[ワンピース 考察] ミンク族と光月家が待つ「世界の夜明け」とは?


第877話“甘くない”で、ペドロがキャロットにある事を告げた。

それはルフィ達に対しての自身の考え。

おれは思う

ルフィ達こそが数百年間

我ら一族と“光月家”が待ち続けた

世界を“夜明け”へと導く者達だ!


ペドロはVSタマゴ男爵戦の最中にも、

ルフィ達“麦わらの一味”に対して同じ事を言っていた。

“麦わらの一味”は、我が故郷を救ってくれた恩人達

重ねて…いずれ世界を

“夜明け”へと導く者達だとおれは信じる!!!


そしてマムに寿命を取られる時も…

この死は無意味!!

“世界の夜明け”は近い!!

おれは帰らねばならん!!!


ペドロが度々口にする、この「世界の夜明け」とは何を意味しているのか。

今回はこの言葉の意味について考えてみたい。

「世界を“夜明け”へと導く者達」

「“世界の夜明け”は近い」


と言うセリフから、今の世界の現状を「夜」と捉え、

世界が変わる事を「夜明け」と表現しているんだろう。