「コーランに書かれているあまり知られていないヤバいお話」海外の反応


Comment by FastCurrency

コーランに書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?


reddit.com/r/AskReddit/comments/8l8f2i/whats_the_most_insane_story_in_the_quran_that/
※コーランの訳は「日亜対訳・注解 聖クルアーン(第6刷)」から引用したものです。



Comment by Pancakesandvodka 5198 ポイント

コーランでは「ジン(火で出来てる)」についてしっかりと語られてる。

ジンも人間と同じように人生を生きて、そいつらが天国に行くためには良いジンでないといけない。

 Comment by loveisascam 178 ポイント

 ↑詳細を知れるリンクとか貼ってくれない?

  Comment by cuttlepuppet 381 ポイント

  ↑僕は大学で天使、悪魔、ジンについて講義してる。

  これなんか入門としては丁度良いよ。二章からね。
  https://muse.jhu.edu/book/12956

 Comment by Shadow_Of_ 56 ポイント

 ↑ジンと人間が交流できないのは差別が起きないようにするためだろうな。

 俺達が肌の違う人間をどんな風に取扱ってるか見てみると良い。

 Comment by MayMeiMaiMae 34 ポイント

 ↑二体のジンの議論が熱の入ったものになったら、「炎上(flame war)」するのかな?

 ※英語圏ではネット上で「炎上」することを「flame war」と呼びます。

 Comment by WaveDysfunction 17 ポイント

 ↑イスラム教徒なら誰だって世界中のちょっとした現象はジンによるものだって話を山ほど聞いたことがある。

 少なくともうちらの母親はそうだった・・・

ジン(アラビア語: جن‎, ラテン文字転写: jinn、英仏 jinn, djin,日本語の翻訳のクルアーンの漢字:幽精、妖霊)とは、アラブ世界で人にあらざる存在であり、なおかつ人のように思考力をもつとみなされる存在、すなわち精霊や妖怪、魔人など一群の超自然的な生き物の総称である。

イスラーム以前からいわば俗信としてアラブ人に信じられてきた[3][4]が、イスラム以降、クルアーンがその存在を否定せずに認めているため、神学などで盛んに論じられるようになった。一般的には千夜一夜物語(アラジンと魔法のランプ)に登場するランプの精が有名である。

人間に善人と悪人がいるように、ジンにも善人と悪人、ムスリムと非ムスリムがおり、人間と同様に救いを受けるものとジャハンナム(英語版)(地獄)に落ちるものがいる。

ジン (アラブ)


Comment by Byzantium 650 ポイント

アル・ヒドルがモーセに「自分がすることに疑問を持たないように、そうすれば知恵を得る」といった話。

二人は少年と出会ったけど、アル・ヒドルは即座にその男の子を殺した(伝承ではアル・ヒドルは男の子の頭を吹き飛ばした)

モーセは「何でそんなことをしたんだ!?」って感じになったんだけどアル・ヒドルは「疑問を持たないように言ったはずだ」と答えた。

それからアル・ヒドルが説明することにはその少年は成長したら両親に刃向うことになり、彼が死ねば両親は別の子供を産み、その子は良い人間に成長することになるとのこと。

73.かれ(ムーサー)は言った。「わたしが忘れたことを責めないで下さい。また事を、難しくして悩ませないで下さい。」
74.それから2人は歩き出して、一人の男の子に出会ったが、するとかれはこれを殺してしまった。かれ(ムーサー)は言った。「あなたは、人を殺した訳でもない、罪もない人を殺されたのか。本当にあなたは、(且つて聞いたこともない)惨いことをしたものです。」
75.かれは答えて言った。「あなたは、わたしと一緒には耐えられないと、告げなかったか。」
76.かれ(ムーサー)は言った。「今後わたしが、何かに就いてあなたに尋ねたならば、わたしを道連れにしないで下さい。(既に)あなたはわたしからの御許しの願いを、(凡て)御受け入れ下さいました。」

80.男の子に就いていえば、かれの両親は信者であったが、わたしたちは、かれの反抗と不信心が、両親に累を及ぼすことを恐れたのである。
81.それでわたしたちは、主がかれよりも優れた性質の、純潔でもっと孝行な(息子)を、かれら両人のために授けるよう願ったのである。

洞窟章(アル・カハフ) マッカ啓示110節


Comment by Th3Hitman 1220 ポイント

「Zulqarnain(Dhul-Qarnayn)」の話。世の中にはこれはアレキサンダー大王だって主張してる人もいる。
https://en.wikipedia.org/wiki/Dhul-Qarnayn

これは偉大なる指導者がとある場所を訪れた時の話で、そこの人達は「YakjujとMakjuj」もしくは「GogとMagog」と呼ばれる部族によって弾圧されていた。

その人たちはZulqarnainにその弾圧者と自分たちを分離できるように壁を作ってくれるように願う。

それから彼は鉄と銅で出来た壁を山の間に作った。

黙示録の前にはその壁が崩壊して「YakjujとMakjuj」が出てきて、世界中を破壊すると信じられている。

 Comment by Exoma 275 ポイント

 ↑アレキサンダー大王というよりはキュロス2世っぽいな。

 Comment by barrbill 1 ポイント

 ↑あー、トランプはここからインスピレーションを得たのか。

93.かれが2つの山の間に来た時、かれはその麓に凡んど言葉を解しない一種族を見付けた。
94.かれらは言った。「ズ・ル・カルナインよ、ヤァジュ―ジュとマァジュージュが、この国で悪を働いています。それでわたしたちは税を納めますから、防壁を築いて下さいませんか。」
95.かれは(答えて)言った。「主がわたしに授けられた(力)は、(この種族よりも)優れている。それであなたがたが、力技で助けてくれるならば、わたしはあなたがたとかれらとの間に防壁を築こう。
96.鉄の塊りをわたしの所に持って来なさい。」やがて2つの山の間の空地が満たされた時、かれは言った。「吹け。それが火になるまで。」(また)かれは言った。「溶けた銅を持って来てその上に注げ。」
97.それでかれら(外敵)は、それに登ることも出来ず、またそれに穴を掘ることも出来なかった。
98.かれは言った。「これは、わたしの主からの御慈悲である。しかし主の約束がやって来る時、かれはそれを粉々にされよう。わたしの主の御約束は真実である。」

洞窟章(アル・カハフ) マッカ啓示110節


キュロス2世(古代ペルシャ語: 𐎤𐎢𐎽𐎢𐏁 Kuruš、古代ギリシア語: Κῦρος キューロス、ペルシア語: کوروش‎、紀元前600年頃 - 紀元前529年)は、アケメネス朝ペルシアの初代国王(諸王の王:紀元前550年 - 紀元前529年)。古代エジプトを除く全ての古代オリエント諸国を統一して空前の大帝国を建設した。現代のイラン人は、キュロスをイランの建国者と称えている。

キュロス2世


Comment by Alveck93 3268 ポイント

聖書には喋るロバがいるけど、コーランにはとっても賢い蟻たちがいる。

コーラン[27-18]:「やがて蟻の谷に来た時、一匹の蟻が言った。「蟻たちよ、自分の住みかに入れ。スライマーンとその軍勢が、それと知らずにあなたがたを踏み躙らないよう。」」

 Comment by FlokiTrainer 3 ポイント

 ↑「蟻のための板」でどうぞ。

 ※以下は「蟻のための板」に貼られていた画像です。
 MHkG8zz79rvipP_U
 「注文する前にサイズを確認しよう・・・」

 Comment by happygrizzly 1 ポイント

 ↑預言者のムハンマドは喋るロバを飼ってたぞ。コーランには書いてないけど。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Ya%60f%C5%ABr

 Comment by ChetRipley 1 ポイント

 ↑誰か「これは聖書?コーラン?それともハリー・ポッター?」クイズを作るべき。

 大半の人が頭悩ませることになるはず。

 Comment by w0mba7 1 ポイント

 ↑喋るロバは可愛いけど、コーランではムハンマドは「Buraq」っていう名前の魔法の空飛ぶロバを所有してる。

 これはBuraqについて説明しているウィキペディアの記事。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Buraq

18.やがて蟻の谷に来た時、一匹の蟻が言った。「蟻たちよ、自分の住みかに入れ。スライマーンとその軍勢が、それと知らずにあなたがたを踏み躙らないよう。」

蟻章(アン・ナムル) マッカ啓示93節


Comment by FivePillars114 1021 ポイント

ムハンマドに贈られたコーラン以前の、アブラハムに贈られた聖書、ダビデに贈られた詩篇、モーセに贈られたトーラー、イエス・キリストに贈られた福音書がどれも同じ神から送られた本だということを信じない限りイスラム教徒はイスラム教徒として認められないということ。

コーランにはいくつかそれに言及してる箇所がある。

 Comment by Salpatero 70 ポイント

 ↑うちらは学校(イスラム教育)でそう教わってて、そういう聖なる書は信じるものではあるけど内容が変更されていると考えられている。

 コーランだけが原形のままで、それは神自身がそれを守っていたからだと信じている。

  Comment by HarshWarhammerCritic 14 ポイント

  ↑コーランで神の言葉を書き換えることはできないって書かれてる文章とそれどうやって整合性をとるわけ?

  家畜章の6:34や6:115ではそう書かれてるでしょ。

  ヘブライやキリストの聖書も神の言葉で書かれているのならそっちだって書き換えることはできないはずじゃないか?

   Comment by Salpatero 4 ポイント

   ↑それは良い指摘だね。今まで「神の言葉」というのを無意識のうちにコーランと結び付けていたから今まで考えつきもしなかった。

   僕はその事についてははっきりしたことは言えない(イスラム教についてそこまで詳しい知識が無い)

   Comment by lee1026 1 ポイント

   ↑それはキリスト教の聖書は神の言葉によるものでは「ない」から

   コーランでは福音書は神がイエス・キリストに示したもので「インジール」と呼ばれてるけど、これは失われたと信じられている。

   イスラム教の伝統では(コーランではないけど)、一般的には「インジール」は今日の聖書に含まれている福音四書とは違うと言われてる。

トーラー(ヘブライ語: תּוֹרָה‎、英語: Torah)は、ユダヤ教の聖書(タナハ)における最初の「モーセ五書」のこと。また、それに関する注釈を加えてユダヤ教の教え全体を指す場合もある。

トーラー


34.あなた以前にも、使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで、かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は、既にあなたに伝えられたのである。

115.あなたの主の言葉は、真実公正に完成された。誰もかれの言葉を変えることは出来ない。かれは全聴にして全知であられる。

家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節


ムスリムはしばしば誤解されるようにクルアーンのみを啓典としているわけではない。インジールも啓典のひとつとしている。しかし、啓典ではあっても原典は現存しておらず、キリスト教各派によって異同があることから、神の言葉をそのまま写し取ったものではないと考えており、神の言葉を啓示されたそのままに伝えるクルアーンに比べて劣ったものと見なす傾向がある。

インジール


Comment by Edymnion 18 ポイント

>>「言え、「わたしたちはアッラーを信じ、わたしたちに下されたものを信じ、またイブラーヒーム、イスマーイール、イスハーク、ヤアコーブおよび諸支族に下されたものを信じ、またムーサーとイーサーと(その他の)預言者たちに主から授かったものを信じます。わたしたちはかれら(預言者たち)の間に、どんな差別もしません。わたしたちは、只かれに服従、帰依します。」」

コーランでユダヤ人やキリスト教徒を兄弟と呼んでいるのを知ると衝撃を受ける人が多い。

ヘイトをまき散らす馬鹿が言っていることを信じる連中が多すぎる、自分で実際に読みもしないし、更にはそれをイスラム教徒に直接言ったりとか。

イムラーン家章 マディーナ啓示 200節


Comment by foxymcfox 11 ポイント

イエス・キリストの母であるマリアについての書がコーランの中にはある

 Comment by ImmuneToBleach 8 ポイント

 ↑書じゃなくて章な。(19章だったはず)

 あと3章でもマリアの家族について書かれている。

17.かの女はかれらから(身をさえぎる)幕を垂れた。その時われはわが聖霊(ジブリール)を遣わした。かれは1人の立派な人間の姿でかの女の前に現われた。
18.かの女は言った。「あなた(ジブリール)に対して慈悲深き御方の御加護を祈ります。もしあなたが、主を畏れておられるならば(わたしに近寄らないで下さい)。」
19.かれは言った。「わたしは、あなたの主から遣わされた使徒に過ぎない。清純な息子をあなたに授ける(知らせの)ために。」
20.かの女は言った。「未だ且つて、誰もわたしに触れません。またわたしは不貞でもありません。どうしてわたしに息子がありましょう。」
21.かれ(天使)は言った。「そうであろう。(だが)あなたの主は仰せられる。『それはわれにとっては容易なことである。それでかれ(息子)を人びとへの印となし、またわれからの慈悲とするためである。(これは既に)アッラーの御命令があったことである。』」
22.こうして、かの女はかれ(息子)を妊娠したので、遠い所に引き籠った。

マルヤム章 マッカ啓示98節


Comment by ancientkillerX 4 ポイント

これのヒンドゥー教版のスレッドも立ててくれないかな?

 Comment by thunder_c0ck 0 ポイント

 ↑おいやめろ。イスラム教徒とキリスト教徒を勝手に喧嘩させておけ。


Comment by Nocookin 3 ポイント

コーランのアル・カハフ9~26で取り上げられている七人の眠った人についての話。

イスラム教徒の解釈としては、とある男性の集団が自分たちの村の人間からの迫害から逃れるために洞窟にやってきて、入口を大きな石で塞いだ。

その中には彼らに忠実な犬もいた。彼らは眠ってそれからしばらくの時間が流れた。

その人達が起きると、男性の中の一人が仲間たちのために食料を買いにでかけ、その男性は周りの変化に困惑したものの村が違うことによる文化の違いだろうと肩をすくめた。

そして彼が食料を買うために硬貨で支払おうとしたらその通貨の受け取りを拒否されたこと、そしてその通貨が既に使われなくなってから300年以上経っていることにショックを受けた。

彼は洞窟に戻ったがそこで見つけたのは友人や犬が骨だけになっている姿だった。そして彼も死に、塵となった。

これは年配の人が何度も何度も語っていることだから原型とは違いがあるかもしれないってことに注意が必要。

これがそれについてのウィキペディアの記事ね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Seven_Sleepers

19.こんな(状態の所)に、われはかれらを(眠りから)覚して、互いに問わさせた。一人が言った。「あなたがたは(ここに)どれ位滞在したのですか。」するとかれらは、「わたしたちは一日か、一日足らずの滞在です。」と(答えて)言った。(しばらくしてまた)言った。「アッラーはあなたがたが滞留したことを最もよく知っておられます。さあ、この銭を持って一人を町にやり、そこで最も清い食べ物を持っている者を見つけて、そこから食料をあなたがたに持って来させよう。かれには慎重に振る舞わせて、あなたがたのことを誰にも気付かせてはならない。

25.さて、かれらが洞窟に滞留したのは、3百と9年であった。
26.言ってやるがいい。「かれらが、どれ程長く滞留したか、アッラーが最もよく知っておられる。かれに、天と地の幽玄界は属する。何とかれはよく御存知であられ、またよく御聞きになることよ。かれら(言い争っている人びと)には、(結局)かれの外にはどんな保護者もなく、また何ものも、かれの大権に参与しないのである。」

洞窟章(アル・カハフ) マッカ啓示110節


Comment by JARKOP 22 ポイント

一番頭おかしいのは2018年にもなってコーランに書かれてあることを全部信じるような人間がいることだろ。

 Comment by LuffyTheAstronaut 1 ポイント

 ↑これと同じような感じを以前どこかで感じたような。


Comment by zouinenoah29 6 ポイント

妻が自分に従わない場合従うようになるまで殴り続ける権利があるって話。


Comment by Draegoth_ 2 ポイント

遠慮するわ。お前の空想上の友人についての二次創作はお前が勝手に保っておけばいい。


Comment by Niploooo 2875 ポイント

俺は人々がムハンマドを真の預言者だと信じなかったから月を半分に割ったって話が好き。
https://en.wikipedia.org/wiki/Splitting_of_the_moon

 Comment by SirMLKala 116 ポイント

 ↑イエス・キリストなら月を四分割に出来るはず。

  Comment by Vic_Hedges 92 ポイント

  ↑三分割だろ。絶対三分割だって。

 Comment by RamRamone 3 ポイント

 ↑変だな。俺のイスラム教徒の友人によればムハンマドはコーランを生み出した以外の奇跡は何も起こしてないって言ってたが。

  Comment by Okay965 3 ポイント

  ↑これコーランの話じゃないよ。

  実際、ムハンマドは人々から預言者という証拠を示すように求められてもコーランを生み出す以外の驚異的なことは何一つやってない。

  コーランではムハンマドは単なる人間でしかないってことをはっきりと何度も書いてる。

1.時は近づき、月は微塵に裂けた。
2.かれらは仮令印を見ても、背き去って、「これは相変らずの魔術だ。」と言うであろう。

月章(アル・カマル) マッカ啓示55節

Mohammed_Splits_the_Moon


Comment by Scaphism92 921 ポイント

色んなハディースでは犬は良い存在で、ムハンマドは犬と戯れていたとされる。

喉が渇いて死にそうになっている犬に水を与えた売春婦が天国に昇ったという話すらあるくらい。

別にイカれた話ではないけど、一般的な意見としてイスラム教徒は犬が嫌いとされてるからこれは結構驚き。

 Comment by WR810 1 ポイント

 ↑うちの日曜学校じゃペットは天国には行けないって教えてた。

 イスラム教徒なら天国で犬を飼えるのならイスラム教に改宗しようかな。

 Comment by normaldude1324 1 ポイント

 ↑俺もハディースを読んだことあるけどいくつかの箇所では犬を殺すことを推奨してもいるぞ。

ハディース(الحديث al-ḥadīth(伝承[1])Hadith Nabawi Arabic pronunciation.ogg 発音[ヘルプ/ファイル])は、イスラム教の預言者ムハンマドの言行録。クルアーンがムハンマドへの啓示というかたちで天使を通して神が語った言葉とされるのに対して、ハディースはムハンマド自身が日常生活の中で語った言葉やその行動についての証言をまとめたものである。クルアーンが第一聖典であり、ハディースが第二聖典とされる。

ハディース


Comment by Sandtt 5437 ポイント

コーランの中ではイエス・キリストは預言者として重要な役割を果たしているということ。

 Comment by RayIsEpic 4798 ポイント

 ↑何だそれ、クロスオーバー回か?

 Comment by GoodLordChokeAnABomb 1309 ポイント

 ↑二箇所大きな違いがある。

 まずイエス・キリストはただの人で神の子ではない。まあコーランでも処女のマリアから生まれたことになってるけど。

 あと十字架にかけられてなくて、生きたまま天国に昇ってる。

 これはコーランではないけど一部の伝承では十字架にかけられたのはユダってことになってる。

 ムハンマドの墓の隣は空の墓なんだけどこれはイエス・キリストのための墓。

 あとイエス・キリストはいつの日か戻ってきて啓典の民をまとめ上げると信じられてゐる。

  Comment by OfficerByrd 1028 ポイント

  ↑豆知識:処女マリアへの言及は聖書よりもコーランの方が多い。

 Comment by Exoma 171 ポイント

 ↑それにイエス・キリストはコーランでは最も言及されている預言者。ムハンマドよりも遥かに多い。

  Comment by Cyph0n 94 ポイント

  ↑一番言及されてるのはモーセでイエス・キリストは二番目じゃないかな。

啓典の民(けいてんのたみ、アラビア語表記:أهل الكتاب, アフル・アル・キターブ)とは、イスラームに屈服し、厳しい制約と差別を受け入れる代わりに、イスラーム国家(イスラム世界)に居住することを許される異教徒を指す言葉である。

啓典の民


Comment by 5-7-11 114 ポイント

色々あるから一つに絞るのは難しいなぁ。子供の頃から知ってるのをいくつか書き込む。

コーランの中で幼児のイエス・キリストが立って、群衆に向かって説法をするって話がある。

他にはとある預言者が教えを説くのに飽きて、船で旅立つって話がある。

それから船の外に投げ出されて鯨に食われて腹の中で数日間生き延びた後、島に漂着する

「Zulqarnein」、これはアラビア語では「ذو القرنين」で「二本の角を持つ男」って意味だけど、その人物の話は他の人がしてるからやめておく。

他にも色んな話がある。僕が紹介したのはほんの一部。

イスラム教徒が何を信じているか知りたいなら読んでみると良いよ。

29.そこでかの女は、かれ(息子)を指さした。かれらは言った。「どうしてわたしたちは、揺籠の中の赤ん坊に話すことが出来ようか。」
30.(その時)かれ(息子)は言った。「わたしは、本当にアッラーのしもベです。かれは啓典をわたしに与え、またわたしを預言者になされました。

マルヤム章 マッカ啓示98節


Comment by C2-H5-OH 18 ポイント

俺はコーラン読んだことないけど是非ともこれのマハーバーラタ版のスレッドを立てて欲しい。

クールな話がそりゃもう沢山ある。

 Comment by ATL_LAX 1 ポイント

 ↑夢を夢で終わらせるな。スレ立てて来い。


Comment by chinkywinkydinky 58 ポイント

預言者ムハンマドは翼の生えた馬に乗って天国に飛んでいった。

俺がイスラム教徒を止めた理由は山ほどあるw

 Comment by aboycandream 4 ポイント

 ↑細かい事を言えばその翼の生えた馬っていうのはコーランではなくてハディースに書かれているものだけどね。


Comment by Draegoth_ 92 ポイント

ムハンマドは9歳の妻を持った。

イスラム教を実によく象徴してる出来事じゃないか。

 Comment by PM_ME_UR_YOGA_BOOTY 31 ポイント

 ↑結婚したのは6歳だぞ。実践は9歳になるまで待ったんだよ。とっても紳士だね(皮肉)

 Comment by Dood567 5 ポイント

 ↑このスレに幾つかソースが貼られてるけどおそらくそれは真実じゃない。

 語り部が記憶違いからか19歳の10の部分をおそらくは取りこぼしたんだろう。

 他のハディースや語り部による話からはアイーシャ(ムハンマドの妻)はイスラム教が始まる以前に生まれていたとされているからそうすると婚約したのは14~15際の頃で、実際に結婚したのは19歳の頃ってことになる。

アーイシャ・ビント・アブー・バクル(عائشة بنت أبي بكر‎ ʿĀ'isha bint Abī Bakr, 614年頃 - 678年)は、イスラーム教の開祖ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフの3番目の妻で、初代正統カリフのアブー・バクル・アッ=スィッディークの娘。スンナ派では預言者ムハンマド最愛の妻とされる。

ハディースの伝えるところによれば、アーイシャは6歳で当時53歳だったムハンマドと婚約して9歳で結婚式をあげ、彼が没するまでの9年間をともに生活したと伝えられる[1]。

アーイシャ・ビント・アブー・バクル


Comment by TastyDuck 21 ポイント

喋る蟻。

特殊な蟻がいるとかいった話ではなくて、コーランによれば蟻は喋る。

 Comment by mrmhk97 25 ポイント

 ↑蟻が何らかの手法か言語で意思疎通しているってことは科学的に証明されてたはず。

 Comment by shaxx_suxx 24 ポイント

 ↑蟻は意思疎通できるよ。ソロモンは蟻を理解する奇跡の力を持ってたからそれを聞くことが出来た。

神戸大学理学研究科の北條賢特命助教、佐倉緑准教授、尾崎まみこ教授らと基礎生物学研究所の共同研究グループは、働きアリのコミュニケーションに重要な役割を果たす化学感覚タンパク質を特定しました。アリの複雑な社会を支える洗練されたコミュニケーションの分子メカニズムやその進化の解明の糸口となる可能性があります。この研究成果は、8月27日(日本時間)、「Scientific Reports」に掲載されました。

アリのコミュニケーション 触角に秘密


Comment by TheBerg18 62 ポイント

イスラム教徒がコーランに書かれている色んなことをどう弁護してるのかさっぱり分からんわw

 Comment by Warfon 12 ポイント

 ↑あー、キリスト教徒が聖書に書かれていることを擁護しているような感じで連中も擁護してるんだよ。


Comment by the_terran 69 ポイント

元イスラム教徒の間で人気のある韻文を紹介する。33章の53ね。

「信仰する者よ、預言者の家に食事に呼ばれても食事の準備が、完了するまでは、家の中に勝手に入ってはならない。だが呼ばれた時は入りなさい。食事が終ったならば立ち去れ。世間話に長座してはならない。こんなことが預言者に迷惑であっても、預言者はあなたがたを(退散させることを)遠慮するであろう。だがアッラーは真実を(告げることを)遠慮なされない。またあなたがたが、かの女らに何ごとでも尋ねる時は、必ず帳の後からにしなさい。その方があなたがたの心、またかの女らの心にとって一番汚れがない。またあなたがたは、アッラーの使徒を、悩ますようなことがあってはならない。またあなたがたはどんな場合でも、かれの後でかれの妻たちを娶ってはならない。本当にそれらは、アッラーの御目には大罪である。」

多分預言者は自分の家の周りにたむろして自分の妻のことを詮索する信者にうんざりしてて、それを神が助けたんだろうな。

 Comment by DigbyChickenZone 1 ポイント

 ↑その韻文が元イスラム教徒の間で人気があるのは何で?よく分からない。

  Comment by Butt-Fudge 1 ポイント

  ↑何でかというとまさにこの韻文こそコーランは神が書いたものではなくてムハンマド自身が書いたものである有力な証拠だと考えられてるから。

  ムハンマドがコーランの力を利用して自分の個人的な問題を解決してたのはここから明らか。


Comment by Littlepharaoh 52 ポイント

コーランに書かれているぶっ飛んだ話の全部(もしくは大半)は聖書やトーラーにも書かれてるんだが。

追記:何で俺のコメント低評価くらってんの?


Comment by TheBerg18 58 ポイント

女性が劣る存在だとされていることやムハンマドがペドだってこと。


Comment by TheLeperLeprechaun 108 ポイント

ハディースにはなかなかぶっ飛んだ話が沢山ある。コーランの場合はどうか分からないけど。

とあるハディースの中でアイーシャはムハンマドから祈りに行くことが出来るように服に付いた乾いた精液を落とすように頼まれてる。

ハディースがどの程度の信憑性があるものなのかは分からないけど。

ソース:https://sunnah.com/search/?q=aisha+semen


Comment by JunkBondJunkie 274 ポイント

キリスト教徒だけどコーラン読んでみたくなってきた。


Comment by Novemberisms 197 ポイント

次に立てられそうなスレッド。

・「トーラー」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「ヴェーダ」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「エジプトの死の書」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「死海文書」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「老子道徳経」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「ウパニシャッド」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「バガヴァッド・ギーター」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「経典」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「モルモンの書」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「ギリシャ神話」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?
・「北欧神話」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?

 Comment by Savant_PSU 199 ポイント

 ↑>>「「ギリシャ神話」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?」

 全部だろ。

 Comment by RottenLB 5 ポイント

 ↑俺そういうスレも読んでみたい。

 Comment by SaneSiamese 2 ポイント

 ↑>>「「トーラー」に書かれている最もヤバい話で、大半の人が知らないものは?」

 トーラーは旧約聖書の事なんだからそこは「タルムード」の方が良いかと・・・

バガヴァッド・ギーター(サンスクリット語: श्रीमद्भगवद्गीता、 Śrīmadbhagavadgītā、 発音 [ˈbʱəɡəʋəd̪ ɡiːˈt̪aː] ( 音声ファイル))は、700行(シュローカ)[1]の韻文詩からなるヒンドゥー教の聖典のひとつである。ヒンドゥーの叙事詩マハーバーラタにその一部として収められており、単純にギーターと省略されることもある。ギーターとはサンスクリットで詩を意味し、バガヴァンの詩、すなわち「神の詩」と訳すことができる。

バガヴァッド・ギーター


Comment by for-asking-stuffs 142 ポイント

イスラム教徒なのにこの地雷原のようなスレに突入したけど、色んな視点からの考えを学べて勉強になった。

やるじゃん。




キャプチャ