[ワンピース 考察] シャンクスが五老星の前に現れた理由は「戦争の阻止」?


第907話“虚の玉座”のラストにて、聖地マリージョアのパンゲア城「権力の間」にある男が現れた。

その男は、海賊「四皇」“赤髪のシャンクス”

この「権力の間」とは、天竜人の最高位…つまりこの世の最高権力者である「五老星」の居る場所。

一介の海賊が易々と入れる場所ではない。

5421.jpg

シャンクスがこの場所に来ることができる理由は不明だが、五老星に「君だから時間を取った」と言わせるという事は両者の繋がりは以前からあり、海賊であるにも関わらずシャンクスは世界政府側にある種の信用を得ているのだろう。

以前、描写された五老星はシャンクスについてこう話していた。

──だが“赤髪”は

暴れさせればこそ手に追えんが

自分から世界をどうしようという男でもあるまい


そんなシャンクスだからこそ、五老星は繋がりを保持し続けている?

三大勢力で世界の均衡を維持しているように、シャンクスは海賊側においてこの均衡を保つ役割をしているのかもしれない。

さて、前置きが長くなったけど、そんなシャンクスが五老星の前に現れた理由はなんだろう。

今回はこの件について考えてみる。

・ある海賊について

・世界の均衡

・シャンクスの行動



[ある海賊について]

五老星の前に現れたシャンクスはこう言う。

──ある海賊について話が…


その言葉で締めくくられた第907話には、海賊王であるロジャーの前に一時代を築いた「ロックス」と言う存在が明かされた。

それを受けてのラストだとすると、このシャンクスの言う「ある海賊」とは、「ロックス」の事だろうか。

ロックスについて、ガープはこう言っていた。

心配などムダじゃ!!

復活すりゃ脅威じゃが

事件は必ずわしらの想像を超えてゆく


つまり「ロックスの復活」以上の出来事が起こり得ることを示唆している。

そのロックスの脅威について、そして今後起こりうる大事件について、シャンクスは話に来たのかもしれない。