オーロジャクソン号にある「巨大卵」の中身を考える


前記事オーロジャクソン号に謎の「巨大卵」発見!?

この記事の中では、その卵の中身については軽く触れた程度でそこまで考えていなかった。

何より、考える為の材料がないな~と思ってたから。

だけどコメント欄にいくつか面白い説があったので、今回は「巨大卵の中身」について補足考察してまとめてみたい。


[候補① 竜or龍(ドラゴン)]

まず、ぼくも前記事の中で書いたけど、「ドラゴンの卵」であるという説。

まぁ、ファンタジー目線であの巨大卵を見ると一番最初に思い浮かぶモノかな。

コメント欄では、それを更に深めて考えた方が何人かいた。


[ワノ国産]

ロジャーはその航海の中で「ワノ国」にも立ち寄っている。

この卵は、その時に手に入れた「ドランゴンの卵」であるという説。

パンクハザードでのゾロの発言より、ONE PIECE世界ではドラゴンは「空想上の生物」とされている。

しかし、錦えもんは「竜は親の仇同然」と、その存在は元より当たり前で更に「仇」だと言っている。

つまり鎖国国家「ワノ国」ではドラゴンは当たり前の存在なのかも?

そして、そこに立ち寄ったロジャーがその好奇心から卵を持ち帰った可能性は…ありそう?


[現在の所有者]

そして、この卵が「ドラゴンの卵」であり現在も生きているなら、今の所有者は誰だろう?

コメント欄で、それは「シャンクス」じゃないか!?というモノが。

それは頂上戦争の時、新世界にいるはずのシャンクスが現れた出来事にヒントがあるんじゃないか、と。

この時その場の海兵は、シャンクス達が何故間に合ったのかと疑問を抱いていた。

つまり、数日前に新世界でカイドウと小競り合いをしていたシャンクスが、新世界からのんびり魚人島通って駆けつけたってのは無理があるんでないか?と。

もし巨大なドラゴンが仲間に居れば、船ごと空を飛んで駆けつける事が可能じゃないか、という説。