“スペード海賊団”クルーの設定は「頂上戦争」時には既に完成していた!


ONE PIECE magazine Vol.2 (集英社ムック)の中で設定画が公開されたエース率いる“スペード海賊団”のクルー達。


顔と名前だけでなく、キャラ毎に全体像と細かい設定まで決められてて尾田先生の凄さを改めて感じた。

本編にほぼ関わってきていないキャラをココまで固めてるとは…と。

しかし、振り返れば2年前の頂上戦争が始まる直前のエースの回想の時に、既に“スペード海賊団”のクルー達は登場してたんだよね。

ほとんどのキャラは後姿だったけど、見事に今回明らかになった設定画に沿ったキャラになっていた!!

まずは、顔がアップで描かれてるキャラと比較的分かりやすいキャラの名前を当てはめてみる。

4968.jpg

「セイバー」「アギー68」「フィナモレ」「ウブロ」「レオネロ」「ドギャ」「コーネリア」

正面から描かれてるキャラだけじゃなくて、後姿だけでもある程度キャラが判別可能なのが凄いね!

つまり、今回ONE PIECE magazine Vol.2 (集英社ムック)で公開された設定画は、この頃から存在してたって事なんだよね…本当に凄い。