北朝鮮「戦争になれば日本を最初に攻撃する」共産党「日本には憲法9条バリアがあるから安全」


北朝鮮で日本との交渉を担当する宋日昊(ソン・イルホ)大使が「戦争になれば日本が最初に被害を被る」とアメリカを支持する日本を牽制(けんせい)しました。

 日朝国交正常化交渉担当・宋日昊大使:「戦争になれば真っ先に被害を受けるのは日本だ」
 宋大使は平壌にいる日本のメディアと会見し、「私たちに少しでも手をかけるなら全面戦争になりかねない」と述べ、「アメリカと戦争になれば日本も攻撃対象になり得る」と警告しました。

安保法案の時に騒いでいた共産党「憲法9条で世界平和!9条バリアがあれば大丈夫!ミサイルを撃たれても対話しよう!!!」
共産党「北朝鮮にアメリカが先制攻撃をしないように安倍はトランプを止めろ、絶対に北朝鮮を攻撃させるな」安倍首相「北朝鮮に攻撃を止めろと言わないの?」

◆共産党「北朝鮮にアメリカが先制攻撃をしないように安倍はトランプを止めろ、絶対に北朝鮮を攻撃させるな」安倍首相「北朝鮮に攻撃を止めろと言わないの?」
共産・宮本議員「首相がやるべきはトランプ政権への説得」

北朝鮮問題をめぐり、共産党の宮本議員は国会で安倍総理に対し、「アメリカが先制攻撃を行えば日本にもおびただしい犠牲が出る。総理がやるべきはトランプ政権に対して先制攻撃という選択肢は絶対だめだと説得することだ」と迫りました。

 「総理は、アメリカが先制攻撃を行えば、韓国、そしてわが国もおびただしい犠牲が出ると、こういう認識はですね、お持ちじゃないんですか。私は総理がやるべきは、トランプ政権に対して、軍事的選択肢、先制攻撃という選択肢は絶対だめだと、このことを説得することだと思いますよ。どうですか」(共産・宮本徹議員)

 「戦争はもちろん、これはあってはならない、外交的な努力によって問題を解決しなければならないのは当然のことであります。だからこそですね、宮本さん、それは北朝鮮に対して国際社会が一致してですね、こんなことはやめろと、こう強く言わなければならないのであってですね、アメリカにお前らはやめろと言うことでは私はないんだろうと思います」(安倍晋三 首相)

 また安倍総理は、「我々が北朝鮮に対してあるべき姿を説いて、『わかりました、そうします』ということには残念ながら20数年間ならなかった」と述べた上で、「彼らに時間を稼がせて能力を向上させればもっと危機は水準が高まっていく。中国も含めて国際社会が圧力をかけていくことが重要だ」と強調しました。
…(反論できない)