【コヤッキーch更新】ただただ綺麗。ポイズンピンクのレイジュ姉さん

こんばんわぁ~!!

明日から金沢出張~。
コヤッキーです。コヤッキー

 

 

大中小!

 

昨日のコヤchP.O.Pギア4ルフィを紹介しましたが、

とてもたくさんアクセスをいただきました。

 

ありがとうございます☆

 

 

コヤッキー@YouTubeやってます@koyakky1219 

【コヤッキーch更新】 こんばんわぁ~☆ 今日のヤツです。はっきり言ってでかいです。ここ最近の中では一番おすすめのヤツです。 タンクマンも欲しなるやん!!!^^ https://t.co/lphcuUtJwu

2017年10月10日 20:45

 

 

やっぱり大中小比較すると

違いがわかっていいですね!

 

あなたはどれがお好きですか?

 

 

ってか、、、

かわいらしいです(・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、、、

今日の動画です☆

 

 

 

 

 

 

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

お美しい…。

「【いい!】ただただ綺麗。ポイズンピンクのレイジュ姉さん」

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか・・・

飾り映えもしますし、レビューのし甲斐があります!

 

 

次回は、いよいよマレーシアのヤツです。

 

 

 

 

 

 

明日また会いましょう!こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いいね」「リブログ」

よろしくお願いいたします。バイバイ

アイドルタイムプリパラ:第28話『いっちばーんがやってきた!』感想ツイートまとめ

アイドルタイムプリパラを見る。ついにレジェンド降臨ッ! みあ先生がパパラ宿にやってきて、ぶっちぎりフリーダムな大暴れをするエピソード。因縁あるシオンと血縁あるしゅうか、二人のキャラを掘る形にもなった。モブや演出にDMFのエッセンスを大量に盛り込み、オールドファン感涙であるな。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年10月11日 というわけで、先週のしゅうかに引き続きその姉、華園みあの登場エピソードである。なんでも一番にこだわり、勝ち負けを超越した…っていうとキレイ過ぎる自由人っぷりを誇り、好き勝手に大暴れする伝説のアイドル。俳人でいうと種田山頭火とか、尾崎放哉みたいな立ち位…

Wake Up, Girls! 新章:第1話『私たち、Wake Up Girls!でーす!』感想ツイートまとめ

Wake Up, Girls! 新章を見る。映画三本TVシリーズ二本、リアルワールドでの活動がてんこ盛り。色々あったWUGも新体制でリブート開始。Ordet時代の癖の強いエグミを取り除いて、かなりストレートな地方アイドル物語として再出発する意思を感じる第1話となった。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年10月11日 とは言うものの、『フツーの話』に寄せてこう、という意思は映画二作目(以前の、TV版後半あたり)から滲んではいた。露悪的であることがリアルであると、ニヒリズムに擦り寄れば現実的であると(あえてこの言葉使うが)勘違いしていた舵は、結構早いタイミングで切り替えした…

Infini-T Force:第2話『IMMEDIATE FAMILY』感想ツイートまとめ

Infini-T Forceを見る。昭和のオッサン!インテリメガネ!熱血チャラ男!メカ美少年!タイプの違うイケメン四人とDOKI☆DOKI同棲生活、新世代のタツノコリブートはぶっちぎり乙女系!って部分を楽しませつつ、世界説明ありヒロイズムありの盛りだくさん第2話。おもしれー— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年10月10日 一気に状況を進ませ、キャラクターを舞台に乗せた第1話に引き続く第2話は、キャラクターが屋根を同じくする場所の構築、キャラクターの背景と内面の説明、イカすアクション、あざといオッサン、あざといイヌ、あざといケツ、友情と正義の涙で構成されていた。盛り沢山だ…

ボールルームへようこそ:第14話『結成』感想ツイートまとめ

ボールルームへようこそ を見る。お相手に出会ったようでいて、男勝りのじゃじゃ馬はなかなか乗りこなせない。悩める多々良が転がる運命に巻き込まれて…というエピソード。悠木碧が好演する明の存在感と腕力が展開を牽引して、カップルの歪さが白日のもとに晒されるまで一気に進んだ。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年10月10日 自己主張の弱いボーイと、自分が強すぎて素直になれないガール。ちーちゃんと多々良二人に任せていると状況は進展しないわけだが、ここで新キャラ投入、超重量級感情弾頭・甲本明である。臆病で優しい多々良が踏み込めない領域にガンッガン踏み込み、煽って舞台に乗せる。エースを…