生放送 | 元SMAP3人の本音


稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が共演するインターネットテレビ局・AbemaTVの『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』が、11月2日の午後9時から放送される。

初のインターネット放送、そして72時間ぶっ通しという前代未聞の生放送に挑戦する3人に、ORICON NEWSではインタビューを敢行。期待と不安、そして応援してくれるファンやサポートしてくれる仲間への感謝など、現在のストレートな思いが語られた。

【稲垣吾郎】ファン、スタッフ、そして同志の2人へ「思いを言葉で伝えていきたい」
「今まで番組を作るときよりも、スタッフさんも含めて濃密に打ち合わせをやっています」という稲垣。「ずっと通じ合っている関係だから、今までは会話はそこまで必要ないかなって思っていたけど、今回ばかりはちゃんと実のある言葉でディスカッションしているので、今まで以上に言葉を交わしている感覚もあります」と、コミュニケーション面での変化もあったようで、「いろんな話し合いができている手応えがありますね」と充実した表情で語ってくれた。

――番組でやってみたいことは?
稲垣吾郎 こんな長時間は初めてなので、未知の世界で想像もつかない。今は試行錯誤しながら前に向かっているところですが、地上波のテレビでは難しくてもネットのAbemaTVやSNSだからできることは確実にあると思うので、地上波では言えないようなホンネに迫って行きたいと思います。

――72時間という長時間に対する不安は?
稲垣吾郎 そんなにやっていただけることに感謝ですけど、僕は基本的に健康志向ですし(笑)、無理に記録に挑戦するような番組でもないので、自分の健康はキープしながら、僕たちも見てくださる方もそれぞれのペースで楽しみたいですね。

――番組について3人で話し合っていますか?
稲垣吾郎 今まで番組を作るときよりも、スタッフさんも含めて濃密に打ち合わせをやっています。ずっと通じ合っている関係だから、今までは会話はそこまで必要ないかなって思っていたけど、今回ばかりはちゃんと実のある言葉でディスカッションしているので、今まで以上に言葉を交わしている感覚もあります。言わなくても分かるフィーリングも大切だし、真面目すぎても良くないけど、いろんな話し合いができている手応えがありますね。

――ファンサイト「新しい地図」の反響も大きいです。
稲垣吾郎 動画やメッセージなど、まさに僕たちが伝えたい気持ちを伝えることができていると思うし、それを受け止めてくれてる皆さんも同じ気持ちなのでは、と思います。おこがましいですが、僕らが発信してるメッセージが、今の世の中の温度というか気配みたいなものにリンクできているのかな、と。今までいろんな地図を描いてきましたが、こんな真っさらなものを見るのは非常に新鮮な気持ちです。自分もキャリアを重ねてきて、真っさらってもう無いと思っていたから、また一から取り組める、そこに多くの方に賛同していただけるのは、本当にうれしいです

――ほかの2人の信頼しているところ、好きなところを“ホンネ”で教えてください。
稲垣吾郎 …なんだか恥ずかしいな(笑)。2人とも自分にないものを持っているし、昔からとても尊敬しています。具体的には、草なぎくんからLINEで『吾郎さんはどんなときでも変わらずに吾郎さんワールドでいるよね、そういうところ僕は好きだよ』って言われて、いやいや、それは君のことだからって思って(笑)。どこでもギターを弾いたりするマイペースな人ですが、そんな彼には僕がそう見えるんだと思うと、うれしかったですね。香取くんはとにかく頭脳明晰で、頭の回転も早いし、僕が気づかない先まで読むし、信頼しています。アートのセンスもあるし音楽や映画の話も合うので、刺激を受けますね。

――長年一緒に過ごしてきた人の好きなところを改めて言うなんて、照れますね。
稲垣吾郎 でも、人って時にはちゃんと口にしなきゃいけない時ってありますよね。心で通じ合うのも大切だけど、時に言葉にして向き合うことって、本当に必要だなって思う。長くやってるとなれ合いとか甘えが出てくるので、この機会にそれをリセットして、2人だけじゃなくファンの方やスタッフさんにも、これからは思いを伝えていきたいですね。
ファンの方とより深く、楽しいものを作っていくためにSNSを勉強していきたい

(C)AbemaTV
(C)AbemaTV
――番組に合わせてツイッターを開始します。
稲垣吾郎 リアルに視聴者の方と向き合いながら番組を作っていくことができますね。もちろん今までも気持ちの中では視聴者の方と対話しながらやってきましたが、ダイレクトに声が伝わることがなかったので、SNSを駆使しながら新しい形のテレビを作っていきたい。そして、SNSもいいけど直接いろんな人に会って気持ちも伝えたいし、それぞれの個性を生かした企画もやってみたい。72時間じゃ足りなくなるかもしれないので、期待してください。

――SNSの第一声は考えている?
稲垣吾郎 ここで先に言ったらおかしいでしょ(笑)。そうだなぁ…、これまでファンの皆さんが応援してくださっている気持ちは本当に伝わっていて、それにお応えできなかった分量のほうが多いと思うので、まずは本当に感謝の気持ちを伝えたいな。言葉は前もって考えないのがSNSの世界だと思うから、その時の新鮮で素直な気持ちで表現したいですね。伝えたい思いはいっぱいあるし、それは3人とも一緒です。ただ、これまでやってこなかったので、最初は恥ずかしい思いもしそうですが、勉強しながら3人で力を合わせて皆さんの期待に応えていきたいです。

――ツイッターやインスタグラムを定期的にチェックしている人はいますか?
稲垣吾郎 趣味のゴルフやファッションや映画などについてのものを見たり、身近な友だちのものをちょっと見る程度です。

――エゴサーチはしますか?
稲垣吾郎 舞台をやると評判がちょっと気になるから、たまに見ていますけど、大体いいことを書いてくれるので、うれしいですね(笑)。あんまりショックを受けたくない部分もあるので、なるべく悪いことは目にしたくなけど、これからはそういうことにも向き合っていかなきゃと思っています。ファンの方のつぶやきを見たり、それに返信したりという新しいコミュニケーションが始まるといいですね。

――ファンと身近になることで、従来のアイドル像が変わってくる?
稲垣吾郎 それは結構考えていますよ。基本は雲の上の人間だし、トイレにも行かないですし(笑)。全部見たいという人もいれば、『プライベートで誰かとご飯を食べている自撮りは見たくない』という人もいて、難しいところなのでいろんな人に意見を聞いていきたい。そこも考えながら、ファンの方とより深く、楽しいものを作っていくためにSNSを勉強していきたいですね。ただ、YouTuber草なぎには、いろいろ過激にやってもらいたいです(笑)。


【草なぎ剛】自分の感覚を大事にしながら「人の意見を受け入れる窓口を広くしたい」
草なぎが新しいスタートで大事にしたいことは「分からないことは分からない、と素直に言おうと決めました」。自分の感覚も大事にしながら「新しい世界に飛び込んでいるので、人の意見を受け入れる窓口を広くしようと心がけています。それを自分の中でどう消化して、どう自分のものにしていくのか考えていく。今は真っ白な状態だから、いろんな人の話を聞くのは楽しいですね」と、すべての状況を楽しんでいる様子を笑顔で話してくれた。

――番組でやってみたいことは?
草なぎ剛 市川海老蔵さんの家に泊まりに行きたかったけど、『勘弁して』と言われちゃった(笑)。海老蔵さんのほかにも関根勤さんやキャイ~ンさんに会えるのは楽しみですね。ただ、何をやりたいか以前に、僕は10時になったら眠くなっちゃうので、寝たいです(笑)。あんまり『寝たい』って言ってると、怒られちゃうかな。でも、いろんな企画が決まっていて、改めて3人で今まで経験したことのない大きなものにどう挑むか楽しみです。

――草なぎさんのこれまでのキャリアの中でも、最長時間の生放送です。
草なぎ剛 芸能活動が約30年になるけど、自分としては何もできてない気がする。だから、この番組で貫禄を見せたいですね。慎吾から『つよポンは番組で遊んでくれれば大丈夫』とか『YouTuber草なぎがトレンド入りしたから、それを押していこう』って言われたけど、72時間もあると綿密に打ち合わせをしても絶対にアクシデントがあると思う。そういう時に『大事なのはライブ感だ!』っていうところを2人にも世の中にも見せつけたい。だから僕は打ち合わせをしません。しても忘れちゃうので(笑)。

――AbemaTVを見たことは?
草なぎ剛 それまで知らなかったけど、この機会にアプリをダウンロードしました。でも、この番組で初めてAbemaTVをご覧になる方もいると思うので、そういう人たちに楽しさを伝えていければいいかな、と。僕はアナログ人間で、それをみんなが楽しんでいるところがあるけど、2人と同じことはできないから、バランスは取れてると思います。

――3人で打ち合わせをしていますか?
草なぎ剛 SNSの勉強会があって、その後に軽く食事をしながらやっています。ゲストに呼びたい人を話していて、世間的には有名じゃなくても頑張っている人を呼んでもいいよね、とか。吾郎さんとスタッフ数人を含めたLINEグループでもやり取りしたり。LINEは照れずに気持ちを伝えられるからイイですよね。スタンプも便利だから使ってますよ。お気に入りはエガちゃん(江頭2:50)のスタンプ(笑)。

――『新しい地図』も大きな反響です。
草なぎ剛 ビデオの『逃げよう』って一見ネガティブな言葉なんだけど、自由になって窮屈なことから解放されることを表現していると思って、ボクら3人の気持ちにピッタリだねって意見が一致しました。映像も疾走感とか空の色とか、新しくスタートを切る僕らの気持ちを汲んでくれて、見ていただいた人たちの心にもスッと入る作品になったと思います。

――新しいスタートですが、大事にしたいことは?
草なぎ剛 分からないことは分からない、と素直に言おうと決めました。質問すると話の流れを止めちゃうかと思って、気を使って分からなくてもそのままにしておくことも多かったのですが、現時点では分からないことは聞くようにしています。自分の感覚も大事だけど、新しい世界に飛び込んでいるので、人の意見を受け入れる窓口を広くしようと心がけています。それを自分の中でどう消化して、どう自分のものにしていくのか考えていく。今は真っ白な状態だから、いろんな人の話を聞くのは楽しいですね。

――ほかの2人の信頼しているところ、好きなところを“ホンネ”で教えてください。
草なぎ剛 慎吾は僕にないアーティスティックな感覚を持っているところが好き。あと、僕のことを好きなところも好きかな(笑)。吾郎さんは同じ高校の一つ上の先輩で、ずっとお兄ちゃんという感じ。僕が知らないワインとかおいしいお店をたくさん知っていて、そういうところが好き。3人で『新しい地図』を始めて、この番組とか新しいことをやるにあたって、2人とも誠実で真面目で頼もしく感じるようになりました。僕はテキトーな性格なので、2人の姿を見ていると初心に戻ることができます。
YouTuberデビュー動画は「吾郎さんに一本満足バーのダンスを踊ってもらおうかな(笑)」

(C)AbemaTV
(C)AbemaTV
――番組に合わせてSNSを始めます。
草なぎ剛 反響がダイレクトに帰ってくるし、今まで全く違う感覚だけど、ネットの世界も悪くないな、楽しいなって素直に思えています。今まではまったく知らなかったので、食わず嫌いな部分もあったけど、使い方を理解した上で自分なりに選択しながら使いこなせればいいかな。

――YouTuberとしての期待も高まっています。吾郎さんは「過激にやってほしい」と言ってましたが…。
草なぎ剛 いろいろ勉強してますけど、吾郎さんはそんなことを言ってるの? それなら、吾郎さんに出演してもらって一本満足バーのダンスを踊ってもらおうかな(笑)。それを第一弾でアップしたら衝撃的だよね。あとは、エガちゃんに『ぷっすま』の収録後にテレ朝の廊下で踊ってもらうとか。『明日のYahoo!トップになるよ!』ってそそのかして(笑)。YouTuber草なぎなのに、自分が出ないのも面白いよね。

――ツイッターやインスタグラムを定期的にチェックしている人はいますか?
草なぎ剛 自分の好きな古着屋さんのインスタを見たりするけど、それくらい。誰かをフォローしたことはないです。

――エゴサーチをしたことは?
草なぎ剛 自分の名前で何度か検索したことはあります。数年前に初めて見た時は『こんなにいろいろ言われてるんだ』と驚いたし、今は全く気にならないというのはうそかもしれないけど、そういうものなんだと割り切れるようになりました。でもこれからは、自分がそういう中に発信していく方になって、いろんな人が見ていろんな意見があって、気にしすぎるとつまらないので、気にしつつも気にしないで自分なりに楽しんでやりたいです。


【香取慎吾】ネットでの応援に感謝「本当に頑張れる言葉を寄せてくださるので、力になっています!」
「テレビの中で生きてきたので、2日でも3日でも映ってても“何でもあり”で普通にいられると思います」と自信を見せる香取。SNSを開始することについて「未体験の怖さもあるけど、それ以上に新しいことを始められる楽しみが大きい!」と胸を弾ませ、ネット上の応援の声にも「本当に頑張れる言葉を寄せてくださるので、力になっています」と感謝していることを明かした。

――番組でやってみたいことは?
香取慎吾 最近、毎日誰かに『72時間ずっと起きてるんですか?』って聞かれるんですけど、全然寝ちゃうので、寝ているところを普通に映してほしいです。放送中でも下手したら8時間くらい寝ちゃうかもしれないけど(笑)。

――72時間という長時間の生放送は楽しみ? 不安?
香取慎吾 すごく楽しみ。僕はテレビの中で生きてきたので、2日でも3日でも映ってても“何でもあり”で普通にいられると思います。24時間くらい起きるのは普段からやっているし。だから今の僕の懸念事項は、吾郎ちゃんとつよポンのNGな部分をスタッフさんに伝えること。吾郎ちゃんがキレイに映るようにしなきゃいけないし、つよポンの暴走を防がなきゃいけないし(笑)。新しいスタッフの方もいっぱいいるので、イチから伝えています。

――ゲストには盟友・キャイ~ンさんが決定しました。
香取慎吾 そのニュースをスマホで見てた時、ちょうどウドちゃんからメールが来たんです。いつもみたいに長い文章で『この度はAbemaTVに呼んでいただき、ありがたき幸せ…』みたいな(笑)。ニュースになってる人からメールが来たから、ミーハー的に喜んじゃいました。ゲストが決まるたびに『この人が来てくれるなら何をやろう』って頭がどんどん働いていきますね。

――3人で番組に向けた話し合いをしている?
香取慎吾 数日前に食事に行ったけど、つよポンが愛犬のくるみを連れてきまして、吾郎ちゃんが思い切り腕をかまれて『痛い痛い』って、終始そんな感じで話し合いにならなかったです(笑)。でも、つよポンが珍しく熱くなってましたね。だからこそ怖いので、そこをセーブしていかないと(笑)。

――改めて感じた2人の好きなところ、スゴいと思うところ“ホンネ”で教えてください。
香取慎吾 草なぎ剛は、ここぞという時を逃さずにスイッチが入るところが好きですね。僕は迷いが少ないタイプだけど、最後の決断の直前にいろんな可能性を考えちゃうこともある。そんな時に『行こうぜ!』って勢いをつけてくれるので、『じゃあやってみよう!』って決断ができる。その一言が僕にとってはけっこう大事ですね。吾郎ちゃんは、『今は大事なタイミングだろう!』っていう時でも一切連絡してこない、その感じが好き(笑)。かっこよく言えば、『そんなに言わなくても』っていう空気なんですよね。でも、こんな時ぐらいは連絡してくれてもいいのにっていう、その感じが好き。この前の食事の帰りに『吾郎ちゃん、身長大きくなった?カッコよくなったね』って言ったら、『ああ、そう』って感じだったけど、すごくうれしそうでした(笑)。

――「新しい地図」の反響も大きいです。
香取慎吾 ゼロから始まったばかりなのに、力を貸してくださる方や笑顔で迎えてくれる方が思っていた以上に多くて、スタート直後だけど皆さんに感謝の気持ちを返していかなきゃ、という思いです。この番組にも新しい地図にも、僕がビックリするようなとんでもない才能のスタッフの方々が“ウルトラマン大集合”みたいに勢ぞろいしてくれて。こんなに集まったところを僕も見たことがなかったから、夢のようですよ。その頭脳がみんなで打ち合わせをしているから、スゴいことになっちゃったな、という心境です。
ネット上の声は「みんなすごく応援してくれているから、すっごい力になってます!」

(C)AbemaTV
(C)AbemaTV
――番組に合わせてSNSも開始します。これまで“パーフェクトビジネスアイドル”として活動してきましたが、どのような展開を考えていますか?
香取慎吾 3人の中ではSNSに一番詳しいと思うけど、今の知識じゃ完璧じゃないから、ちょっと考えています。個人的に始めるなら突き詰めるけど、番組の企画としてスタートするから勉強しすぎるのも違うかな、とか思案しちゃうのが僕のパーフェクトなところですよね(笑)。今までネットに対してすごく気を使ってきて、いきなり自由になったと言われても、最低限のルールは知っておきたい。SNSの勉強会にも参加して、インスタグラムでは『プライベートを垣間見させてください』とかアドバイスされたり、人気のある人の写真を見たりしました。

――ファンとダイレクトにコミュニケーションが取れるのもSNSの魅力ですが、誰に返事するかなど、難しい部分も多いです。
香取慎吾 それ、さしこ(指原莉乃)が前に言ってました。返事する1人を選ぶのが難しいからみんなとやり取りしたい、でも全員に返事をしていたら他の仕事ができないくらい忙しくなっちゃう。1週間に1人って決めるにしても、その1人をどうやって選べばいいのか…。未体験なので怖さもありますね。でも、それ以上に新しいことを始められる楽しみが大きい! どんなことをやろうって純粋に楽しみたい気持ちが強いですね。

――稲垣さんはブロガー、草なぎさんはYouTuberとなります。
香取慎吾 吾郎ちゃんは、キレイな言葉が普通の会話にも入ってくるような人なので、文章で読めるのがうれしい。YouTuber草なぎも、心配だけどすっごく楽しみ。全然知らなかったはずなのに、最近はすごく勉強しているみたいで、それが怖いんですけどね(笑)。YouTuberについて熱く語っている感じがイイです!

――エゴサーチはしますか?
香取慎吾 たまにやります。みんなすごく応援してくれているから、すっごい力になって『よし、頑張ろう!』って思えます。たまに批判的な意見もあるけど、100人いれば100人がいいよって言ってくれるわけじゃないし、30年の芸能活動でいろんな批判もいっぱい浴びてきたので(笑)。ネガティブな意見も『批判ポイントはそこなんだ』って参考になるし、受け止めています。番組の感想もたまに見るし、見ようとしなくても目に入っちゃう時もあるけど、本当に頑張れる言葉を寄せてくださるので、力になっています。

――新しいスタートになりますが、香取さんの意識は変化した?
香取慎吾 もっと遊びたいというか、楽しみたい。クリエイティブなことは頭でじっくりと詰めて考えながら作ってきたけど、しかめっ面じゃなく笑顔で『くだらないね』とか『カッコいいからやってみようよ』って言いながら、みんなで楽しんで仕事をやっていけたらな、と思っています。

稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が共演するインターネットテレビ局・AbemaTVの『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』が、11月2日の午後9時から放送される。初のインターネット放送、そして72時間ぶっ通しという前代未聞の生放送に挑戦する3人に、ORICON NEWSではインタビューを敢行。期待と不安、そして応援してくれるファンやサポートしてくれる仲間への感謝など、現在のストレートな思いが語られた。