宮崎駿が新作長編アニメーション映画を制作へ「若い力を貸して下さい」


『となりのトトロ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』で知られるスタジオジブリが、5月19日(金)、公式サイトにて宮崎駿監督の新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ(新人)募集を開始した。
2013年公開の長編アニメーション『風立ちぬ』で、長編映画の制作から引退することを正式に発表した宮崎監督。だがその後も、ジブリ美術館用の新作短編アニメ「毛虫のボロ」を制作するなど現場に立ち続け、2016年には、NHKで放送された特別番組「終わらない人 宮崎駿」の番組内で長編映画制作の企画があることが放送され話題を呼んでいた。また「Oscar Week 2017」では鈴木敏夫プロデューサーが、宮崎監督の長編映画制作復帰に言及し、本格的な復帰が期待されていた。

そして本日、公式サイトにて宮崎監督の新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ募集が公表。サイトでは「すでにテレビ等でご存じかと思いますが、宮崎駿監督は最後の長編アニメーション映画に取り組み始めました」と明言され、新作が本格始動することが決まった。

「『風立ちぬ』から4年、三鷹の森ジブリ美術館のための短編映画『毛虫のボロ』で、若いスタッフと共に苦手なCG技術にも野心的に向き合い、ついに完成させました。一方、この間、昔からの大切な仲間を何人も亡くし、自分自身の終焉に関してより深く考える日々が続きました」「ここに至り、宮崎監督は『引退撤回』を決断し、長編アニメーション映画の制作を決めました。作るに値する題材を見出したからにほかなりません。年齢的には、今度こそ、本当に最後の監督作品になるでしょう」と、今回の経緯が報告されている。

さらに「この映画制作完遂のために、若い力を貸して下さい。期間は3年間です。一緒に制作に加わってくださる方を募集します」と熱い想いが綴られている。

今夏には、スタジオジブリ出身の米林宏昌監督&西村義明プロデューサーで贈る『メアリと魔女の花』が公開予定であり、今後も日本のアニメーション作品が世界中のファンを魅了してやまないだろう。

◆宮崎駿監督が長編アニメ復帰
宮崎駿監督(75)が長編アニメ制作に復帰することを示唆している。

スタジオジブリの創設者である宮崎監督は『風立ちぬ』の公開後の2013年9月、長編アニメ制作から引退することを表明していたが、「やっている最中に死んだほうがまし」だと考えていることから映画制作への意欲を示しているようだ。

11月13日に放送されたドキュメンタリー番組「NHKスペシャル 終わらない人 宮崎駿」では、宮崎監督が三鷹の森ジブリ美術館のために短編映画「毛虫のボロ」を制作している様子や、プロデューサーの鈴木敏夫とともに長編アニメの制作について話をしているところが伝えられた。

鈴木プロデューサーはこれまでに『となりのトトロ』『ハウルの動く城』など数多くの映画を手がけてきた宮崎監督にとってスタジオジブリはいつでも帰ってくることのできる家のようなものだといい、宮崎監督は死ぬまで映画を作り続けるタイプの人であるため、その意思がある限りジブリは映画を作り続けると語っている。

もし宮崎監督が今回引退宣言を撤回することになったとしても、実は初めてのことではない。宮崎監督は『もののけ姫』の制作を最後に1998年に引退すると発言していたものの、その後18年間に渡って6つの長編アニメを制作してきた。