竹田宮恒徳王殿下佩刀

第一総軍防衛主任参謀 陸軍中佐 竹田宮 恒徳王殿下御遺品
イメージ 9
長さ:66.2cm  反り:2.1cm  目釘穴:一個
          ※飯田式鞘は行方不明。
 
イメージ 2
表 備前国長船住上野大掾藤原祐定作
 
イメージ 3
裏 正徳三年正月吉日
 
イメージ 4
北白川宮殿下から贈られた軍刀らしい
 
イメージ 5
 
イメージ 6
飯田式錠蓋
 
イメージ 7
 
イメージ 10
刀身を収める白鞘とは別に白木の鞘がある。
 
イメージ 8
 
イメージ 11
桐箱
会社役員様 所蔵
 
イメージ 1
昭和二十二年 皇籍離脱 平成四年薨去なされました。
 
鞘が行方不明。おそらく殿下が帰宅し宮務官(侍従に相当)に軍刀を渡し、宮務官が飯田式の鞘から柄や鍔など、はめたまま休め鞘に入れた思われる。その状態で流失した?