斉藤由貴と男性医師が不倫を認める「守ってあげたいがもうできない」


女優の斉藤由貴との不倫疑惑が報じられた50代男性医師が11日、日本テレビ系「スッキリ!!」の単独インタビューに応じ、斉藤と5年間、不倫関係にあったことを認めるコメントを発した。医師と斉藤は一部週刊誌に手つなぎデートを報じられたが、直後は2人は不倫関係を否定。だがその後、写真週刊誌に自撮りとも思われるキス写真が流出していた。
 単独インタビューは10日に行われたといい、男性医師によれば、斉藤との出会いは7年前。家族の付き添いで斉藤がクリニックにやってきたのが最初だったという。医師は斉藤のファンだったといい、2012年から不倫関係となったという。阿部祐二レポーターから「実際には不倫だった?」と聞かれた医師は「そういう見方にとらえられても仕方がない」と不倫を認めるコメントを発した。
 斉藤に引かれた部分について聞かれると「本当にいいお母さん。朝五時から起きてお弁当作って、送り迎え、掃除洗濯全部やって、仕事もやって、片付けも。女優さんって華やかに見えるかも知れないが、凄く家庭人として母親としてきっちりやっています。僕はその姿にすごく賛同した」と、家庭人としても女優としても頑張っている斉藤の姿に引かれたと説明。
 斉藤が敬虔なモルモン教の信徒であることにも「信仰に対してすごく誠実」とコメント。モルモン教は不倫や離婚に対して厳しいとも言われているが、阿部リポーターから「それを打ち破る結びつきがあった?」と聞かれると「あったといえば、あったんでしょうね」と振り返った。
 医師の家族に対しては「はっきりさせますが、一連の報道で僕が謝るべきは僕の大事な家族だけ。ぼくはうちの家族には迷惑をかけた。嫌な思い、誹謗中傷受け、家内はズタボロで外も歩けない。僕の家族には、パパは本当に迷惑をかけた。本当にごめんなさい。それだけです」と謝罪した。
 斉藤との関係についてはすでに解消したと説明。そして「そんなこと言うと涙出てきちゃうけど、今でもぼくは斉藤由貴さんを守ってあげたいと思う。でも今のぼくにはそれはできません」とも語った。

■斉藤由貴との不倫認めた!
不倫認めた! 写真週刊誌に女優・斉藤由貴(50)とのW不倫を報じられた横浜市でクリニックを経営する50代の男性医師が11日、日本テレビ系「スッキリ!!」にVTR出演し、不倫関係にあったと認めた。

男性医師が同番組のリポーター・阿部祐二氏(59)に「真相を語りたい」と連絡してきたことから10日に独占直撃が実現した。75分にわたるインタビューで医師は「出会いは診察に来た7年前」と説明。「2012年から5年間、不倫関係にあった」と男女の関係があったと認めた。医師は「僕らの年代はほぼ(斉藤の)ファンなんじゃないか」とアイドル時代からのファンだったという。

医師は「女優さんという華やかな仕事と、母親としての育児や家庭のことを両立する姿に賛同した」と斉藤に引かれた理由を語ったが、一線を越えるきっかけについては「欲ではなかった気がする。言葉で語れるものではない」と明言を避けた。

不倫関係があったときの心境については「若いころにファンだった女優が、突然近くに現れた。僕が抱いているその方のイメージになってもらいたかった」とコメント。阿部リポーターから「演出を手がけた感じ?」と聞かれると「うつむきかげんで小さな声で話していた斉藤さんが、自分で自信を持てるようになった。いろんなお仕事をされて、その作品を見るとうれしい限りです。僕の気持ちって、そういうところです」と振り返った。
医師は妻や子供たちにすべてを話し、謝罪したが「ズタボロ状態」だという。
また斉藤とは不倫報道後に話し合い、関係を解消した。斉藤について「彼女はけうな才能を持っている」と話し「今でも、僕は斉藤由貴さんを守ってあげたい。ただ、今の僕には、もうそれはできません」と話した。
これまで不倫関係を否定してきた斉藤の事務所は、同番組の取材に対し「急なことなので、今はコメントできない」と回答している。