木村拓哉がSMAP解散の心境を明かす


元SMAPの木村拓哉(44)が、ソロになって新たなスタートを迎えた心境を「すごろくで言うと『50マス戻る』」と独特の表現で語った。

昨年末にSMAPを解散し、“新生・木村拓哉”としての意気込みを聞かれると「2017年を迎えて“新年”という言葉を目にした時に、『あ、これはそのまんま年が新しくなったというよりか、これは俺だな』と思った」と率直な思いを明かした木村。ソロとしてのスタートについて「原点回帰というか、すごろくでいうと、振り出しというよりかは50マス戻る」と心境を表現した。

 さらに木村拓哉にとって“生きる意味”を聞かれると、「求められる事」と回答。その意味について「ファンの方もそうですし、今回の三池崇史(木村主演映画『無限の住人』の監督)さんもそうですけど、一緒にやろうよって言ってくださること」と説明し、「一人じゃ何もできないですからね」と語った。

◆造反メンバー”への非情すぎるペナルティ
昨年末をもって解散した国民的グループSMAP。騒動勃発当初は、ジャニーズ事務所からの独立を画策していた“造反組”の4人と木村拓哉(44)の確執が取りざたされた。今や、両者の間には待遇面でも大きな格差が生じているという。

◆「新潮」が暴いていた真相!
飯島マネはメリー氏によるパワハラ解雇

芸能界、いや、日本中に激震が走ったSMAP解散報道。半日たって、少しずつ報道にいたるまでの舞台裏がわかってきた。
 SMAP解散は結果的に、「日刊スポーツ」「スポーツニッポン」が第一報だったが、実際は、明日発売の「週刊新潮」(1/21号)が最初にかぎつけ、スクープする予定だった。ところが、それを知ったジャニーズ事務所がこの記事から目をそらさせるため、2つのスポーツ紙にリークしたということらしい。
 実際、同じSMAP解散を報じながら、「週刊新潮」とスポーツ紙、ワイドショーとは、その内容がかなりちがうようだ。
 周知のように、今回のSMAP解散は、スポーツ紙やワイドショーでは、SMAPを育てた飯島三智マネージャーが独立することになり、中居、草彅、香取、稲垣も彼女についていく決心をする中、キムタクだけがジャニーズに義理立てして残ることにしたため、と報道されている。
 だが、「新潮」によると、飯島は独立というより、ジャニーズ事務所副社長であるメリー喜多川氏に圧力をかけられ、解雇されたのだという。お気に入り詳細を見る
「『新潮』は、飯島さんサイドの証言を掲載しているんですが、そこで飯島さんがメリーさんから”辞めろ”とパワハラを受け、退職に追い込まれたと、はっきり書いています」(週刊誌記者)
 これはもちろん、「新潮」の記事が正しい。本サイトが一昨日、そして今朝の記事でも指摘したように、今回のSMAP解散は、SMAPを育てた飯島三智マネージャーと、TOKIO、嵐、V6などを手がけるメリー喜多川副社長の娘、藤島ジュリー景子氏の対立が原因だった。かなり前から、タレントも両派に真っ二つにわれ、ほとんど共演もないという状態が続いていた。ただ、それでも、ある時期まではその二つの勢力が仲が悪いなりに共存していた。
 ところが、2年ほど前から、副社長のメリー氏は娘かわいさで、飯島氏とSMAPに激しい圧力をかけ始める。決定的だったのは、昨年1月、メリー氏が「週刊文春」のインタビューを受けたことだった。
 メリー氏はインタビュー中に飯島氏を呼びつけ、記者の前で「飯島、私はこう言いますよ。『あんた、文春さんがはっきり聞いているんだから、対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい』と言いますよ」「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。飯島は辞めさせます。それしかない」と明言したのである。
これで、両者の亀裂は決定的になり、以降、飯島氏は一切ジャニーズ本社に姿を見せなくなった。そして、「新潮」によれば、事態は双方が弁護士を立てて応酬するという異常な状況にまで発展。その結果、契約の切れる9月に飯島氏がSMAPを連れて独立するということで話がまとまったのだという。
 だが、ここで異変が起きる。飯島は、SMAP全員が自分についてきてくれるものと信じていたのだが、12月になって、キムタクがジャニーズ事務所側の弁護士に「自分は決してジャニーさんやメリーさんを裏切りません」と伝えてきたのだという。
 つまり、今回の騒動は、ジャニーズ事務所の女帝が娘かわいさに、最大の功労者と国民的アイドルグループを追い出した、という、非常に理不尽な話なのだ。そして、彼女に育てられたメンバーたちがその恩に報いて行動を共にしようとする中、一番人気のメンバーだけがただひとり権力になびいた。つまり、裏切ったのはキムタクのほうだったというわけである。