けものフレンズ | 鬼畜KADOKAWAが声優に生放送で謝罪させる


けものフレンズ声優に生放送で謝らせる鬼畜KADOKAWA。

けもフレの小野早稀が騒動謝罪、制作側に批判の声も
監督降板が大きな騒動となっているアニメ「けものフレンズ」の声優陣8人が27日夜、ニコニコ生放送の特番「けものフレンズアワー」に出演し、アライグマ役の声優小野早稀が、一連の騒動について謝罪とも取れる発言をした。
小野は番組の冒頭で「皆さまを不安にさせたり、お騒がせしておりますが、私たちは『けものフレンズ』を、盛り上げることしか出来ません。どうぞよろしくお願いします」などと発言。そのことに対し、ツイッター上では「声優を盾にするのか?」などと、制作委員会に対し非難の声が沸騰した。
今回、謝罪とも取れる発言をした小野が、ヤオヨロズを子会社に持つ事務所・ジャストプロに所属していることから「ヤオヨロズ系に所属しているから謝罪させられたのか」などの声まで出ている。