中国人「中国侵略で焼き尽くす、殺し尽くす、奪い尽くす『三光作戦』を提案した岡村寧次」

180514-1-001.jpg

中国侵略で焼き尽くす、殺し尽くす、奪い尽くす「三光作戦」を提案した岡村寧次

1941年7月10日、日本軍河北部隊の司令官である多田駿が日本軍事参議官となり、岡村寧次が続いて軍司令官になった。
彼は就任後封鎖するための溝を掘り、高い壁を建て、要塞政策の強化および大「掃討」の中で、焼き尽くす、殺し尽くす、奪い尽くすという「三光作戦」を実行した。