北朝鮮が談話を発表「アメリカよ、本物の戦争の味を見せてやろう」


北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、アメリカが「身動き」したならば、「本物の戦争の味を見せてやろう」と威嚇する報道官の談話を発表しました。

朝鮮中央通信によりますと、北朝鮮外務省軍縮・平和研究所の報道官は談話で、アメリカによるシリアへのミサイル攻撃を非難した上で、アメリカは主権国家に対する自分らの侵略行為を、朝鮮半島でそのまま再現しようとしているとしました。

さらに「わが軍隊は、アメリカが身動きをしたならば、無慈悲な報復打撃で復讐の核のいかずち、懲罰の稲妻を激しく下し、本物の戦争の味がどのようなものかをはっきりと見せてやろう」と威嚇しました。
その一方で北朝鮮の労働新聞は14日朝の紙面で、13日に金正恩(キム・ジョンウン)党委員長が出席した高層ビルが建ち並ぶ黎明(リョミョン)通りでの竣工式を取り上げ、北朝鮮への経済制裁を続ける国際社会に向けて、発展ぶりをアピールしました。