コミックマーケット94・1日目の感想

 1日目はサークル参加。いつも通りあずまさんと国際展示場駅の前で合流してビッグサイトに入場。外の暑さと中の涼しさのギャップに戸惑いつつ、設営を終えました。

 

 今回はあずまさんが机の上に敷く物を忘れたので、そのまま本を置いてます。準備にも慣れてきたなあと思ったら、思わぬミスをするものです。皆さんも気を付けましょう。

 

 で、肝心の本の売れ行きですが、正直な話、今回はイマイチでした。段蔵ちゃんの人気が私が予想していたよりも低かったのか、私の小説そのものが悪かったのか。ここ最近の好調ぶりに調子に乗ってた事も原因かも。大赤字って訳じゃないけど残念な気持ち。

 いや、1冊でも売れた事を喜ぶべきか。初心忘れるべからず。気を取り直して、会場のレポを。

 

 今回のコミケは広告が目立ちました。FGOのサークルが集められている東1ホールの入口にFGOの広告を出すとは、偶然か狙っているのかは分からないけど良いですね。

 あとはアズレンの広告の多さにビックリ。どんだけお金を出しているんだか。

 

 今回は東7ホールが企業のスペースになっており、お邪魔しました。私が行った時はまだ人が少なくて、コミケとは思えない涼しさでした。

 相変わらず企業ブースは見てるだけで楽しい。お金が少ないので何も買わなくてゴメンナサイ。

 

 1日目のコスプレ撮影。もっと撮りたかったのですが、サークル参加ではあまり時間が取れず、これぐらいが精一杯。2日目は撮りまくるぞー!