アルファ碁に勝った人間、イ・セドルと人工知能の未来

イ・セドルが勝った。前三局を見て、誰もがもう勝利を諦めかけていた。本人だって、もう勝てないと思っていたかもしれない。
しかし、本局も一度非勢に陥ったにもかかわらず、決して諦めずに渾身の勝負手でアルファ碁をあわてさせる事に成功したのである。追い込まれた状況の…

イ・セドルvsアルファ碁第三局など雑感

先ごろスティーヴン・ホーキング博士が、人工知能は人類の終焉を意味すると発言して話題になった。AlphaGoを見ていると、あながちそれが夢物語、あるいは悪夢とも思えなくなってくる。

と、大きく出てみたけれども、そろそろネタ切れなので今日は雑談です。

まず、昨日の第…

AlphaGoというモンスター、あるいは天使

第二局の記事を書いた際に、AlphaGoが従来の人間の常識ではありえないような中央重視の厚い碁を打って、しかも勝ってしまったことを指摘した。その後、韓国のプロがその事を認めている記事を教えていただいた。
なぜAlphaGoにそういうことが可能なのか、その仕組みについて諸…

イ・セドルに連勝したAlphaGoについて

第二局もAlphaGoが勝った。イ・セドルは完敗を認めた。
「言葉がない。私の完敗だったことを認める」と語り、10日のアルファ碁には「弱点がなかった」と付け加えた。
 先だって李氏は、AIに対して自らの「大勝」を予見していた。だが対局後、李氏は青ざめた顔で「アルファ…

イ・セドルとAlpha Goの五番勝負第一局雑感

昨日は歴史的な勝利をAlpha Goがあげた。勝っただけでも大変なことなのに、しかもその内容が囲碁関係者にとって衝撃的だったようである。
(お断りしておくが、私は将棋ファンで囲碁はルールに毛の生えた程度しか知らないので、以下の記述は昨日のゲームの囲碁棋士などの発言…