プレイレポート 17/10/01 TNX『アイスブルーのキス/Fate Spinner/今宵、追憶を消せ』

昨日はカッツェの面々と、NOVAのオリジナルシナリオを遊びました。久々の自作、久々のPL五人。不安満載がんばるぞい。

シナリオタイトル:アイスブルーのキス/Fate Spinner/今宵、追憶を消せ システム:トーキョーNOVA-X RL:コバヤシ

二次元くん:片倉響:17歳女性:コモン◎カタナ●カゲ 魔剣との出会いにより、生来の殺傷本能を覚醒させた少女。魔剣が去った今、日常に埋没しつつ目覚めた修羅をどこに置くべきか、退屈な迷妄の中にいる。
シェンツさん:玖:20代男性:エトランゼ◎●クロガネ、カブトワリ 世界が氷に閉ざされた絶望の未来で、最後の希望として製造されたフルボーグ。超越兵装『ムーンスライサー』を操る、機械の心臓を持つ実直なタフガイ。
田中くん:ラフィオ・"アンジェ"・ラフィイブラ:22歳女性:イヌ◎ニューロ●ミストレス ストリートの犯罪者から、メモリの手助けを経て電脳捜査官に居場所を定めた少女。因果と時空を飛び越える物語に振り回されつつ、かつての自分と同じ泣いている子供を助けるべく、凡人の意地を見せる。
新米くん:"ジギーロス"イルマ=リンドステット:20歳女性:バサラ◎カブト●アヤカシ 聖母殿が誇る防衛兵器であり、聖母の懐刀。ケントブルース旗下のアヤカシとして、献体に腰まで浸かっていたが、聖母の生き様でスタイルを変えた。たおやかな外見と、要塞級の強靭性を誇る。
浅間忍さん:"PW"クリント・ディビス:38歳男性:イヌ◎●チャクラ=チャクラ 北米とニューロエイジのカルマを煮込んだような人生を経て、BHに流れ着いた壮年。娘を奪ったアヤカシへの憎悪を抱えつつ、それに鎖をつける手段も知っている。

というわけで、オルタナティブサイトで追加されたスタイルの内、シキガミとエトランゼにフューチャーしたオリジナルシナリオを遊びました。エトランゼの当事者性を追求した結果、話のスケールがどんどんでかくなり、常人共がやや置いてけぼり感出ていましたが、そのギャップも含めて楽しんでもらえたようです。
NOVAのシナリオ自作するのすごく久々で、細かい部分への『カン』が軒並み錆びついてました。そこら辺ゴシゴシ落としつつの作成になったんですが、実際動かしてみるとギシギシ軋む所が出るわ出るわ。ほんと自作シナリオプレイする度、至らなさに死にたくなる。
RLが至らない部分はPLに甘えるしかねー!!! ってわけで、モチベーションやプレイの楽しさのかなりの部分を、PLに調整してもらう形になりました。どんだけあまえんボーイだお前。しかしPLの皆さん真摯で巧くて、ギクシャクするシナリオを前のめりに制圧してくれました。ありがてぇマジ。

こういう感じになったのは、久々の自作に浮かれて思いついたアイデア軒並み盛り込んだ結果です。やっぱ捨てる目がねーなーホント。実働させてみると結構うまく機能した部分もあって、楽しんでいただけたようで良かった。
新スタイルもそうなんですが、プレイに『なんか新しい』部分があると風通しが良くなって、新鮮な気持ちでゲームを楽しめる。安定性を大事にするのは重要なんですが、それを踏まえた上で『なんか新しい』を入れていきたいです。まぁ新規性と安定性のバランス取りが難しいわけだけども。
自分なりに新スタイルの強みを考えた結果、エトランゼ要素は『時間操作とループ』をシナリオに取り込むことで、シキガミ要素はPC1を『元シキガミ』にすることで出していくことに。PC1がどう考えても『俺の妄想を喰らえ!』という過設定で、受けきってくれた二次元さんには頭が上がりません。
シキガミのキャラ性は式神装備で立つので、それを奪われることで一番スタイルが立つんじゃないかなぁ、というPC1でしたが、こっちの想定を遥かに超えてアツいロールをやっていただき、ありがたい限り。
『未来世界からやってきた救世主』というフワッとした立ち位置を、キャラ造形の渋さとマッシブさで乗りこなしてくれたシェンつさんにも感謝。やっぱ時間操作系シナリオに当事者性持たせるなら、未来人がPCにいたほうが良いと思う。
そんな超人種のうわっついた話に振り回されつつ、各々のスタイルを貫いてくれた他PCも素晴らしかったです。シナリオで用意されている会話だけでなく、キャスト間のロールもアツく盛り上がり、見ていて楽しかったです。みんなかっこよかったなぁ。
そんなわけで色々不出来なシナリオでしたが、セッションはとても楽しいものとなりました。ありがたい限り。良いセッションでした、同卓していただいた方ありがとうございました。