小学館がコロコロコミックを販売中止の発表


小学館の月刊誌「コロコロコミック」3月号掲載の漫画「やりすぎ!!! イタズラくん」でモンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があった問題について、同社は公式サイトで同誌3月号の販売中止を発表した。
小学館は公式サイトで「『コロコロコミック』3月号については、販売中止とし、書店様にすみやかな返品をお願いすることといたしました」と発表。返品を希望する購入者に対しては、定価相当を返金する。返金方法は、詳細が決まり次第サイト上で告知する。同社広報は販売中止の理由について「チンギスハンを敬愛する方々にあらためて深くおわびし、書店での混乱を避けるため」とした。
小学館は2月23日に「2月15日に発売致しました弊社月刊誌『コロコロコミック』3月号掲載の漫画『やりすぎ!!!イタズラくん』において、モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛するすべての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申し上げます。今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です」と公式サイトで謝罪していた。