[ワンピース] 第880話“退路0”感想


[週間少年ジャンプ44号](コミックス派の方はネタバレを含みますのでご注意を)


第880話“退路0”の感想を。

今回も目次を付けて、各ブロックごとに感想をまとめる形式で。

第880話感想 目次
・シフォンとローラ、2人は大臣
・WCI31は元々34人?
・サンジは“超”一流
・ルフィの勝機
・海をもホーミーズに出来るマムは規格外過ぎる
・マムの海賊旗が表すもの



[シフォンとローラ、2人は大臣]

第879話でローラが「チョコレート大臣」という事が判明し、立て続けに今回その双子の姉であるシフォンも「ふんわり大臣」だと分かった。

トットランド内の大臣ってのはおそらくマムの子供達がそのポストに就いているんだと思うんだけど、総勢85人もいる子供の中で双子の姉妹が2人ともそのポストに就いてるってのもスゴイね。

大臣に選ばれるには、「①その道のエキスパート」「②悪魔の実の能力がそれに関係している」かのどちらかに当てはまっている必要があるのかな?

①は、元チョコレート大臣のローラや、ふんわり大臣のシフォン。

②は、キャンディ大臣のペロスペローや、生クリーム大臣のオペラが該当するかな?もちろん、能力者であっても①の条件も必要になりそうだけど。

このWCI編が終わるまでにシャーロット家の全ての兄弟姉妹、そして大臣が明らかになることは難しいだろうから、コミックスのSBS等での補完求ム!

シャーロット家の夫&子供達(兄弟・姉妹)まとめ

“万国(トットランド)”の大臣まとめ&残りの大臣予想



[WCI31は元々34人?]

さて、無事にカカオ島ショコラタウンに到着しケーキ作りに取り掛かろうとしているサンジ、プリン、シフォンだけど、それを手伝ってくれる心強いコック達が登場した。その名も、

「WCI31-ホールケーキアイランド31人の料理長-」


31(サーティワン)と聞くと、某アイスクリーム屋が思い浮かぶ…甘いもの繋がりで合わせてきたのかな?とも思ったけど、違う説も頭に浮かんだので書いてみる。

それは、トットランドは「34の島々とWCI」によって構成されている島だから、そっちに合わせて元々34人いて「WCI34」だったんじゃないかな?という説(シュトロイゼンは総料理長だから別ね 笑)。

コック達の中にはミンク族や蛇首族もいたりして、34の方があらゆる種族が集っているトットランドに合ってるかな、と。

では欠けた3人はどこへ?と思って見返したら結婚式の会場で総料理長のシュトロイゼンを庇って、マムの“魂への言葉”で3人のコックの寿命が抜かれて死んじゃってるんだよね。そのコック達の格好は今回出てきた「WCI31」と同じ。

つまり大幹部である「4将星」が欠けて「3将星」になったみたいに、「WCI34」も3人欠けて「WCI31」になったのかな?と。

そんな語られないであろう裏エピソードを考えてみた。笑


[サンジは“超”一流コック]

プリンがカカオ島民にあれこれの説明とコック達の記憶を操作している間に、サンジはラビヤンに包まって隠れつつ、この度作るケーキの設計図(レシピ)を書いていた。

そのレシピはシュトロイゼンと共にケーキを作ったコック達が驚愕する程にそっくりそのまま完璧なモノだった。

しかしサンジとて、実物を見たのは結婚式の会場に入ってからほんの数秒だ。入場してからすぐに登場したウェディングケーキに設置された誓いの祭壇に降り立ったから、その数秒に見た記憶と香りでレシピを再現した!なるほど一流の域を“超”えている。

更にサンジには「秘策」があり、人を絶頂に導く「甘みの真骨頂」をみせるという。

それは「カマバッカ王国」で修行した“攻めの料理”「99のバイタルレシピ」が生かされるんだろう。

サンジの会得した“攻めの料理”「99のバイタルレシピ」はいくつかの系統に分かれてる?

その「甘み」はマムを「幸せの絶頂」に導きノックアウトさせる…?

…とか考えてたら生クリーム大臣だった故オペラのセリフが思い浮かんだ。

それが生クリームの…!!!“甘い”という“力”ファ!!!

甘いクリームがスイートすればやがて体中が焦げ落ちるファ!!!


ふむ…“甘いは力”…か!

甘いもの好きなマムが甘いケーキで倒されるのは皮肉が効いてていいね。