「サクラクエスト」23話 誰かが苦しむならそれは町おこしじゃない、ただの開発だ

f:id:makaronisan:20170829232119j:plain

(公式サイトより)


20歳女子の木春由乃。ド田舎の間野山観光協会に呼ばれて、和菓子屋に洋菓子屋の相談をしにいく。
アニメ『サクラクエスト』23話。Amazonプライムビデオでは、テレビ放送後すぐに配信されています。

 

 


『アオシマ書店』からレビューお引っ越しです。今までの一覧は下記に。

今回も商店街メインの話なので、また老人だらけ。
このアニメの真価は、年寄りの描写にあると思う。田舎で年寄り描かないと嘘だもんね。

ホワイトボードに「第27回 タブレット講習会」と書かれていたのが、すっごく嬉しかったなあ……蕨屋集落の独居老人たちがコミュニケーションを取るためにはじめたタブレット講習、こんなに続いてたんだ。「続ける」ことこそが町おこしで一番大事なことなのを、ちゃんと描いている。

 

●23話「雪解けのクリスタル」


隣の大都市・富蔵市のおしゃれな洋菓子屋から、観光協会主催のみずち祭りに協賛したい、間野山に支店を出したい、という話の持ちかけがあった。これ以上ないおいしい話だ。
ところが、シャッター商店街の誰も、店舗を貸してくれない。二階に住んでいる人が多いからだ。そこで引っ越してしまった老人・秋山に連絡するが、断固として話を聞いてくれない。

商店会会長の織部千登勢によって、商店会の会合が行われた。前向きに何かしようとする人間のいない商店街の現状を話す。問題提起をして全員に動揺が走った。
ケンカに発展しそうなくらいの腹を割った話し合いのすえ、貸店舗が確定。本格的にみずち祭りへの計画を動かせるめども立ってきた。
そこに飛び込んできたのは、間野山の富蔵市への吸収合併の話だった。

 

f:id:makaronisan:20170913012817j:plain

(公式サイトより)

 

●最大多数の最大幸福は、幸福ではない

秋山老人の表現は、過疎地の悲しみそのものだった。
店舗を貸した若者に夜逃げされてしまい、保証人になっちゃったがゆえに若者の借金を背負うハメになってしまった。
ここまで極端なのはあまりないにしても、よそから来た人に引っ掻き回されて、迷惑をかけられたというのは、まれにある話。
価値観の違いでぶつかる事象はまれにある。ぼくも見てきた。

秋山が心が救われ、納得した上で店を貸せれば、ハッピーエンドだった。
でもこのアニメは、そうしなかった。
人の心はそんなに簡単に癒やされない。じゃなきゃ、山奥に一人引っ越しなんてしない。
お金の問題じゃない。「裏切られた」というトラウマと、商店街のためにそれをずっと言えなかった苦しみは、一生そうそう癒えない。

会議中のみなのお願いは、最大多数の最大幸福理論に基づいて語られる。
全員が洋菓子屋が来て助かる。秋山1人は辛い思いをする。
一斉に説得しようとする空気は、ほとんどいじめだった。
でも死にかけの商店会の人々が必死なのは、良かれと思っているからだし、間違ったことは言っていないのだ。

「皆さんのおっしゃってることは多分正しいです。町の為を思っていってらっしゃってるんだと思います。でも、望まない人にとっては、押しつけでしか無い気がします」「きれいごとかもしれません。でも、間野山に住む一人ひとりが自分から何かを変えようと思わなきゃだめなんです。多数決で物事が進められて、それが誰かの犠牲の上に成り立つものだったら、それはもう町おこしじゃありません、ただの開発です」

由乃の訴えは、今まで彼女が感じてきた「町のあり方」へのアンサーそのものだ。

 

ぶっちゃけ、「ただの開発」が悪いわけじゃない。高速道路やダムの建築で「お金払うから引っ越してネー」みたいなのはよくある話だ。
それで喜ぶ人の方がトータルでは多い。
ただし、誰かが涙を飲んで諦め、心に傷を負うこともある。

「きれいごとかもしれません」は絶対忘れてはいけない。やっぱり由乃はまだ根をおろしきれていないよそもの。
だからこそ自分が言えること、受け入れてもらった一人として言えることを、彼女は言った。
商店会に対してとか、秋山に対しての同情ではないのがポイントだ。かなりフラットな、町おこし論としての、感情に流されていない意見を言えるのは、彼女しかいない。

 

●曲がらない千登勢

今回は本当に千登勢さんがかっこよかった。じゃないですね。いつもかっこいい。
和菓子屋の彼女の元に洋菓子店の話を持ってくるとか、ほんと失礼千万。でも千登勢は、商店会のためになるならと、自ら足を運んで皆に誘致の相談をした
ものすごい労力と、懐の広さだ。

千登勢は一期では、観光協会のラスボス(彼女を納得させなければ意見が通らない)的な描かれ方をしていた。
二期では、観光協会の面々を叱咤しながら、ポイントごとに町に目を向けるよう導く教え手の立場になっている。
保守的な一面はあるけれども、それはグッとこらえている。観光協会の若造の意見を、正しければ聞く。常にトータルでのプラスを考えている。

「(商店街が)必要とされないならそれも時代の流れだ」
みながぎょっとする発言もする。でもここで「みんなで頑張っていこう」という方がよっぽどきれいごと。千登勢は現実的な話しかしない。

早苗が「あの人は最初から筋が通ってるわよ」と言うように、面々は時々怖がるけど、ちゃんとわかっている。
クライマックスに向けての展開で、感情的にあまりならない彼女がどう動くのかは、話のキモになりそうだ。丑松会長とも和解したし、ここで力をあわせたら熱いんだけどなあ。バラが咲いちまわないかなあ。

●合併のお話 

市町村合併。ああ、ついにきた、田舎の問題の真のラスボス!
町が無くなる、故郷の名前が消滅する。
平成の大合併の影響で、00年代に日本中で合併が起こった。経験者は多いと思う。

舞台になっている現実の富山県を話に取ると、富山市は05年にものすごい合併を行っている。
大沢野町、八尾町、大山町、などなど7つの市町村が新設合併し、新しい「富山市」が発足した。おかげでめちゃくちゃ広い面積の市になっている。

悪いことではない。経済と行政をなんとかするための動き、という名目だから。
ただ、それで何もかもがうまくいくとは限らない。
もし合併したら、観光協会も今までのように自由には動けなくなりそう。

本当に、片っ端から地方の問題を拾ったなあと感じますサクラクエスト
他の問題は、作品なりに理想像を提案していてゾクゾクしたけど、合併はなあ……女の子にどうこうできない。
今までまいてきた人間関係の種が、芽吹いてくれることを祈るばかり。

個人的には野毛さんが、あんなにかっこいい「前向きな町おこし像」を叩き出すキャラになるとは思わなかった。もしかしたら、今まで出てきたあのキャラやこのキャラが、もしかするかもよ。

 

サクラクエスト (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

サクラクエスト (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

 


コミカライズ版3巻、よかった! なにより夏に水着回がなかった(流されそうめんだけだった)のが、まさかのオリジナルイベントで掲載。本編がハードすぎてキャラ萌えする余裕ないので、ここで充填しよう!

『サクラクエスト』1話 就活失敗女子、限界集落寸前の町で疑問だらけの行動の末、国王になりました|おたぽる

『サクラクエスト』2話 最初の町おこし失敗、サイト作ったくらいでお客さん来たら苦労はしません|おたぽる

『サクラクエスト』2話 最初の町おこし失敗、サイト作ったくらいでお客さん来たら苦労はしません|おたぽる

『サクラクエスト』3話 町の発展とか正直どうでもいい、住む権利はあるけど、盛り上げる義務はないでしょ|おたぽる

『サクラクエスト』4話 由乃国王、サーバルちゃんみたいになる「すごーい!」|おたぽる

『サクラクエスト』5話 バカは立派な褒め言葉、サグラダファミリアみたいな建造物をつくりたい由乃国王|おたぽる

『サクラクエスト』5話 バカは立派な褒め言葉、サグラダファミリアみたいな建造物をつくりたい由乃国王|おたぽる

『サクラクエスト』6話 売れたかったら蝉を食え。女優って職業の人は……「変わった人間」なんだなぁー|おたぽる

『サクラクエスト』7話「そんなのふるさと捨てた由乃ちゃんだから言えるんだよ!」|おたぽる

『サクラクエスト』8話 年上キラーしおりちゃんの冷たい微笑みはまじサタン|おたぽる

『サクラクエスト』9話 田舎の人間関係の間合いを実感しつつ、水着で流されそうめん女子|おたぽる

『サクラクエスト』10話 オタク「コミュ障気味」女子、田舎の婚活ツアーが無理すぎてほとほと疲れ果てる|おたぽる

『サクラクエスト』11話「私のことなんか誰も認めてくれない」そんな引きこもりUMA女子ががんばった|おたぽる

『サクラクエスト』12話 田舎に人気ロックバンドを呼ぶとかやめてー! 大失敗フラグじゃないの?|おたぽる

『サクラクエスト』13話 待て待て、半年程度で観光客が毎日もりもりくるようになるとか、絶対ないから!|おたぽる

傑作の予感『サクラクエスト』2期へ。大成功しないリアルな歯がゆさの中、20代女子5人町おこし奮闘中 | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

恐怖、うら若き女子に詰め寄る安産軍団「サクラクエスト」14話、定住人口を増やせるのか問題 | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

UMAが好きなら言葉なんていらない「サクラクエスト」15話 凛々子、外国人女性の友達ができる | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

東京に出て音楽をやるんだ「サクラクエスト」16話 今は頑固な老人たちも、ロックに叫んでいた | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」17話 若い女の子たちが、独居老人の限界集落問題なんて解決できるのか | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

神回「サクラクエスト」18話。このアニメやるな、過疎地区の独居老人問題に1つの解を見事に示す | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」19話 廃校舎は再利用できるし、女優の夢だって諦めなくていいんじゃないの? | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」20話 廃校での演劇でアレを見せるなんて、そんなの卒業生泣いちゃうじゃん | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」21話 シャッター商店街は必ずしも悲劇の舞台ではない | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -

「サクラクエスト」22話 終わろうとする商店街を全て救うことはできないけれど | アオシマ書店 - 電子書籍の情報サイト -