「自国民が隣国の人間に付けているニックネーム」海外の反応


Comment by zed881

君達の国には隣国の人間を揶揄するニックネームみたいなものある?

例えばオランダ人を指して「沼ドイツ人」とかイギリス人を指して「島猿」とかいったような?


reddit.com/r/AskEurope/comments/8qmg5e/what_nicknames_were_used_in_your_country_to_refer/
reddit.com/r/AskEurope/comments/7uhli7/what_nicknames_for_your_country_or_the_people_you/
reddit.com/r/europe/comments/2oy7hp/does_your_country_have_any_nicknames_to_tease_its/



Comment by PabloSpicyWeiner 187 ポイント

(ドイツ)

最初に頭に思い浮かんだのはオーストリア人の事を「Schluchtenscheisser」って呼ぶこと。

これは文字通り翻訳すると「渓谷のクソたれ」って意味。

分かる?オーストリアには山が沢山あるからな。HAHAHAHA

それに連中は渓谷でクソしてる!HAHAHAHAHA

何が面白いかってそれが真実だってこと。

それ以外だと我らがオランダ人の事を「Kasekopfe(チーズ頭)」と呼ぶこと。

追記:あー、あとイギリス人の事を「島猿」と呼んだり、フランス人の事を「カエル食い野郎」って呼んでるけどこれにはオリジナリティってもんが無いよね。

 Comment by [deleted] 70 ポイント

 ↑>>「それ以外だと我らがオランダ人の事を「Kasekopfe(チーズ頭)」と呼ぶこと。」

 自転車返して!

 ※海外掲示板ではドイツは第二次世界大戦中にオランダの自転車を徴発したとよく書き込みされます。
 1377551133504

  Comment by Evolutionary_Misstep 1 ポイント

  ↑悪いな、自転車の金属は1974年のワールドカップのトロフィーケースを作るのに使っちまったんだ。

 Comment by belgiangeneral 13 ポイント

 (ベルギー)

 ↑うちらベルギー人もオランダ人のことは「チーズ頭(Kaaskoppen)」って呼んでる。イイネ。

関連記事
「オランダでは型通りの人物は『チーズ頭』と呼ばれてる。外国は?」海外の反応
1974 FIFAワールドカップ(英: 1974 FIFA World Cup )は、1974年6月13日から7月7日にかけて、西ドイツ(現・ドイツ)で開催された第10回目のFIFAワールドカップである。西ドイツが決勝でオランダを2対1で下し、スイス大会以来2度目の優勝を遂げる。

1974 FIFAワールドカップ


Comment by dutchloanshark 1 ポイント

オランダ人だけど、一部のオランダ人は東欧人を指して「ジャガイモ頭」って呼んでる。特にポーランドとロシア出身者。

ドイツ人のことは「Moffen」と呼ばれたりする(これは16世紀まで遡れるもので、第二次世界大戦中はよく使われた)


Comment by bausl 2 ポイント

ドイツ南部出身だけどブレーメン出身の奴のことは「Fischkopfe(魚頭)」って呼んでる。

連中は俺達より魚を消費してるからな。


Comment by rasmod 89 ポイント

(ルーマニア)

ブルガリア人はここらへんじゃ「キュウリ」って呼ばれてる。

あいつらキュウリが大好きだから。

 Comment by ednorog 17 ポイント

 (ブルガリア)

 ↑ブルガリアだとルーマニア人のことは「mamaliga」とか「mamaligari」って呼んでたりする。

 前者は有名なルーマニアの伝統料理の名称で、後者はその料理に関係する奴の名前の事(mamaligaを食う奴とかそういう感じの意味)

 ※「mamaliga」
 Cum-să-faci-mămăliga-perfectă

  Comment by BertilFalukorv 5 ポイント

  (ルーマニア)

  ↑おいおい・・・うちの嫁さんは冷蔵庫に何キロもキュウリ貯蔵してるのに連中はそれ以上にキュウリが好きなのか?(キュウリジョークが書き込まれるまであと・・・)

  ※海外掲示板では女性はピーーするのにキュウリを使うとよくネタにされています。

 Comment by backfromthefuter 2 ポイント

 ↑メキシコ人を指して「豆野郎」って言うようなものか。


Comment by ITafiir 1 ポイント

フランスの国境近くに住んでるドイツ人だけど俺達は連中の事を「flittkepp」って呼んでる。「バゲット頭」って意味。


Comment by blitzkriegjack 1 ポイント

(ルーマニア)

ルーマニアに住んでるハンガリー人のことは「Bozgor」

これはロシア語の「biez gorod」に由来するもので「都市無し」って意味だけど、実際は「国無し」って意味で使われてる。


Comment by sourFrank 67 ポイント

(オーストリア)

オーストリア人は我らが隣人であるドイツ人の事を「Piefke」って呼んでる。

今その由来をググってみたけど、この単語はおそらくは「Piefig」って単語に由来するものでこれは「紳士気取り」とか「ブルジョワジー」って意味。

これは特にその訛りから明らかにドイツ出身だと分かる人物を指して使う。

一方でドイツ人はオーストリア人の事を「Osi」って呼んでる。

これはオーストリアの語源である「Osterreich」を省略したものだから「Ausi」って言ってるようなもの。

あと旧ユーゴスラビア出身の隣人のことは「Jugo」とか「Yugo」って呼んでる。


Comment by Tovarish_Petrov 1 ポイント

(ウクライナ)

そうだな。ロシア人のことは「кацапы(山羊のような見た目)」って呼んでる。髭が理由。

あとベラルーシ人のことは「бульбаши(ジャガイモ人)」


Comment by blackout24 1 ポイント

(ドイツ)

ここドイツ南西部やスイスではフランス人の事を「Wackes」って呼んでる。

それについてのウィキペディアの記事すらあるくらい。
http://de.wikipedia.org/wiki/Wackes
http://fr.wikipedia.org/wiki/Wackes


Comment by ManaSyn 140 ポイント

(ポルトガル)

俺たちは連中の事をスペイン人って呼んでる。

 Comment by Son_Ov_Leviathan 92 ポイント

 (デンマーク)

 ↑あいつらもお前らの事スペイン人って呼んでるよ。

 Comment by joaommx 37 ポイント

 (ポルトガル)

 ↑何が面白いかってスペイン人を侮辱するような単語が思い浮かばないってこと。

 多分「espanhois(スペイン人)」って単語それ自体が侮辱としてよく使われてると思う。

 あと他の国だとイギリス人を指して「bifes(牛肉)」とか。

 これは一見するとフランス語の「rosbif」に由来するように見えるけど、僕が聞いたところによればその由来は「ビーフィーター」
 http://en.wikipedia.org/wiki/Yeomen_Warders

 フランス人のことは「Francius」

 ブラジル人のことは「Zucas」。ただ昔ほど侮辱としては使われてない。これは「brasileiros(ブラジル人)」の別の言い方である「brasucas」を略したもの。

 あとアメリカ人のことは「camones」。「come on」の響きに似てるから。

 他にはポルトガルに住んでるイギリス人はポルトガル人の事を「Pork & Cheeses」って呼んでるって聞いたことがあるけど、これはなかなか良いと思う。

  Comment by Fir3line 37 ポイント

  (ポルトガル)

  ↑アルガルヴェじゃうちらイギリス人のことは「lagostas(ロブスター)」って呼んでる。

  ちょっと太陽の光を浴びただけで真っ赤になるから。

ヨーマン・ウォーダーズ (The Yeomen Warders)はロンドン塔の衛兵隊であり、そこに属する衛兵のことも指す。ビーフィーター (Beefeater)の通称で知られている。

ヨーマン・ウォーダーズ


アルガルヴェ(Algarve)は、ポルトガル本土の最南端の地方。中心都市は、国際空港を擁するファロである。

アルガルヴェ


Comment by MartelFirst 57 ポイント

(フランス)

イタリア人を指す「Rital」は軽蔑的な用語で、これはイタリア人移民の多くがその書面上で「R. Ital」つまり「Refugie italien」と表記されていた事から。

ドイツ人のことは「Boche」でこれはかなり軽蔑的。

これが何に由来するものかは誰も知らないけど大戦時はかなり広く使われていた。

僕は第一次世界大戦時の新聞を何部か持ってるけど、そこではドイツ人のことは「Boches」と書かれてる。

現代からすればメディアがドイツ人について報道する時にそういう言葉を普通に使うってのは変な感じがするけどね。

イギリス人のことは「Rosbif」で、これは「ローストビーフ」から。

これが何でウケたのかは知らないけど、他のコメントでも書いたようにこれがフランス語では馬鹿げた響きをしているからだと思う。

そこまで軽蔑的な言葉ではなくて、ただ馬鹿げたって感じ。

うちらはそんなに発想力が無いんだよ。

 Comment by Calembreloque 12 ポイント

 (フランス)

 ↑「rosbif」の由来はイギリス人は太陽光を浴びると褐色になるんじゃなくて真っ赤になるだけ(ローストビーフの色)ってところからと聞いたことがある。


Comment by sartsch 59 ポイント

(スイス)

うちらは隣人のことはみんな「顧客」って呼んでる。

お金をうちらの銀行に預けてくださいお願いします。ありがとうございます!

 Comment by zlatev 25 ポイント

 ↑あとスイス人の事を指して「山のユダヤ人」って表記されてるのを見たことがある。


Comment by [deleted] 7 ポイント

これは国を指してではないけどポルトガルではイギリス人観光客の事を「Bifes」と呼んでる。文字通りの意味だと「ステーキ」

あとドイツ人観光客のことは「camaroes」で、これは「海老」って意味。

うちらは「スペイン人」を軽蔑的な名称として一般的に使ってる(スペインごめんなさい)

 Comment by sanchoman 2 ポイント

 (スペイン)

 ↑>>「うちらは「スペイン人」を軽蔑的な名称として一般的に使ってる(スペインごめんなさい)」

 大丈夫。ここでもその言葉には否定的な意味が含まれてるから :(


Comment by Sugusino 40 ポイント

(スペイン)

俺達はフランス人の事を「gabachos」って呼んでる。

国立言語アカデミーによればこれは「gavatx」って単語に由来するもので、きおれは「外国人」を意味する古いカタルーニャ語。

レアル・アカデミア・エスパニョーラ(スペイン語: Real Academia Espanola、略称:RAE)は、スペインの国立言語アカデミー(英語版)である。スペイン王立アカデミーや王立スペイン学士院とも訳される。

スペイン語の標準を規定している組織として、スペインの言語や文化を伝えるために、辞書を発行し、コーパスやスペイン語の質問への回答など情報を提供している。

レアル・アカデミア・エスパニョーラ


Comment by ThereIsAThingForThat 91 ポイント

(デンマーク)

ノルウェー人は「山猿(Fjeldaber)」として知られてる。

あとスウェーデン人のことは「スウェーデン人」ってうちら呼んでるけどこれはデンマーク語で最悪の侮辱。

他の国のニックネームなんかは思い浮かばないわ。

 Comment by thotzr 47 ポイント

 (デンマーク)

 ↑俺の友人の間では「スウェーデン人」を実際に悪口として使ってる。

  Comment by begravelsespolka 35 ポイント

  (ノルウェー)

  ↑今までそんなこと考えたこともなかったけどそれこの国でもそうだわ。

  友人から「クソスウェーデン人」って呼ばれるのは開戦の合図。


Comment by votapmen 7 ポイント

(セルビア)

クロアチアについてはこういうフレーズがある。

「全てのセルビア人の中で一番最悪なのはクロアチア人」

これがどういうことかを説明すると、シュト方言を話す人間はみんなセルビア人という考えがあって、クロアチア人の多くはシュト方言だからクロアチア人もセルビア人になるってわけ。

シュト方言(シュトほうげん、セルビア・クロアチア語:Štokavski)は、セルビア語、クロアチア語、ボスニア語などのセルビア・クロアチア語の主要な方言のひとつである。

シュト方言


Comment by BrodoSaggins 4 ポイント

俺達はギリシャ人の事を「καλαμαράδες」って呼んでるけどこれは「イカ、イカ男」って意味。

父親によるとそれは昔ギリシャ人はイカの墨で文書を書いていたかららしいけどそれが本当かどうかは分からない。


Comment by badblueboy146 34 ポイント

(クロアチア)

スロベニア人のことは「Janezi」

「Janez」はスロベニアではかなり一般的な名前だから俺達はスロベニア人の事をそう呼んでる。


Comment by Gugols 3 ポイント

(ラトビア)

うちらはエストニア人の事をノロマってジョークにしてるけどこれが何に由来するか分からない。

多分北欧人の気質的なものなのかな?

 Comment by timelyparadox 2 ポイント

 (リトアニア)

 ↑そうそう、リトアニアでもエストニア人のことはノロマってジョークにされてる。


Comment by Tz33ntch 31 ポイント

(ウクライナ)

ウクライナでロシア人を指す古い名称は「katsap(山羊のような)」がある。

これは当時モスクワの貴族の間ではこういう髭が人気があったから。
ivan-iv-9350679-1-402

当時のロシア人はウクライナ人の事を「hohol(鳥のとさか)」って呼んでた。それはこのコサックの髪型によって。
x_1c3d7c3b

ポーランド人を指す軽蔑的な名称は「lyakh」だけどこれが何に由来するものなのかは分からない。

 Comment by Beck2012 19 ポイント

 (ポーランド)

 ↑うちらは中世の頃から「Lachs」って呼ばれてるけど、これはおそらくLędzianieの部族もしくはポーランドの神話上の姫である「Lech(CzechとRusの兄弟姉妹)」から。

 「kacap」についてはこれの由来はトルコ語の「kacap」からって説のほうが好きだな。意味は「肉屋」

 Comment by Alazavrus 3 ポイント

 ↑他にポーランド人を指す名称として人気があるのは「psheki」

 多分ポーランド人は話すときの音が「psh- psh-」って聞こえるせいだと思う。

 例えば「przepraszam」は「excuse me」って意味だけど発音は「pshe-pra-scham」って感じ。


Comment by mantasm_lt 1 ポイント

(リトアニア)

リトアニア語ではポーランドのことは「Pšekija(棒人間)」って呼んでる。連中の言語の響きは「Pshe Pshe Pshe」って感じ。

ロシア人のことは「Kacapas」。どういう意味かはウクライナ人のレス読んで。

ラトビアは「žirga galva(馬の頭)」。リガ湾はそんな風に見えるから。

ベラルーシ人は「Bulbašas(由来はジャガイモ)」

国境を接してない国に対してはうちらは良い人間になる。

非ヨーロッパ諸国に対する名称についてはスレの趣旨からは外れるんで・・・

あー、あとフランス人は「Varliaėdžiai」。みんなならどういう意味か分かるでしょ :)

※リガ湾
キャプチャ


Comment by thatfatpolishdude 16 ポイント

(ポーランド)

フランス人のことは「Żabojady」で翻訳すると「カエルを食べる奴」

チェコ人のことは「Pepiki」だけど何に由来するものなのかが分からない。

多分他のポーランド人が説明してくれる。

 Comment by zrnkv 14 ポイント

 ↑「Pepa、Pepik(これはJosefの非公式版)」は典型的なチェコ人の名前だったんだよ。

 現在は昔ほど一般的な名前ではないけど、まだそういう名前の人はそれなりにいる。

 チェコ人はポーランド人の事を「pšonci」って呼んでる。ポーランド語がそういう風に聞こえるから。

  Comment by noizz 6 ポイント

  ↑>>「チェコ人はポーランド人の事を「pšonci」って呼んでる。ポーランド語がそういう風に聞こえるから。」

  ロシア人がそれと同じ理由で「Pshek(みたいな感じの単語)」を使ってるってことを最近知った。

 Comment by wgszpieg 9 ポイント

 (ポーランド)

 ↑イギリス人のことは「Fajfokloki(5時。その意味は紅茶を飲む人)」

 ドイツ人のことは「Szwab」でこれはシュヴァーベンのより軽蔑的な言い方。

 ローマ人のことは「Ciawas」で、非常に軽蔑的で連中の喋り方をネタにしたもの。

 Comment by m64 6 ポイント

 (ポーランド)

 ↑90年代の頃うちらはドイツ人の事をヘルムート・コールにちなんで「Helmuty」って呼んでた。

ヘルムート・ヨーゼフ・ミヒャエル・コール(Helmut Josef Michael Kohl、1930年4月3日 - 2017年6月16日)は、ドイツ(旧西ドイツ)の政治家。戦後最長記録の16年にわたって連邦首相を務めた(在任1982年 - 1998年)。冷戦終結の波に乗り、1990年に東西に分裂していたドイツの再統一を成し遂げ、時の人となった。

ヘルムート・コール


Comment by Djammer 0 ポイント

(アイルランド)

フランス人が「チーズ食いの降伏猿」って呼ばれてるのを聞いたことがある。

※海外掲示板ではフランスは大戦ですぐに降伏したと良くネタにされます。
088-france-surrenders-to-north-korea
「フランス。北朝鮮に降伏」

関連記事
「世界の国の武術。英国はボクシング、日本は柔道。フランスは・・・」海外の反応
仏人「お前らはいつまでフランスの降伏ネタを引っ張るのか」海外の反応


Comment by WilrikDeBaas 0 ポイント

沼ドイツ人なんて俺今まで聞いたことねーぞ。


Comment by Makorot 73 ポイント

(オーストリア)

オーストリア人は「山ドイツ人」って呼ばれてる。

 Comment by neltymind 73 ポイント

 (ドイツ)

 ↑正確に言うと「Schluchtenscheiser(渓谷のクソたれ)」だけどな。

 Comment by mu_aa 37 ポイント

 ↑オーストリアよりスイスの方が山沢山あるよ(冗談)


Comment by matchuhuki 52 ポイント

(ベルギー)

ベルギーが「フランスへ行くためのナチスの高速道路」って呼ばれているのは大変に遺憾。

追記:「フランスへ行くためのドイツの高速道路」も酷さで言えば大差ない。

 Comment by Yurien 54 ポイント

 ↑しかも道路の状態が酷すぎるという。

 ※ベルギーの道路状態が悪いということは海外掲示板でよくネタにされています。
 関連記事
 「ベルギーとオランダの道路格差が海外掲示板で話題に」海外の反応

  Comment by matchuhuki 25 ポイント

  (ベルギー)

  ↑それな。まともな頭をしたドイツ人ならベルギーを通ろうなんて思うはずがない。


Comment by perrrperrr 47 ポイント

(ノルウェー)

あー、デンマーク人は俺達の事を「山猿」って大体呼んでる。

 Comment by honey-boo-boo-badger 48 ポイント

 (デンマーク)

 ↑それについては申し訳ない。でもお前らは少なくともスウェーデン人じゃないだろ。


Comment by DalnoreRussia 36 ポイント

(ロシア)

ロシアはオルドって呼ばれてるけど、ロシアを「黄金のオルド」の後継者と考えるのはナンセンス。

これはイライラする。

 Comment by MonsoonShivelin 13 ポイント

 ↑それどこで聞いたの?

  Comment by Dalnore 24 ポイント

  (ロシア)

  ↑ウクライナ人たちから聞いた。

ジョチ・ウルス(ペルシア語: اولوس جوجي‎、Ulūs-i Jūchī‎)は、13世紀から18世紀にかけて、黒海北岸のドナウ川、クリミア半島方面から中央アジアのカザフ草原、バルハシ湖、アルタイ山脈に至る広大なステップ地帯を舞台に、チンギス・カンの長男ジョチの後裔が支配し興亡した遊牧政権(ウルス)。

成立以来、40人近くいたとされるジョチの諸子とその子孫によって分封支配が行われたが、その中央政権は、ジョチの次男バトゥがヴォルガ川下流の平原に築いた都市サライを中心とし、ハン(※ハーンではない)の称号を帯びたジョチ裔の君主が支配した勢力であった。このサライの政権はハンが金で装飾された帳幕(ゲル、オルダ)を宮殿としたことから、ロシア語でЗолотая Орда (ザラターヤ・アルダー)、ウクライナ語でЗолота Орда (ゾロター・オルダー)、英語で Golden Horde と言い、その日本語訳を黄金のオルドあるいは金帳汗国という。

GoldenHorde1300

ジョチ・ウルス


Comment by neltymind 31 ポイント

(ドイツ)

ドイツ人だけど十代のイスラム教徒がドイツ人の事を「Kartoffeln(ジャガイモ)」とか「Schweinefresser(豚食い野郎)」って言ってるのはイラッとする。

これって連中が自分が住んでる国の文化を受け入れる能力が無いってことをはっきり示してるからな。

 Comment by conceptalbum 39 ポイント

 (オランダ)

 ↑君はそう言うけど、そいつらはドイツ文化の要点をしっかり把握してるって感じがするわ。


Comment by O_Senhor 0 ポイント

(ポルトガル)

このスレ読んでてスペイン人のニックネームをうちらが持ってないのがかなり変なことに思えてきた。

今までそんなこと考えたこともなかったけどこれは必要でしょ!

他の外国人のニックネームならある。

・フランス人:「avecs」(フランス語の単語の「avec」から。意味は「~と」)
・イギリス人:「bifes」(うん。牛肉って意味)


Comment by YouGuysAreSick 15 ポイント

今日学んだこと

ヨーロッパの国はどこも俺達の事を「カエル」もしくは「カエル食い」と呼んでいた。

てっきりそう言ってるのはイギリス人だけだと思ってたのに!

 Comment by gineol 17 ポイント

 (チェコ共和国)

 ↑多分お前らはカエルを食うけど他の人間は食わないからだろうな。

 Comment by OpT1mUs 5 ポイント

 (セルビア)

 ↑何故かセルビアではイタリア人の事を「カエル」と呼んでる。




キャプチャ