今の中国。習近平は物凄いバカ専用の罠に引っかかったようです^^;

豪雨被害で犠牲者が百人を超えてしまったそうですね。
なんとも痛ましい事で御座います。
犠牲になられた方々には深くご冥福をお祈り申し上げます。

しかし、これほどまでに大きな被害になるとは、私も予想しておりませんでした。
・・・随分と甘く考えていた自分を恥ずかしく思います。
それで、被害状況は今以上に拡大する。と言う話もあるそうなので。
皆々様も、どうぞお気をつけ下さいませ。



さて。前回の話題は改めての中国の話題でしたね。

やっぱり今一度考えてみましても、中国への介入は避けられないし。
仮に介入をしない場合だと・・・相当にアジア情勢は悪化するだろうなぁ。と、
そのように私は考えている次第で御座います。

うん。私自身と致しましてもね^^;
中国に介入して分割統治でバラバラにする。と言うのは大きな決断であり。
それ相応のリスクがある事もわかるんですけれど・・・。
でも、コレ以外の方法が私には思いつきませんでした。ナハハハ^^;

今現在の中国の崩壊に伴う混乱を抑え込む事。
アジア全域。世界全体に対する悪影響を最小限にするためには。
中国が崩壊する前に中国に介入して、中国をバラバラに分裂させる。と、
それ以外の別の方法が私には見つけられなかったんです。うん・・・。


無論。中国が自発的に民主化する事こそがベストですなんですけどね^^;
しかしながら、今の中国を見る限り・・・その可能性は限りなくゼロに近しい。
あの劉暁波さんにも出来なかった事が、他の中国人に出来るとは私には思えません。
そして、そんな限りなくゼロに近しい可能性に期待して何もしない。と言うのは、
実に無責任な事では無いかなぁ。と私は思います。
よって。
ベターな選択肢として諸外国による中国への介入。それによる分割統治と。
そんな手段を現実的に考えるべきでは無いかなぁ。・・・と、
そのように私は改めて申し上げる次第で御座います。


さて。それで本日の話題です。
本日はアジア情勢に変化がありましたので、その話になります。
それでは参りましょう^^

まずは、こちらをご覧下さいませ。
http://www.sankei.com/world/news/180710/wor1807100011-n1.html

こちらは産経さんの記事で、トランプさんが中国を名指しで牽制したそうです。
中国が米朝合意に否定的な影響を与えている。と言う事らしいんですけれど。

それで・・・これってさ。
たぶんトランプさんの最終通告であると共に、事実上の勝利宣言ですよねぇ^^;
と言いますのもね。
中国が北朝鮮に介入して米朝合意。早急な非核化に応じないように働きかけてる。と、
そのような可能性につきましては、ある意味で誰もが予想していた事だと思いますし。
現実問題として、そのとおりだろう。と私も思います。うん^^;

まあ、今更ながら驚くような話でも無い。と表現する事も出来るでしょうし。
アメリカ政府。トランプ大統領もね^^;
こうなるだろう事は十分に予想していたはずの事なんです。
つまるところ。
現在のように中国が北朝鮮に介入して米朝合意の阻害を画策する。と言う動きは、
ある意味でアメリカ側。トランプさんの計画通りである。とも言えると思うんです^^;
それで、仮にね。
これがトランプさんの計画通りの展開なのだとしたら、まんまと中国は罠にかかった。
習近平はトランプさんの思惑通りに動いてしまった。と言う事だと思います。

まあ、何が言いたいのか?と言いますとね^^;
中国が北朝鮮に介入して米朝合意を阻害しようとした時点で。
もはや今の中国と言うのは、アメリカだけが対立する問題じゃなくなった。と言う事です。


よろしいですか?
中国政府。中国共産党。そして、習近平。よくよく冷静になって考えて下さいませ。
これは以前から何度となく書いている事ですけれどね^^;
もう状況は変わっているんです。アジア情勢は従来の状況とは違うんです。
北朝鮮問題は米朝会談による合意によって、既に解決したはずの問題なんです。
そこに中国が介入する余地と言うのは、もう存在しないはずなんです。
・・・にもかかわらず、今現在の中国は北朝鮮の問題に介入してしまった。
これが何を意味するのか。わかりますか?
つまり、中国。習近平は米朝会談による合意を否定してしまった。と言う事なんです。

改めて確認しておきます。
米朝会談によるアメリカと北朝鮮の合意は、朝鮮半島情勢の安定。
ひいてはアジア地域の安定を実現させ、世界の平和を確実に前進させたものです。
この合意については、世界各国が好意的に支持していたはずです。
よって。
これを否定すると言う事は世界各国。国際社会の意思に反した行動でもあるんです。
すなわち朝鮮半島情勢を不安定化させ、ひいてはアジア地域を不安定化させ。
世界平和を破壊しようと画策している。・・・と、そう判断されても文句は言えないんです。

となれば、アメリカ合衆国。ドナルド・トランプ大統領が次に何をするのか?
もはや考えるまでも無いはずです^^;
世界各国。国際社会に対して米朝合意を否定する中国。
アジア地域を混乱させ、世界平和を破壊する中国を厳しく糾弾するに決まっています^^;
この瞬間に中国はアメリカとの対立では無く、世界との対立に変わるんです。

中国の無分別な言動によって朝鮮半島情勢は悪化している。
このような中国の愚かな言動は止めるべきだ。そのために国際社会は協力するべきだ。と、
アメリカ政府。トランプ大統領は主張して、アメリカ単独からの経済制裁では無く。
世界各国の共同による経済制裁。対中制裁を画策する事でしょう。


わかりますね?
今までは米中経済の貿易摩擦を背景とした経済制裁の応酬なのであり。
あくまでもアメリカと中国の二国間における貿易戦争だったんです。
でも、これが北朝鮮問題を背景とした経済制裁になったら・・・さあ。大変です^^;
複数の国家による経済制裁。対中制裁となり、中国は袋叩きにされるでしょう。

・・・そろそろ気が付きましょうね。中国政府。中国共産党。そして、習近平。
今の貴方達はトランプさんが仕掛けた罠のド真ん中にいるんですからね?^^;
もはや中国には完全完璧に北朝鮮から手を引く以外の選択肢は無くいでしょう。
つまるところ。
アメリカ側。トランプさんの思惑通りに中朝両国の離間工作が大成功するわけです^^;

うん。事ここに及んで中国が北朝鮮から手を引く。北朝鮮を裏切るとなれば、
もう二度と北朝鮮。金正恩は中国。習近平を信用する事は無く。
今後は全面的に親米路線に傾いて、忠実に米朝合意を履行しようとする事でしょう。
それが経済制裁が解除される一番の近道だからです。
そして、朝鮮半島はアメリカ主導で動く事になり、中国は影響力を完全に喪失する。
これ以上ないくらいに中国。習近平の敗北が確定する・・・わけです^^;


いやぁ~。ホントにねぇ。
私みたいなチンピラ風情でも予想していた事なので、驚く事では無いですけど。
でも、ちょっと呆れてしまいますよねぇ。ホントにさ^^;

中国が米朝合意を否定するかのように朝鮮半島に介入する事と言うのは。
大体の人々が予想していた事であるのと同時にね。
よっぽど今の中国政府。習近平がバカじゃないと、この可能性はあり得ないだろう。と、
そのようにも予想されていた事でもあるんです。
私個人としては、この展開は筋金入りのバカじゃないとありえない。と思っていました。
なので、結果を見る限り今の中国政府。習近平は筋金入りのバカだったわけです。

いや、だってさ^^;
ちょっと考えたら先の米朝会談での合意を否定したらヤバイって。
どこの誰であろうとも、どんな素人でも何となく理解出来るはずの事でしょう?^^;
どう考えても特大級の。物凄い地雷だ。と直感的にでもわかるはずです。
合意を否定したらトランプさんがマジギレする。と理解出来るはずなんです^^;
でも、それがわかりませんでした。と言わんばかりに北朝鮮に介入した挙句に。
米朝合意を邪魔して、否定するかのような言動を見せるって・・・本物のバカですよね。
国際社会が総力を挙げて中国を袋叩きにする大義名分を、わざわざ中国側。
習近平自らが作り出してしまうんですから、本当にどうしょうもありません。


あの・・・このブログでも何度も言いましたでしょう?
先の米朝会談における合意によって、北朝鮮の問題は解決したんです。
そして、そこに中国が介入する余地は無いんです。
もしも強引に介入してしまえば、合意を否定した。と解釈される以外には無いからです。
わざわざ解決したはずの北朝鮮の問題を中国が掘り返して状況を悪化させた。
この事実一つだけで、北朝鮮の問題が悪化した原因は全て中国にある。・・・と、
そのように国際社会が判断する以外には無いでしょう?^^;
世界中の。どこの国家であろうとも中国を擁護なんかしてくれませんからね?
大多数の国家がアメリカの主張。トランプ大統領による中国の糾弾を支持する事でしょう。

その上でトランプさんは複数の国家と協力して中国に制裁を加えるんです。
そうなったら最後です。もう中国は全面降伏する以外にはありません。
金輪際。二度と北朝鮮には手を出しません。とアメリカに約束する以外には無いんです。
こんな簡単な事が、なぜに理解出来なかったんですか?
ここで米朝会談における合意を否定するのは自殺行為だ。・・・と、
今の中国政府中枢には、誰一人として警告を発する人間がいなかったんですか?
・・・実力が低いにもほどがあると思います。


ちなみに。
参考程度までにアメリカによる国際社会。複数の国家による中国への制裁ついて。
それが成功するかどうか。その是非について書いておくのならば・・・。
まず間違いなく成功するだろう。と私は考えています。
なぜか?
それはアジア最大の親米国家にして同盟国である私達日本が協力するからです。

今のようにアメリカから経済制裁を受けている真っ最中の中国にとって。
最期の命綱とも言うべき存在が、私達日本であるはずです。
日中関係。日中経済を最後の希望として、ギリギリで踏みとどまっている。
それが今の中国経済であるはずです。
なので、私達日本がアメリカの要請に従い対中制裁に参加してしまったら。
当然の話として中国経済は跡形も無く消し飛ぶ事になります。
さてさて。こうなってくると、一つの結論が出てくる事になります。
今や中国経済を生かすも殺すも、私達日本次第だと言う事です。うん^^;

そして、残念な事に私達日本は日中関係よりも日米関係を優先しております。
ですから、アメリカ政府。トランプ大統領から正式に対中制裁の要請があった場合には。
ほぼ確実に日本政府。安倍政権。安倍総理は要請を受け入れて、制裁に参加するはずです。

だから、今までの米中での貿易戦争から、最低でも日米中の貿易戦争に変わるんです。
もちろん別の国家が新たに加わる可能性だってありえます。
勝ち馬に乗ろうとして続々と制裁に参加する国家が出てくるかもしれない。
今の中国は状況が悪化する材料は山ほどあっても、好転する材料などありません。

しかし、やはり日本とアメリカです。
世界の超大国と世界の経済大国を敵に回しての貿易戦争になるわけで・・・。
どう考えても今の中国。習近平に勝機などあるわけがありません。
この状況ではヨーロッパ。頼りのドイツですら、無理だ。と言うはずです。
うん。そうですね。
しつこいようですが、もう中国は負けを認めて北朝鮮から手を引く以外には無いんです。
そうすれば私達日本が中国に制裁を加える理由は無くなりますからね。
中国の経済もギリギリで維持される・・・かもしれません^^;

ただし、一つ言っておくとアメリカとの貿易摩擦に関しては別の話になります。
アメリカからの制裁は続くかもしれませんけれどねぇ。
それはそれ。これはこれ。と言う奴で御座います^^;



しかしまあ、それにしてもさ^^;
もう少し中国。習近平も考えて行動すれば良いのにねぇ・・・。
先の米朝会談における合意が成立した事によって、朝鮮半島情勢は変わったんです。
それゆえにアジア情勢それ自体も変わったんです。
であれば、状況の変化に合わせて戦略についても変化させる必要があるんです。

それなのに中国。習近平って従来通りの戦略を画策していたでしょう?^^;
北朝鮮を利用して米中両国の対立回避。米中関係の改善を画策する・・・ってさ。
それは北朝鮮の問題が解決しない状況で通用した戦略なのであって。
米朝合意が成立して問題が解決した後では、一切通用しないどころか。
逆に中国を自爆させる悪手以外の何物でも無いでしょうに^^;

どうすれば北朝鮮問題を解決出来るのか。
言い換えれば、北朝鮮こそが問題の元凶だ。と言う段階であればね。
口八丁手八丁で中国の都合の良い主張が通るかもしれません。
中国が介入するのは北朝鮮を適切に管理するためだ。北朝鮮を暴走させないためだ。
・・・と言う事でアメリカと交渉する余地もあったでしょう。

でも、北朝鮮問題が解決した後になってしまえばね。
それ以上どうする事も出来ないでしょう?^^;
もう合意したんだから北朝鮮は適切に管理されているし、暴走もしないんです。
それなのに合意など知らん。とばかりに無理やり介入して問題を掘り返してしまったらさ。
掘り返した中国が元凶だ。と判断されて終わりです^^;
アメリカのみならず。世界中から批判されまくって、ボコボコにされるのがオチです。
中国さえ手を引けば合意通りに話が進むだろう。と誰もが考えるからです。

うーん。こんな簡単な事が、なぜにわからないのかなぁ?
中国が火に油を注いでいるんだろう。中国が問題を悪化させているんだろう。
完全にマッチポンプじゃねぇかっ!・・・と、
そんな風に批判されたら、なんて言い訳するつもりだったんですか?
あまりにも批判内容が正し過ぎて、言い訳なんて出来ないでしょう?^^;


・・・まあ、もう何を言っても後の祭りですけれどねぇ。
でも、ちょっとで良いからロシアを御覧なさいな^^;
ロシアは北朝鮮に対する迅速な経済制裁の解除について。
その点については中国に賛同して、アメリカに制裁解除を提案したでしょう?
でも、あれって米朝合意については批判していないんです。少なくとも表向きにはね。
その理由についてわかりますでしょうか?^^;

あの経済制裁の解除と言うのは、米朝合意を前提とした上での提案だったからです。
合意に基づいて北朝鮮が迅速に非核化するのならば。
同じく迅速に経済制裁を解除するのが道理では無いか。と言う形式だったんです。
この形式では米朝合意を否定するどころか。むしろ肯定しているんです
北朝鮮の問題は既に解決された。として提案しているんです。

だから、この点においてロシアはアメリカと対立していないんです^^;
米朝会談による合意を前提とした行動を示す事によって。
それによる朝鮮半島の安定。アジア地域の安定。世界平和の実現が前進した事について。
ロシアと言う国家は邪魔をしていないし、反対もしていないんです。
うん。一切の隙を見せない恐るべき外交センスです。もう脱帽で御座います^^


これに対して中国はどうだったのか?
北朝鮮に無理やり介入した挙句に、非核化についてまで圧力をかけている。
解決したはずの問題を無理やり掘り返している。
明確に米朝合意を否定している。アメリカと対立している・・・わけです。
案の定。
まんまとアメリカ側。トランプさんの罠に引っかかってしまったんです^^;
米朝会談による合意を完全に無視した行動を示す事によって。
それによる朝鮮半島の安定。アジア地域の安定。世界平和の実現が前進した事について。
中国と言う国家は邪魔をしているし、紛れも無く害悪となってしまっている。
国際社会が総出で中国を袋叩きにする大義名分を、習近平自らが与えてしまったんです。
もう信じられないほどの外交的な大失策。致命的なまでの隙を自分から見せてしまった。
・・・しかも当人は、まだその事を気が付いていないでしょうねぇ。きっと。


これだけ見ても中国とロシアでは国家としての格の違いがわかりますでしょう?^^;
安全保障戦略。外交戦略において雲泥の差があるんです。
これこそが単に膨張しただけの中国と、真の大国であるロシアの実力の差です。
中国の方々。
これが本当の。激烈な国際社会における外交のレベル。戦いのレベルなんです。
今の中国では弱過ぎて交渉のテーブルに座る前に敗北が確定している状況です。
それほどまでに今の中国政府。習近平が弱過ぎるからです。

こんなバカ丸出しの連中が考えた外交戦略で動くくらいなら。
いっそロシアの動きに合わせて動いた方が何倍もマシだと思います^^;
うん。ロシアがやる事はオッケー。ロシアがやらない事はダメ。と、
そのような基準で動いた方が、まだマシだろうなぁ。と思いますもん^^;


まあ、ともかく。
繰り返しますが状況の変化と共に戦略を変化させるのは当たり前です。
そんな当たり前の事すら今の中国。習近平には出来ないんです。
しつこいようですが、本当の本当に実力が低過ぎて話にならないんです。
交渉が可能なレベルにすら達してしないんです。だから、本当に話にならない。

そんな状態なので今後の中国はアメリカ側。トランプさんの思惑通りに。
たぶんサンドバッグみたいな状態でボッコボコされて、何も出来ず崩壊していくだろう。と、
そのように私は考えている次第で御座います。いやはや^^;


それでは本日もまた失礼致しました。皆々様。おやすみなさいませ^^