第2次ソロモン海戦(上) ガダルカナル奪還で早くも“暗雲”…空母撃沈、攻撃機は水上着水の悲惨 NO.1

第2次ソロモン海戦(上) ガダルカナル奪還で早くも“暗雲”…空母撃沈、攻撃機は水上着水の悲惨  NO.1

 

(1/6ページ)【関西歴史事件簿

翔鶴隊から攻撃を受ける「エンタープライズ」

 

 昭和17(1942)年8月、南太平洋上に連なるソロモン諸島の一角、ガダルカナル島をめぐり、アメリカを主力とする連合国軍と争奪戦を展開する日本軍は第1次ソロモン海戦に勝利するも部隊の上陸に失敗し、再び部隊を送るべく空母護衛下で兵を送る作戦に出た。

ところが日本軍の低い情報収集能力と戦果の過大報告による目算の甘さが戦力投入の時期と数の判断を見誤らせ、多くの犠牲を出す。そして珊瑚海での失敗が再び…。

戦果の誤認

8月上旬、ガダルカナル島に日本軍が少人数で飛行場を建設中のところを大部隊で急襲した連合国軍は難なく島を占領する。

そして海兵隊や物資を続々と陸揚げして、飛行場の建設を急いだ。

だが夜闇を突いて現れた日本の重巡洋艦群に、輸送船を護衛中の連合国の艦隊が全滅に近い打撃を被った影響で、輸送船は海兵隊だけを残して島から撤退。

そこで物資の揚陸は滞る。

一方、日本側も重巡艦隊の砲撃で輸送船に損害を与えられなかったが、たびたび空襲した航空隊からの報告を受けて、連合国軍の部隊や輸送船もほぼ撃退したと思い込んでしまう。

その結果すぐに追い打ちをかけることなく、期間をしばし開けての8月25日までに島を奪回することを目標に、陸海軍は合同で作戦を行うことで決定する。

当時、日本軍は連合国軍の残存兵力は2~3000人と見積もっていた

11日に連合国軍が日本軍の機材を使い飛行場の建設を進めているという報告に慌てふためき、木清直大佐率いる900人を先遣隊に上陸させ、のちに2500人を増援する方向で作戦に移った。

 

(2/6ページ)【関西歴史事件簿

 一木大佐といえば、盧溝橋(ろこうきょう)事件などをはじめ中国戦線での武勇伝で知られた猛者。

このため、軍部の中では「一木は必ずやってくれる」といった期待感が高まっていた。

そこに本土で訓練中の南雲忠一中将の「翔鶴」「瑞鶴」「龍驤(りゅうじょう)」の空母3隻を基幹とする第三艦隊も、上陸部隊の護衛と敵機動部隊撃滅の任務を受けて出撃命令を受けると、16日に出港した。

6隻の駆逐艦に分乗した一木支隊の900人は18日にガダルカナル島タイボ岬に上陸。

19日には増援部隊の2500人がトラック島を出た。

しかし、当時、島には連合国軍の兵力は日本の予想をはるかに上回る1万1000人が残り、飛行場も完成して19日から運用していたことは知らなかった。

予想しない敵

19日、日本軍はガダルカナル島奪回のための「カ号作戦」を発動する。

南雲中将の第三艦隊は「敵艦隊発見」の情報を受けると、トラック島に寄ることなくガダルカナル島へ進んだ。

アメリカも、空母「エンタープライズ」など空母3隻からなるフランク=フレッチャー中将の第61任務部隊が真珠湾を出港した。

そこに、飛行場のあるルンガ岬の東、ダイボ岬に上陸した一木支隊が20日夜に飛行場の東を流れるイル川にたどり着く。

だが対岸には、予想もしていなったアメリカ軍の陣地を目の当たりにする。それも相当の数で軽戦車もあった。

にもかわらず21日未明に突撃した隊は1日でほぼ壊滅。一木大佐も戦死する。

 

(3/6ページ)【関西歴史事件簿

 一方、そんなこととは知らない南雲機動部隊は南下を続け、23日には後続部隊を運ぶ輸送船の護衛とガダルカナル島攻撃のために龍驤のほか重巡1隻、駆逐艦2隻を本隊から離し、島へ向かわせた。

龍驤は基準排水量1万トンの軽空母で、この作戦で搭載していたのは33機と翔鶴級空母の半分にも満たない。

第三艦隊の護衛としての役割を持っていたため、搭載機の大半は零戦だった。

 南雲中将はアメリカ機動部隊の出現を予想し、翔鶴と瑞鶴を温存したかったのだろう。

この作戦での龍驤の運用法は、この3カ月前に珊瑚海海戦でアメリカ機動部隊に沈められた軽空母「祥鳳」を思わせる。

 あのときも輸送船護衛の任務を負った祥鳳が、艦載機の集中攻撃を浴びて沈没するが、そのあとに翔鶴と瑞鶴の艦載機がアメリカ空母「レキシントン」を撃沈する戦果もあった。

 だが今回は輸送船の護衛以上に、島を攻撃させて敵機動部隊をおびき出す、非情な囮(おとり)としての任務を背負わされているような龍驤の使い方である。

囮空母・龍驤の沈没

 ガダルカナル島に接近しつつあった龍驤は、アメリカ哨戒機に発見されながらも24日午前10時、予定地に到着。周囲にアメリカ空母がいないのを確認して島に向けて零戦、97艦攻各6機を出した。

 

【歴史事件簿】第2次ソロモン海戦(上) ガダルカナル奪還で早くも“暗雲”…空母撃沈、攻撃機は水上着水の悲惨

攻撃を受ける龍驤(上)