ハリウッド版「攻殻機動隊」が興行不振でピンチ


「攻殻機動隊」の実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」が3月31日に海外で公開されたが、米国における公開後3日間の興行成績が1900万ドル(3位)と振るわなかった。

本作が利益を生み出すまでの道のりは遠く、1億1000万ドルの制作費を回収するためには、日本を含むその他の地域で成功する必要がある。Varietyによれば、ルパート・サンダース監督が手掛ける本作は、米国以外の市場で今のところ4010万ドルの興行収入を得ている。
「ゴースト・イン・ザ・シェル」についてもっと知るには、1992年の「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」を生み出した押井守監督のインタビュー記事と、映画のメイキングに迫るコンセプトアートをチェックしよう。
一方で、4月1日に公開されたドリームワークスの新作3Dアニメーション映画「The Boss Baby」は、2週間連続でトップに立っていた実写版「美女と野獣」を抜き、4900万ドルで興行成績1位に輝いている。
その他、日本では7月公開予定の「パワーレンジャー」が4位、トム・ヒドルストン主演の「キングコング: 髑髏島の巨神」が5位についている。
米国における3月31日(金)~4月2日(日)までの興行成績ランキングは以下の通り(Box Office Mojoより)。

1. The Boss Baby – 4900万ドル
2. 美女と野獣 – 4750万ドル
3. ゴースト・イン・ザ・シェル – 1900万ドル
4. パワー・レンジャー – 1450万ドル
5. キングコング: 髑髏島の巨神 – 880万ドル
6. LOGAN/ローガン – 620万ドル
7. Get Out – 580万ドル
8. ライフ – 560万ドル
9. CHiPs – 410万ドル
10. The Zookeeper’s Wife – 330万ドル



◆Ghost in the Shell (2017)のスコア
■RottenTomatoes
44/100
https://www.rottentomatoes.com/m/ghost_in_the_shell_2017/

■Metacritic
53/100
http://www.metacritic.com/movie/ghost-in-the-shell-2017?ref=hp

■IMDb
6.9/10
http://www.imdb.com/title/tt1219827/
映画レビューサイトも酷評

◆攻殻機動隊を見る順番
士郎正宗原作の『攻殻機動隊』はこれまでアニメ、映画と様々なメディアミックスがされてきました。電脳犯罪に挑む公安九課の奮闘を描いたこの作品は1989年に発表されたとは思えない新鮮さがあります。原作、アニメ、劇場版と人気作品であるからこそ、シリーズが複数あり、どこから手をつけていいのかわからないという人も多いでしょう。

士郎正宗原作の『攻殻機動隊』はこれまでアニメ、映画によって様々なアプローチが試みられてきた名作です。科学、とりわけネットワークが今とは比較にならないくらいに発達した2030年の近未来情報化社会において発生する犯罪に挑む公安九課の奮闘を描いた『攻殻機動隊』は1989年に発表されたとは思えない新鮮さがあります。

『攻殻機動隊』には、原作となるコミックと、アニメと、劇場アニメの3種類があります。そしてそれぞれ、登場人物や時代背景が少しずつ違うことも忘れてはいけません。
原作・・・1991年に出版されたSFコミック。
劇場版アニメ・・・1995年に公開。
テレビアニメ版・・・2002年に公開。
劇場版アニメとテレビアニメ版は監督が異なっているので、もはや別物という感覚は否めません。劇場版はより原作に近い形で描かれています。もちろん原作に基づいた形で作られていますが、見所はそれぞれ違うところにあるといえます。

1.シリーズ1『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』
アニメ版シリーズ第1作目は『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』です。攻殻機動隊S.A.C、S.A.Cと略されることもあります。
後述の人形使いと主人公である草薙素子が出会わなかった世界、という設定で話が進んでいきます。一話完結篇と「笑い男事件」篇とがあります。

2.シリーズ2『攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG』
アニメ版シリーズ第二作目は『攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG』です。セカンドギグと読みます。
S.A.Cで解散の危機に陥った公安9課が再結成してからの物語となります。個別の11人事件を中心にした話で、前作と登場人物は同じです。

3.シリーズ3『攻殻機動隊 Solid State Society』
アニメ版シリーズ第3弾は『攻殻機動隊 Solid State Society』です。ソリッドステートソサエティと読み、SSSと略されることもあります。
前作で草薙素子が失踪してから2年後の世界の話。傀儡廻というスーパーハッカーが暗躍し、これが草薙素子ではないかと疑われ始めるのです。

4.シリーズ4『攻殻機動隊 S.A.C The Laughing Man』
アニメ版シリーズ第4作目となる『攻殻機動隊 S.A.C The Laughing Man』です。こちらはシリーズ第1作目である『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』の「笑う男事件」をまとめたものです。

5.シリーズ5『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』
アニメ版シリーズ第5作目は『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』こちらは『攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG』の「個別の11人事件」をまとめたものです。

6.『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』
劇場版は押井守監督作品です。「草薙素子が人形使いと出会ったら」というパラレルワールドで物語が展開していきます。2008年にはリニューアル版として『攻殻機動隊2.0』が公開されました。


7.『イノセンス』
劇場版第二作は『イノセンス』です。攻殻機動隊、とタイトルに入っていませんが『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の続編でこちらも押井守監督作品です。草薙素子が失踪してから2年後の世界の物語です。


8.『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』
新スタッフによる『攻殻機動隊ARISE』は草薙素子が公安9課の前に陸軍義体化部隊『501機関』に所属していた時代のストーリーです。自走地雷による爆殺事件を追う草薙素子の姿が描かれます。


9.『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』
草薙素子は501機関から独立したものの、公安9課への所属を断りました。そんな草薙素子はAI搭載の兵站輸送車両ロジコマを輸送中に武装集団に襲われます。


10.『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』
草薙素子が爆弾テロとダムの爆発、その裏に潜む水企業の陰謀に迫ります。草薙素子の恋愛にも比重が置かれ、他作品とは少し違った趣も魅力です。


11.『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』
“ファイア・スターター”が引き起こした無差別発砲事件の解決に挑む攻殻機動隊のメンバーの姿が描かれる『攻殻機動隊ARISE』シリーズの最終章


12.最新作『攻殻機動隊 新劇場版』
最新作『攻殻機動隊 新劇場版』を楽しみ準備は万端です!世界観は『攻殻機動隊ARISE』シリーズを引き継いでおり、公安9課=通称:攻殻機動隊の誕生を描いたファン垂涎の一作であると言えるでしょう。


13.アニメを全部観たら原作
『攻殻機動隊』を語る上で大変に重要な位置を占める『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0』も『イノセンス』も本来は士郎正宗原作のエピソードを下敷きにしています。原作は長編アニメシリーズなどと違い、キャラクターの色付けも薄味でアニメや映画とはかなり違ったコミカル色の強いものとなっています。
原作漫画と映画、アニメは作品の雰囲気も主人公草薙素子の性格もかなり違うので映像作品と原作漫画は別物として考えましょう。士郎正宗著作の『攻殻機動隊』は全3冊出ているので攻殻機動隊の世界観をもっと触れたいという人にオススメですし、もちろん漫画から映像作品に入っても鑑賞に問題ない作品となっています。
原作は、3冊で完結しています。1巻、2巻、1.5巻です。1.5巻というのは、発売された順番で読むのが一番分かりやすいので、最後に発売された1.5巻は最後に読むと良いと思います。2巻の関しては、ファンの間でもかなり内容が複雑で理解が難しいとの声もあがるほど、読み応えは十分です。

14.実写版攻殻機動隊、『ゴースト・イン・ザ・シェル』
主人公の草薙素子には、スカーレット・ヨハンソン
彼女の見ごたえのあるアクションシーンが話題を呼び全世界で470億円の収入を生み出したとか。今作でも、彼女の活躍が目に浮かびますね


まず、バトーはセガールじゃないと!