サザエさんOPの裏側


550万の兵庫県民の皆さん、「サザエさん」(日曜、午後6時半)のオープニング、もうご覧になりましたか。世界遺産・国宝姫路城など11カ所をサザエさんが旅するという兵庫編が4月から始まっています。ツイッターでは「(場所の選択が)マニアック」「行ったことないとこも結構ある」との声も。あなたのお気に入りの場所も紹介されている、かも。

兵庫が舞台になったのは、但馬空港のPRのための2012年の放映以来。兵庫県市町村振興協会が、番組名を伏せ「フジテレビ系列のアニメ番組でPRをしませんか」と県内の自治体に呼び掛けたところ、70の名所・イベントが寄せられました。


■すべてロケハン

 フジテレビによると、サザエさんが観光地を訪問するオープニングは、1974年の石川県が始まりで、半年ごとに都道府県の観光地が切り替わるのは2000年から。

 オープニングは活気ある明石・魚の棚商店街から始まりますが、登場するすべてのスポットは、制作スタッフが実際に“ロケハン”したそうです。

 フジテレビに選定基準を尋ねると、面白そうなアトラクションや食べ物、体験などをもとに、絵になりそうな場所を決めるそう。「あえてメジャーとマイナーなスポットを入れているわけではありません」とのこと。


■地元の反応は

 地域のPRや観光客誘致につながることから、2000年からは自治体が制作費の一部を支出するように。同協会の支出額は約820万円です。

 アジサイが咲き誇るシーンで選ばれた大野アルプスランドの猪名川町。産業観光課によると、目立った変化がないものの、「開花時期の客足増加につながれば」と期待しています。


■夏バージョンは

 夏編は、春編から漏れた59の名所・イベントから絞り込まれ、6月下旬に発表の予定です。

 夏といえば山と海。となると、六甲山や須磨海岸は…。思いがけないスポットの“抜てき”も楽しみです。(ネクスト編集部)


【オープニング兵庫編】春(4~6月)と夏(7~9月)の2部構成。春バージョンは、魚の棚(明石市)、鳴門海峡の渦潮(南あわじ市)、伊丹スカイパーク(伊丹市)、日本へそ公園(西脇市)、書写山円教寺(姫路市)、ヨドコウ迎賓館(芦屋市)、闘竜灘(加東市)、北条鉄道法華口(加西市)、西宮の酒蔵(西宮市)、大野アルプスランド(猪名川町)、姫路城(姫路市)の11カ所。


フジテレビ系列の国民的アニメ番組「サザエさん」で4~9月、オープニングの主題歌に合わせて兵庫県内の名所が登場する。サザエさんが、姫路城(姫路市)や魚の棚(明石市)などを巡り、各地の魅力を全国に発信する。

 県市町村振興協会が地域活性化のために企画。予算約820万円を負担した。サザエさんで県内が紹介されるのは、但馬空港(豊岡市)のPRのために2012年に放映されて以来という。

 4~6月の春編と、7~9月の夏編の2種類。

 春編は4月2日放送回から10市町11カ所。魚の棚と姫路城のほか、鳴門海峡の渦潮(南あわじ市)▽伊丹スカイパーク(伊丹市)▽日本へそ公園(西脇市)▽書写山円教寺(姫路市)▽ヨドコウ迎賓館(芦屋市)▽闘竜灘(加東市)▽北条鉄道法華口(加西市)▽西宮の酒蔵(西宮市)▽大野アルプスランド(猪名川町)-が取り上げられる。