3億円事件の再来 | 29歳男性会社員が路上で現金3億8000万円奪われる


20日午後、福岡市中央区の路上で、銀行で下ろした現金3億8000万円余りを奪われたと会社員の男性から通報がありました。男性は、現金を奪ったのは3人組で車で逃げたと話しているということで、警察が強盗事件として捜査しています。

警察によりますと、20日午後0時半ごろ、福岡市中央区天神1丁目のみずほ銀行福岡支店の前の路上で現金3億8000万円余りを奪われたと男性から通報がありました。

警察によりますと、通報してきたのは、東京・足立区の29歳の会社員の男性で、「3人組から催涙スプレーをかけられて銀行で下ろしたばかりの現金を奪われた。3人組は白いワゴン車で逃げた」と話しているということです。

警察によりますと、3人組のうち1人は男で、年齢が30歳から40歳ぐらい、身長が1メートル75センチぐらいのがっちりした体格で服装は灰色っぽい作業服の上下に、ニット帽か白いマスクなどで顔を覆っているようだったということです。

また、もう1人も男で、身長が1メートル70センチから75センチぐらい、黒色の作業服姿で、白いタオルを頭に巻いて、白いマスクをしていたということです。3人目は性別が不明で、ワゴン車の運転手役のようだったということです。警察は強盗事件として捜査しています。
4億も降ろす人って何やってる人なん?