「恋姫†演武」が面白くて生活に支障をきたしている。

恋姫✝演武
恋姫✝演武

恋姫が。
「恋姫✝演武」が面白すぎて、やばい。
発売されてから、生活の一部と化してしまい、支障をきたしています。
 
興味がある人は解説マンガ(PDF)読むのが一番手っ取り早いので、読もう。
その上で、雑感。
めっちゃ褒めます。ジャンキーなので。
 

                                                                                                                                                    • -

 
大変、大変に恐縮なんですが、元のエロゲの恋姫と、アニメの恋姫、全然知りませんでした。
前作の「真・恋姫夢想 乙女対戦☆三国志演義」もやってませんでした。
友達にすすめられていたのですが、あんまり興味がわかなかった。
 
で、新作出るんならーってので買ったら。
なにこれ、サムスピじゃん。
てかなんなのこの硬派な作り。
 

                                                                                                                                                    • -

 
まず、このゲームの最強の技は、ガードです。
ガードすれば有利。とにかくガードすれば活路がある。ガードさせられ続けることがない。
後の先のゲームです。
(ちなみに投げはそこまで強くない上に、後述の崩撃を喰らうこともある)
 
一つ一つの技が、先端当ててぎりぎり五分、めり込んだら不利です。
ダッシュして踏み込んで斬りつけるより、ダッシュして相手の攻撃をガードしたほうが、早く反撃できる。
 
となると、お互いがお見合い状態になりながら、不利にならない技を丁寧にカツン、カツンとかすらせます。
小技で暴れようものなら、相手の手痛い反撃をくらいます。
逆に大技を小技で潰したはいいものの、そこからでかいダメージは絶対とれない。
きっちりガード。一発一発を見ながら反撃したり、崩したりしていく。
じりじりとした刺し合いになります。
 

                                                                                                                                                    • -

 
通常時の連続技が、B攻撃キャンセル必殺技、くらいしかない。
どんなにあがいても、C攻撃を挟んだりできない。
ジャンプキャンセルもない。
覚えること自体は簡単。
 
必殺技は、9割方が、ガードさせたら反撃確定です。
つまり、必殺技はガードさせてはいけない。
B攻撃がささった!とわかって、はじめてキャンセルしてダメージを取ります。
ちゃんとキャンセルかかってないと、ガードが間に合ってさらに反撃をくらいます。
逆に、ガードしたら絶対反確いれないと、いつまでたってもダメージを奪えない。一番のダメージソースなので。
 
ちなみにこのゲームの飛び道具、めちゃくちゃ弱い。
C攻撃で消すことも出来ます。
(アタックレベルというのがあって……というのは気にしなくてもいいですが、やりこんでいくと細かい部分がわかる)
 

                                                                                                                                                    • -

 
とにかく技を振るリスクがでかい。Aボタン連打なんてしてはいけない。
 
じゃあ刺し合いだけなのか、というと、ここからがやりこみ要素の一つ。
相手の攻撃に特殊カウンターをあてると崩撃という膝崩れを起こし、普段入らないコンボを入れることができます。
地面叩きつけ、壁叩きつけ、打ち上げの3つの技が一回ずつ、それ以外はつながるのであれば何でも入る。コンボ開発のしがいがあります。
ここで、ゆっくりだったゲームスピードが、一気に急展開になる。
初心者でも、簡単な基礎コンボがあるので、チャレンジモードちょっと触れば崩撃で結構良いダメージ取れるようになります。
 
もっとも、上級者になればなるほど、技をうかつにふらなくなるので、崩撃はそうそう起きなくなる。
基本は、刺し合い、読み合いです。
 

                                                                                                                                                    • -

 
なんで勝ったか・負けたかがわかるゲームなんですよ。
 
自分が、やってはいけないところで、やってはいけない行動をとるから、崩撃を取られたり、反撃を受けたりするわけで。
例えば起き上がりにA連打してたとか、相手ガードしてるのに必殺技適当に撃っちゃったとか。
逆に、相手の行動のクセを読み取れば、攻撃のスキをつける。そうしないと崩せない。
 

                                                                                                                                                    • -

 
ここまで、重い一撃のゲーム、ほんと久しぶりで。
一発一発を大切にしながら、常に読み合いをしている感じ、本当に楽しい。
自分の長所と短所もはっきりわかるので、ゲームをしているな!という手応えがすごい強い。
 
キャラ数は13人で、少ないように見えます。
でもこれ、多いと読み合いできないので、このくらいがいいと思う。
「攻め手」じゃなくて「守り方」のゲームだから。
 

                                                                                                                                                    • -

 
ただ、合わない人には合わないだろうなー! というのもわかるんです。
いかんせん「飛び込みは死」と言えるようなゲームなので、ガン攻めしたい人には本当にきつい。
基本、待ちと牽制です。
コンボも崩撃時以外は一切入らないので、好みはがっつりわかれるはず。
 
じっくり読み合いしたい人向けです。
 

                                                                                                                                                    • -

 
そのへんがものっすごい好みだったので、まー狂ったようにやってます。
システムはほんと、どシンプルなので、常に駆け引き、ってのが楽しい。
 
あとは、曹操こと華琳がめちゃくちゃかわいくてですね……。
MARVELOUS MODEL ~真・恋姫†無双~ 曹操 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
ぼくがひたすらやってる理由のひとつが、彼女がかわいすぎて麗しすぎるからです。
現在ポロロッカしながら彼女の情報を追っては、ニヤニヤしています。
 
男キャラだけのゲームでも、ここまで硬派だったら多分やってたなあ。
ただ、やっぱり女の子キャラ使いたいしね。
使いますよ。やったね。
当分というか、多分ずっと恋姫やると思います。
ハードル高いのすげーわかる(自分もそうだったから)けど、これやらないのもったいないよ。
あ、PS3PS4のクロスマッチングになっているのでどっち買ってもOKだし、PS4でもPS3アケコン使える設定になってます。

 
 
 
 
終わり。