ダーリン・イン・ザ・フランキス:第14話『罪と告白』感想ツイートまとめ

※訂正 いくつかの場所で、『第13話』と言おうとして『第12話』と書いています。

追記 灯明としての文学。古臭く揺るがないナラトロジーに、作品自体が帰還してくれるかという甘っちょろい願い。