新潟女児殺害の容疑者は「アニメ好き」 | アニメ・ゲームと犯罪を紐付ける報道に反発


新潟市立小針小2年の大桃珠生さん(7)を殺害し線路内に遺棄した疑いなどで、小林遼容疑者(23)が14日夜に逮捕された。注目を集めていた事件だけに、マスコミ各社は卒業アルバムを入手するなど、小林容疑者がどのような人物なのかを一斉に報道。その中で小林容疑者がアニメやゲームを好むオタクだということが強調され、ネットでは反発の声があがっている。

NHKは事件の最新情報を伝える記事を15日の朝に掲載。捜査状況や任意同行までのいきさつ、防犯カメラの情報など伝え、最後に小林容疑者の高校時代の同級生だという男性のコメントを紹介。この同級生は「当時はアニメが好きな友達と仲がよかった印象で、授業中にちゃかすなど幼いところがあった」となどと話したとしている。

また、フジテレビの情報番組「とくダネ!」も15日の放送で、高校時代の同級生への電話インタビューを紹介。小林容疑者は「ゲーム」に時間を割いており、その内容は「北斗の拳」など硬派なものではなく、「女の子がって感じ」だったという。また、この同級生は小林容疑者について、「ロリコンとかっていう言葉が一番共通認識の中ではわかりやすいんじゃないかな」「オタク そんな感じかな」と語った。

凶悪な犯罪が起きるたびに、マスコミはアニメやゲームのオタクを犯罪予備軍扱いするとして、ネットでは反発の声が多数あがっている。「とにかく容疑者にアニメ/オタク要素を盛り込みたいというNHKの強烈な意思」「アニメ好きが友達にいたら、全員が犯罪者予備軍とでも言いたいんだろうか?」「アニメ好きな友達表現要らんやろ、本人アニオタみたいなミスリードやめろや」「また、マスコミのゲームバッシングが始まるよ」「『アニメオタクは犯罪者予備軍!』『アニメが好きなのは関係ないだろ!』とかの討論にまたなるんだろうな・・・」「アニメやゲームが問題なんじゃなくて、犯罪行為をしたことが問題」

また、人気ゲーム「鉄拳」シリーズのプロデューサー・原田勝弘氏もNHKの報道を引用し、「まじかよ。伊織Pでホラー映画好きで戦争ゲームと銀行強盗ゲームを毎晩やってるバイオレンスゲーム開発者の俺と友達になってる人悲惨だな」と皮肉のコメントを寄せている。

容疑者の同級生「逮捕され驚いた」

小林容疑者の高校時代の同級生だという男性は「高校時代は3年間、同じクラスで、逮捕されたことに驚いている。当時はアニメが好きな友達と仲がよかった印象で、授業中にちゃかすなど幼いところがあった。ずっと市内の会社に勤めていると聞いているが、高校を卒業してからは会っていない」と話していました。

小中学校の同級生だという男性はツイッターを通じたNHKの取材に対し、中学校の時にはバスケットボール部に所属していたとしたうえで、「中学校の時にバスケ部に所属し、何事にも一生懸命で仲間思いな性格でした。友人も多く、信頼されていて、彼が逮捕されて驚いています」というメッセージを寄せました。