銀魂 | 神楽のオマージュ


◆映画「銀魂」予告映像で高まるファンの期待
2017年4月24日(月)に映画「銀魂」の予告映像が解禁された。独特な世界観や迫力のアクションシーンが再現され、ファンからは「ワクワク感凄い!テンション上がってきた!」と期待の声が上がっている。

 同映像では冒頭から宇宙船が飛び交い、高層ビルが立ち並ぶ江戸の町の映像が映し出される。その後は、新八の「その男は、侍と呼ぶにはあまりにも荒々しく、チンピラというにはあまりにまっすぐな目をした男だった」という言葉と共に、銀時と新八の出会いの場面が登場し、続々と各キャラクターの動画が短く挿入されていく。

 さらに、銀時と怪しく光る刀を手にした男が月に照らされる中、激しく剣を交える迫力あるアクションシーンも登場。これには「想像以上のクオリティで思わず笑っちゃったwww これは期待しかない!」「各キャラクターの魅せ方がにくい! 一瞬だけどちゃんとキャラの特徴拾ってる!」「菜々緒ちゃんの“また子”めっちゃかわいいやん!」との声が続出。

 また今回の予告動画にはナレーションにも注目が集まった。動画内では「笑って泣いて熱くなる! 天下無敵の痛快アクションエンターテインメント!」と熱いナレーションが挿入されているのだが、この声を担当しているのは人気声優の立木文彦。立木はアニメ「銀魂」で、“マダオ”の愛称でお馴染みの人気キャラクター・長谷川泰三の声優を務めてきた。そのことからファンの間では「ナレーションがマダオwww 制作スタッフわかってるな!」「やっぱり『銀魂』には立木さんの声がなくっちゃね!」との喜びの声が上がっている。

 ちなみに4月24日(月)には、映画のキャスト陣が凛々しい姿を見せているWEB版ポスターも解禁となった。こちらもファンから「みんな“キメ顔”で映ってて良い絵になってる!」「こうしてまじまじと見ると改めてキャラの再現度高いな」と好評。2017年7月14日(金)の映画公開に向けて、ファンの期待は高まるばかりだ。

◆銀魂
SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。空知はこの作品の属性を「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現している。
あらすじ[編集]
江戸時代末期、「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人達が襲来した。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発。数多くの侍・攘夷志士が天人との戦争に参加した。しかし天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府は、天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。そして幕府は天人による傀儡政権となり、天人達が我が物顔で江戸の街を闊歩するようになった。一方で国・主君のために天人と戦った攘夷志士達は弾圧の対象となり、他の侍達もその多くが廃刀令によって刀を失い、力を奪われていった。
天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りの志村新八は剣術を生かす道も無く、意に沿わないアルバイトで姉である志村妙と生計を立てていた。そんな新八の前に風変わりな一人の侍が現れる。未だに変わらない侍魂を持った青年、その名も坂田銀時。銀時の男気に惹かれた新八は、侍の魂を学ぶために彼の営業する万事屋で働き出す。やがて万事屋には、戦闘種族である夜兎族の神楽・巨大犬の定春などが転がり込んでくる。
そして万事屋ゆえに江戸のあらゆる依頼事に首を突っ込むようになった銀時達は、江戸の治安を預かる真選組・かつて銀時の盟友であった侍達等、様々な人間達と関わり合っていく事になる。



■映画「銀魂」
公開日:2017年7月14日(金)
原作:空知英秋
脚本・監督:福田雄一
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、岡田将生、新井浩文、佐藤二朗、菜々緒 ほか
製作:「銀魂」製作委員会
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/