“グランドライン”制覇!! ロジャー海賊団の歴史・全記録まとめ


徐々に明らかになる海賊王ゴールド・ロジャーの航海の記録!

現在も生きている伝説の船員達によって語られる、当時の物語。

今回はそれらをまとめて、ロジャー海賊団の全記録を作っていきたい(※随時追加の予定)

[約52年前]

家を焼かれ船で生活していたレイリーの前に現れた麦わら帽子を被った男ロジャー。
ロジャーはレイリーを海賊に勧誘する

「おれはロジャー!!! この出会いは運命だ!! レイリー ――おれと一緒に世界をひっくり返さねェか!!?」
「世界?…ハハハ どこの誰だお前は どっか行け!!」


ロジャーとレイリーで“ロジャー海賊団”結成
名前の金銀銅(ゴールド、シルバー、コッパー)の順番でいくと、レイリーの次に加入したのは、スコッパ―・ギャバンかな?


生前のブルックが「ゴールド・ロジャー、そういうルーキーが昔いた様ないなかった様な…」と言っていたことから、海賊団結成からある程度経った時にはルーキーとしてロジャーの名が世に広がり始めたんだろう。


[□年前]

偉大なる航路(グランドライン)の“記録(ログ)”の終着点に到着
「ポーネグリフ」と「古代文字の謎」、「それを生み出した文明」と「見えぬ最後の島ラフテル」の存在に気づく。
ロジャーはここから大きく冒険をやり直すことになった。


白ひげの船から古代文字を読み書きできるおでん様をスカウト
イヌアラシとネコマムシも共にロジャー海賊団の船に乗る


鎖国国家ワノ国上陸 。
この時に錦えもん達と面識ができる。


ウォーターセブンでトムに「オーロジャクソン号」を造ってもらう

「わしはロジャーという男に力を貸した事を ドンと誇りに思っている!!!」


空に浮かぶ雲の海(空島)の冒険。
空島の大鐘楼の横に古代文字で一文を残す。

「我ここに至り この文を最果てへと導く 海賊ゴール・D・ロジャー」


海底に浮く島(魚人島)の冒険。
その時に海底で海王類の声を聞いたロジャー。

「レイリー!聞こえたか!? 今の声!!」
「何言ってる、静かな深海じゃないか」
「誰だ!こんな海底で話をしてやがるのは!!」


ホールケーキアイランドに侵入。
ロードポーネグリフを「万物の声を聞く力」で読み解く