田中みな実と横山裕の交際にバーニングが介入


極秘交際を続けていると報じられた関ジャニ∞・横山裕とフリーアナウンサー・田中みな実だが、ネット上で情報が拡散したことを受けて、“芸能界のドン”が動くことになったという。大手マスコミは、報道したくてもできなくなり、2人の交際は“タブー”となったようだ。

当初、交際については、ごく親しい知人にしか報告していなかったという両者だが、一部マスコミから熱愛ニュースが報じられたことにより、事態は急展開を迎えたという。
「田中が所属事務所・テイクオフの“事情聴取”に対して、横山との交際を認めたそうです。2人は現在、マンション内同棲をしており、仕事を除けば、マンションの外で会うこともないため、第三者による情報漏えいの心配はないかもしれませんが、やはり相手はジャニーズ事務所の有名アイドル。双方の身の安全を考えて、田中の所属事務所関係者は“芸能界のドン”に相談していたようです」

テイクオフは、バーニングプロダクション傘下で、同社社長は“芸能界のドン”こと周防郁雄社長との蜜月関係で知られている。
「ジャニーズ側やマスコミ報道への対策として、田中側は先手を打ってドンを頼ることにしたといいます。そしてバーニング幹部は、田中や横山に関するマスコミの取材や報道ににらみを利かせるように。こうしてマスコミは、ドンの威光を恐れるあまり、たとえ交際の証拠をつかんだとしても簡単には報道できない状態になってしまいました」(同)
近頃は、若手ジャニーズの交際報道が相次いでいるが、横山と田中の交際に関しては、バーニングが介入したことから、今後報道合戦に発展することはなさそうだ。まだ「交際開始から3カ月足らず」(同)という2人だが、その行く末は、もはや当人たちにもわからないだろう。