我が先生の日本刀理論はやっぱり正しかった

イメージ 1

東京芸術大学大学院の教授が室町期の刀身構造を研究発表し、更に我が先生がそれを分析した。


日本刀の構造←詳しくはこちらご参照ください。


イメージ 2


イメージ 3


上の画像を見てお解かりだと思うが明らかに一枚鍛えに刃金を付けた構造。

表面に薄い皮金のようなものが確認できるが俗説の皮金とは違う。
このような薄い皮金なら1~2回の研磨で心金が露出してしまう。
著者の教授は従来の日本刀の造り込みを前提としている為に、これを"まくり"と判断したようだ。
現在の日本刀の造り込みの種類は幕末の新々刀をもって述べているのに過ぎないが、著者はこれを前提にしたようだ。

但し、主な材料には玉鋼使用されていないとのことだ。
『割刃』は刀身全体の強度保持の必要性から生まれたものではない。不均質複合材(刀工は当然無意識)で不都合は無かった。
刀身本体(軟鋼)の側面を強力に滲炭させる・・・炭素交換(遷移)の理屈は当然知らない・・・手段に皮鉄を用いたという解釈は成り立たないだろうか? 古刀の複雑な焼入で刀身強度への効用を経験的に知っていた。
そうだとすれば鎬の近辺で皮鉄が途絶えていることや皮鉄が極端に薄いこともある面で頷ける。研ぎで皮鉄が摩滅してもなお実用性を保持出来る。
現代感覚で推し量れない刀匠の知恵があったのではなかろうか。※先生のホームページから    

いくつかの解釈の問題点はあるものの、このような発表がされたことは喜ばしいことである

簡単に言うと玉鋼を使用せず、一枚鍛えであることが著者の研究と我が先生の再分析により証明されたのである。


イメージ 4