宝塚音楽学校の鉄のおきて


タカラジェンヌを育てる兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)で18日、第105期生40人の入学式が開かれた。元プロテニス選手でタレントの松岡修造(49)の長女・恵さん(17)も26・1倍の難関を突破し入学。これから送る学校生活は厳しい規律で知られ、元男役トップスターで女優の紫吹淳(48)が“鉄の掟(おきて)”を明かした。

入学式では制服姿の新入生が1人ずつ名前を呼ばれ、恵さんは元気に「はい」と返事し起立して一礼。上級生から校章のバッジを着けてもらうと、目に涙を浮かべ、上級生に拭われていた。恵さんの入学は関心度が高く、同校によると「例年の約3倍」の報道陣が詰めかけた。

 今後、宝塚歌劇のスターを目指し、予科と本科の2年間にわたり、声楽やダンスなどの練習に励む。恵さんは宝塚歌劇団創始者の故小林一三氏を高祖父に持ち、一族も宝塚出身が多いが、一三氏は生前、劇団の機関誌で「密接の親類関係からその家庭を斟酌(しんしゃく)して入学せしむることは、(中略)試験は厳重に審査している」と縁故入学を否定。さらに待ち受ける学校生活は、本人の実力ややる気がなければ乗り越えられないほど規律が厳しい。

 84年に入学し、86~04年まで宝塚歌劇団で活躍した紫吹は、福岡・博多座で舞台「細雪」(28日まで)の公演の合間にスポニチ本紙の取材に応じ“鉄の掟”を明かした。大前提にあるのは、予科生にとって「本科の上級生は“絶対”の存在」ということ。校内で廊下を歩く際は「壁沿いを1列で速足で歩き、私語や笑顔は厳禁。外を歩く時も2列縦隊です」と説明。掃除は毎朝約1時間半、教室や玄関、トイレなど持ち場をちり一つ残さないよう磨き「制服のスカートの内側に粘着テープをちぎって何枚も貼り付け、ほこりに気がついたらすぐに掃除ができるようにしていました」と振り返った。

 寮生活でも、上級生に迷惑をかけないよう「目覚ましが鳴ったらすぐに止める」という。私服の色も当時は黒、紺、グレーだけ。阪急電車を見かけたらお辞儀するルールもあり「上級生や劇団関係者が乗っているかもしれないので、顔が見えなくても頭を下げます」と解説した。

 厳しい学校生活を経て「培われた行儀作法や品格が今も役立っている」と話す。恵さんについては「端正な顔で、私が入学した時よりもしっかりと形が出来上がっている。将来性があると思います」と期待を寄せた。

宝塚音楽学校の歴史について
宝塚音楽学校は、宝塚歌劇団の出演者(タカラジェンヌ)を養成する学校で、予科と本科の2年制です。1913年に、宝塚唱歌隊を宝塚少女歌劇養成会としたのが、音楽学校のルーツで、1919年に、宝塚音楽歌劇学校となりました。まだ、ここまでは学校と歌劇団は一つでしたが、1939年に、宝塚音楽舞踊学校になってからは、歌劇団と分離しました。
1946年に、宝塚学校と校名変更しますが、ここまでは1年生で、制服は着物と袴でした。1956年に、今の森英恵デザインの洋装の制服になり、1957年に予科と本科の2年制になりました。1998年からは、新校舎になり、旧校舎は、宝塚市立宝塚文化創造館になりました。2003年に、創立90周年を迎えた時は、通信制の向陽台高校と提携し、高校未卒業の人を対象に高卒資格の取得支援を始めました。2013年には、創立100周年を向かえました。

厳格な規則について
制服は、グレーの上着とジャンパースカート、赤い蝶ネクタイで、登校時は制帽を被ります。最初の予科生の規則は非常に細かく決められており、髪の長い人は細かい三つ編み、短い人は整髪料で乱れがないよう固めます。化粧は禁止で、白い三つ折ソックスと黒いローファーの靴を履きます。礼儀も徹底的に躾けられ、本科生や目上の人に挨拶をするのは勿論、早朝の掃除や2列行進の歩行も徹底されます。特に、掃除は細かいところまで徹底的に掃除をします。
映像からも予科生の礼儀の正しさが見て取れますね。
2年目の本科生になると、規則が緩くなり、カラーリング以外の髪型とナチュラルメイクが認められ、肌色のストッキングに黒のパンプスを履きます。