットは山中選手にあったと思っている」と強弁。山中への気持ちを問われ「山中選手に対してというより、自分が今回使った減量方法がうまくいかなかったことは申し訳なかったと思っている」と答えた後「山中選手にも(申し訳ない気持ちが)あります」と付け加えるように言った。
「日本人は親切だし、食事も大変口に合う。また日本で試合をしたい。今回のミスは2度と繰り返さない」と真顔で締めくくった。